許永中氏が身を震わせて怒った「堤清二の裏切り」

許永中氏が身を震わせて怒った「堤清二の裏切り」

戦後最大のフィクサーによって明かされる真実とは

 許永中氏といえば、大阪生まれの在日韓国人にして、バブル経済の真っ只中の日本で、「戦後最大のフィクサー」とも「闇社会の帝王」とも呼ばれた人物である。戦後最大の経済事件と言われたイトマン事件やその後の石橋産業事件によって逮捕され、2年に及ぶ逃亡生活などを経て、日本そして韓国で服役した。出所後は表だってメディアに登場することもなく、韓国でビジネスを手がけてきた。

 その許永中氏が9月から10月にかけて相次いでテレビに出演をした。『ゴゴスマ』(TBS系)での単独インタビューを放送したのを皮切りに、『深層NEWS』(BS日テレ)、そして『ミント!』(毎日放送)でもインタビューが放送された。

 テレビで許氏は、バブル時代や「3000億円が闇に消えた」といわれるイトマン事件などについて口を開いた。

 バブルの時代からすでに30年近くが経ち、もはやいまの日本には、狂乱の好景気を生み出す活力はない。あの時代とはいったい何だったのか、またイトマン事件の真相はどこにあるか、当事者であった許氏から聞いてみたくなるのはもちろんのことである。

 だが、これらテレビでのインタビュー以上に、許氏の激しい人生が生々しく綴られたのが、このほど出版された自叙伝『海峡に立つ 泥と血の我が半生』(小学館)だ。

 私は同じく大阪の在日韓国人だった柳川次郎について取材するため、2018年の平昌五輪の最中にソウルで会ったのが、許永中氏との関わりの最初である。当時から自叙伝を執筆中であることは聞いていた。

 この自叙伝の読みどころは、テレビ番組では語り尽くせなかった、表の政財界から裏社会の重鎮たちとの幾多のエピソードである。

 竹下登、渡辺美智雄、新井将敬ら政治家から、日美の創業者・大谷貴義や古都・京都で暗躍した山段芳春、さらには元産経新聞記者で銀座に画廊を構えた福本邦雄ら、名だたるフィクサーたちが続々登場するかと思えば、在日ヤクザの代表格である「殺しの柳川」こと柳川次郎、兄と慕った生島久次、会津小鉄会の高山登久太郎らも描かれる。

 柳川次郎について書籍『殺しの柳川』(小学館)でまとめた私にとっては、許永中氏がどんな関わりを持っていたのか興味があった。

「あの人はね、私ら大阪の在日にとってエースいうんかな。一緒に北新地で飲んでるいうだけで、えらい誇りに思ったもんですわ」

 私の取材にそう語り、戦後混乱期の大阪の在日社会で、その強烈な暴力性によって畏怖された柳川への敬慕の念を隠そうともしない。

 同胞の先輩をそう慕う一方で、自叙伝では表の政財界の紳士たちの身勝手ぶりを容赦なく暴く。そのひとつが、西武百貨店を経営するセゾングループの会長だった堤清二から受けた仕打ちだ。

 フィクサーとして知られた福本邦雄の紹介で知り合った西武百貨店の社長から、京都銀行の大株主になりたいという堤の願望を聞かされた許永中氏は、京都の山段芳春らと相談しながら、京都銀行側の同意を取りつけ、堤が株を買い取るとの話をまとめた。

 事件が起こったのは、現金の受け渡しの日である。福本が言うに、堤がこの取引をなかったことにしようと言ってきたという。一方的な話に烈火のごとく怒る許永中氏に、福本は堤の掌返しの真相をこう明かした。

〈私のただならぬ気配に、隠しようがないと思ったのか、福本さんは苦々しい表情を浮かべながら、観念したように口を開いた。

「本当に貴方には言いにくいことなんだが、原因は貴方なんだ」

「私ですか?」

「いや、貴方そのものがということじゃないんだが、貴方のことなんだ」

 悲嘆と怒りに震えるなかで、どこか既視感もあった。東京へ出てきて以降、一度ならずこのような感情を覚えたものだ。要所要所で、私の出自やこれまでの生き方が壁となって立ちはだかる〉(『海峡に立つ』より。以下〈〉内同じ)

 在日韓国人という出自と、無茶であったとはいえ、それまで駆け抜けてきた生き様を、温室育ちの堤家の御曹司に否定された悲しみと怒り。その悔しさを叩きつけるように綴る。

 許永中氏の広い人脈は、韓国にもおよぶ。名門財閥の大宇グループの総帥だった金宇中氏とは、合弁会社を立ち上げるなど、かわいがってもらった。

 大統領にもなった政治家の金泳三氏とも関わりを持った。野党政治家時代に、東京を訪れた金泳三のために車を出してほしいとの依頼を受けて二つ返事で応じたところ、情報機関の国家安全企画部から「なぜ車を出したんだ」と圧力をかけられ、「祖国の立派な政治家が来られるのに、車も出さんわけにいかんやろうが!」と追い返したこともあったという。

 さらには金泳三の元愛人の金銭トラブルを解決してあげたことも。こうした縁のためか、金泳三政権時代には大統領直属の諮問委員会のメンバーとなったこともあると綴っている。

 そして自叙伝の底を流れるのは、生まれ育った大阪という街への強い愛着だ。この街で多くの在日が泥田を這うように辛酸を嘗めながらも、たくましく生きてきた。

「大阪は在日の首都や」

 許永中氏から私はたびたびそう聞かされた。在日にとって首都は、ソウルでも東京でも、ましてや平壌でもないというのだ。

〈在日と韓国人は同じ朝鮮民族だが、どこかちがう。私たちは日本の水を飲んで育ったのだ。(中略)私の身体にも生まれ育った大阪中津のそばを流れる淀川の水がDNAに入っているのだろう。生まれてから吸った空気が大阪の空気なら、粉ミルクを混ぜて飲んだ水も大阪の水だ〉

 許永中氏が大阪の街でやろうとしたことは今となっては跡形もない。いったい何をした人なのだろうか。幾度も話を聞いた私ですら、いまだに説明ができない。

 特異な人脈と強烈な個性の持ち主で、戦後からバブルの時代を駆け抜けた人物の自叙伝から感じ取れることはたくさんあるはずだ。

◆文/ジャーナリスト・竹中明洋

関連記事(外部サイト)