1週間お休みの愛子さま 「女帝論」がご不安との指摘も

愛子さまが『お疲れ』がたまり運動会を含め8日間も欠席で体調を案じる声も

記事まとめ

  • 愛子さまが学習院女子中等科の運動会を含め8日間も欠席されたと皇室記者が案じている
  • 東宮大夫は会見にて、愛子さまに『お疲れ』がたまったのが理由だと明かした
  • 皇室記者は8日間の欠席は少し長すぎると、体調に重大な不安があるのではと案じている

1週間お休みの愛子さま 「女帝論」がご不安との指摘も

1週間お休みの愛子さま 「女帝論」がご不安との指摘も

愛子さまのご体調やご心労に心配の声も

 早朝からどんよりとした厚い雲が垂れ込めていた10月1日土曜日、学習院女子中等科(東京・新宿区)の運動会が開催された。

 徒競走やリレー、創作ダンスやバスケットに似たドリブル競争といった白熱の競技の連続に、時折雨がぱらつく中でも生徒たちの大きな歓声がこだましていた。ところがこの日、体育祭を心待ちにされていたはずの愛子さまのお姿は、校庭にはなかった──。

「愛子さまが欠席されたのは運動会当日だけではありません。週の頭から丸々1週間学校を休まれました」(学習院関係者)

 さらに翌週月曜の10月3日、翌4日も、他の生徒たちが普段通り校門をくぐっていったにもかかわらず、愛子さまが姿を見せられることはなかった。

「夏休み中のご多忙に加え、2学期が始まってすぐに行われたテストや、運動会に向けた朝夕の練習で『お疲れ』がたまった、というのが欠席の理由だと、東宮大夫は会見で明かしました。愛子さまご自身は、中学校生活最後ということもあり“運動会に出たい”というお気持ちが強かったようですが、医師と相談のうえ欠席を決められました」(皇室記者)

 今夏、愛子さまがお姿を見せる機会は多かった。毎年恒例となっている須崎(静岡)と那須(栃木)でのご静養を除いても、7月21、22日には奈良と京都に足を運ばれ、初代天皇とされる神武天皇が祀られる陵を参拝。8月10、11日には『「山の日」記念全国大会』へのご臨席のため長野を訪問された。宿泊を伴うお出かけ以外にも、7月26日に国立新美術館(東京・港区)の『ルノワール展』や、8月1日に科学技術館(東京・千代田区)で行われた『「水の週間」水を考えるつどい』などにお出ましになった。

「愛子さまは例年に比べて大変活動的でいらっしゃいました。ですが、運動会を含めて8日間も学校を欠席されるのは、疲れがたまっているにしても、少し長すぎるように感じます。ここまで長くお休みにならないといけないというのは、体調に重大な不安があるのではないかと案じてしまいます」(前出・皇室記者)

 一方、皇室ジャーナリストは愛子さまの「前例」を想起させられたという。

「小学校時代のいじめ問題による『同伴登校』、中学校に上がってからの『不規則登校』と、愛子さまと学校の関係には大きな波風が立ったことが2度ありました。欠席が続いていると耳にしたとき、正直“また今回も…”と思ってしまいました」

 現在の皇室を取り巻く環境が、愛子さまへの重圧となったのではないかという指摘もある。

 天皇陛下の「生前退位」報道、さらに「お気持ち」表明は国民的議論を巻き起こしている。皇室典範の改正まで議論を広めるべきだという意見もあり、その延長上でにわかに取り沙汰されているのが「愛子さまを天皇に」という女帝論だ。

「12月で15才を迎えられる愛子さまは、ご自身の『皇族』というお立場を充分理解されています。これまで内親王として育ってきた愛子さまは、将来結婚されれば皇籍を離脱され一般人となるのが生まれたときからのいわば“決まり事”でした。それが、もしかしたら天皇という重要な役割を担う可能性があるのです。『一般女性』になるのか『天皇』になるのか…、将来の不透明さに大きな不安を感じられ体調を崩されたと考えても、決しておかしくはないと思います」(前出・皇室ジャーナリスト)

撮影■雑誌協会代表取材

※女性セブン2016年10月20日号

関連記事(外部サイト)