パフェの疑問 正しい食べ方、サンデーとの違いなどを解説

パフェの疑問 正しい食べ方、サンデーとの違いなどを解説

コーヒーゼリーサンデー 572円/ロイヤルホスト

 近頃のパフェは進化している。コスパの良さの代表格、ファミレスやコンビニのパフェはさらにパワーアップ! パフェについて実は知らなかった疑問を、パフェ評論家・斧屋さんが答えてくれた。名作&秋の新作もあわせて紹介しよう。

Q:パフェとサンデーどう違うの?

A:器の形で区別している場合が

「背の高いグラスに盛り付けたのがパフェ、背が低く広めの口のグラスがサンデーとされることが多いのですが、明確な定義はないのでお店によって解釈はさまざま。パフェは、フランス語の“パルフェ”からきています。本場は平皿にアイスなどが盛られたデザートで、明治時代の文献にも登場します。日本ではフルーツパーラーができた大正時代以降に背の高い“パフェ”が誕生し、全国区に」(斧屋さん、以下「」内同)

【コーヒーゼリーサンデー 572円/ロイヤルホスト】

 甘じょっぱさがクセになるコーヒーゼリーサンデーは、塩キャラメルアイスと店で仕込むコーヒーゼリーをメインに、少しずつアレンジを加えて8年目のヒットメニュー。

 初登場は2009年。まだブレイク前だった塩キャラメルが海外で話題と知り、「和菓子で甘じょっぱさに親しんできた日本でも喜ばれるはず!」と、いち早くメニュー化。

Q:パフェが広まったのはいつから?

A:昭和40年代には庶民にも

「大正時代には『資生堂パーラー』などが流行ったものの、高級な果物やアイスは庶民には手の届かないものでした。東京オリンピック後の昭和40年頃には、街の喫茶店でも定番メニューになっていったと考えられます」

Q:旬のフルーツパフェをリーズナブルに食べるには?

A:ファミレスの季節メニューが狙い目!

「最近のファミレスパフェは、フレッシュな果物を使っているのはもちろん、トッピングもひとひねり効かせていて盛り付けも豪華です。パフェが人気のファミレスは多いので、競争意識が高く、クオリティが毎年上がっています」

【いちじくのパフェ(※) 950円/ロイヤルホスト】

 さっぱりとしたいちじくをマスカルポーネチーズのアイスやはちみつなど、濃厚な素材と組み合わせて新しい味に。

 旬の果物や広く一般には出回らない果物を主役に、約1年前から開発。いちじくは甘みが控えめなので、素材の良さを引き立てるのに苦労したとか。濃厚な食材やぶどうゼリーなどと合わせて味にメリハリをつけ、いちじくのフレッシュ感を残すことに成功した。

Q:パフェの正しい食べ方は?

A:作り手にこだわりがある場合も

「上から順に食べるか、底まで一気にスプーンを入れてすくい上げるか、ある程度食べてから軽く混ぜるか…は基本的に自由です。でも、お店によっては食べ方の提案がある場合も。今年は『ガスト』から、器も食べ方も進化したパフェが登場!」

【ストーンアイスパフェ(チーズケーキ・いちご)538円/ガスト】

 キンキンに冷えた石の器に盛られたバニラアイスやストロベリーソース、チーズケーキなどを混ぜる新感覚パフェ。

 混ぜる→食べるを繰り返しながら自分好みに調整できるのが、最大のポイント。従来のパフェと違い、底にある食材をいちばん先に食べることもできる。また、冷たさをキープできる器を使うことで、混ぜても溶けにくく、最後までおいしく食べられる。

(※)のパフェは一部店舗で価格が異なります。

※女性セブン2016年10月20日号

関連記事(外部サイト)