終末期の患者との対話 反復と沈黙を繰り返し信頼関係築く

「究極の苦しみ」の中にいるのが、終末期を迎えた患者さんだ。そして、「終末期を迎えた患者さんのお話にじっくりと耳を傾けること。それが『苦しみの中でも穏やかにすごす大切な秘訣』を学ぶ第一歩である」と話すのは、これまで2800人以上の患者さんを看取ってきたホスピス医の小澤竹俊さんだ。

 終末期の患者さんと向き合う中で、「苦しんでいる人は、自分の苦しみをわかってくれる人がいると、とても嬉しい」と実感したという小澤さんが、「患者さんの話を聴く」ということの意味を語る。

 * * *
 ここで、あるホスピス病棟の患者さんと、3人の看護師のやり取りを例にあげ、「丁寧に話を聴く」とはどういうことなのか、考えてみましょう。

 患者さんは、余命3か月の宣告を受けた、40代後半の女性。その彼女が、「昨夜、眠れなかったんです」と訴えました。

 それに対し、1人目の看護師は「だって昨日の昼間、ずっと寝ていたじゃないですか」と答えました。残念ながら患者さんは、この看護師には心を開くことができません。

 2人目の看護師は「じゃ、今晩は睡眠薬の量を増やしましょう」と答えました。そうお声がけする気持ちはわかるのですが、この言葉も、患者さんの心には響きません。

 ところが3人目の看護師は、「そうですか、昨夜、眠れなかったんですね」と患者さんの言葉を反復すると、足を止め、正面から患者さんと向き合いました。患者さんの言葉に潜む苦しみをキャッチしたからです。患者さんは「そうなんですよ」とつぶやき、軽くうなずきました。

 苦しみをキャッチしたら、言葉を反復し、正対する。それこそが、単なる「話し相手」ではなく「理解者」になるための、聴き方の基本です。そして、苦しみを抱えた人が「この人は自分の苦しみをわかってくれた」と感じたときに初めて発するのが「そうなんですよ」という言葉であり、とても重要なキーワードだといえます。

 さて、患者さんと3人目の看護師のやりとりの続きをみてみましょう。

 看護師は、患者さんの目を見て、黙りました。励ましの言葉をかけたいところですが、しばしの沈黙を大切にすることも、苦しみを抱えた人にとっての「理解者」になるためには大事なのです。

 やがて患者さんは口を開きました。

「昨夜は隣の人がうるさかったんです」
「隣の人がうるさかったんですね」

 看護師は患者さんの言葉を反復してうなずき、目を見て再び黙ります。さらなる沈黙のあと、患者さんはこう言いました。

「…実は、家で待っている主人や子供のことが心配で、昨夜は眠れなくなりました」

 これこそが、患者さんが本当に聴いてほしかった気持ちです。しばしの沈黙が、秘めていた相手の思いを引き出しました。

 反復と沈黙を繰り返しつつ、「そうなんですよ」という「気持ちが伝わった信号」をキャッチし、うなずきながら相手の話を聴く。そうすることで初めて、会話の内容が深まり、信頼関係が少しずつできあがっていきます。

 もしみなさんが、人とのコミュニケーションに悩んでいるなら、ぜひこうした聴き方を実践してみてください。そうすることで、きっと相手から「この人は、自分のことをわかってくれる」と感じてもらえるようになるはずです。

「苦しんでいる人は、自分の苦しみをわかってくれる人がいると嬉しい」というのは、人生の最後が近づき、究極の苦しさの中にいる人だけでなく、万人が抱いている感情だといえます。わかってもらいたい気持ちを、うなずきながら反復してくれる。自分を肯定してくれる相手に、人は必ず心を開きます。人生最後の時が近づいたかたがたと向かい合える人は、日常の中での悩みや苦しみにも対応できるはず──私はそう思います。

※女性セブン2016年10月20日号

関連記事(外部サイト)