日本の女性はなぜ「女性天皇を認めろデモ」をしないのか

日本の女性はなぜ「女性天皇を認めろデモ」をしないのか

10月22日に挙行された「即位礼正殿の儀」(AVALON/時事通信フォト)

 秋篠宮家に悠仁親王が誕生して以降、女性宮家の創設や女性天皇など、安定的な皇位継承のための議論はすっかり影を潜めている。アメリカにおける近現代天皇制研究の第一人者で、『天皇論「日米激突」』(小林よしのり氏との共著。小学館新書)や『国民の天皇』(岩波現代文庫)などの著書がある米ポートランド州立大学教授のケネス・ルオフ氏は、このままでは皇位の継承は難しくなるのではないかと語る。

 * * *
──日本の右派は、男系継承が皇室の伝統で、女性天皇や女系天皇は認めないと主張しています。

ルオフ:今の皇室がすべての伝統を守ろうとしていたら、側室制度も維持したはずです。しかし、今の時代にそぐわないから側室という伝統は捨てたのです。人間は社会ができたときから、どういう伝統を残すか、捨てるか、取捨選択しながら生きてきました。熟考したうえで、今の時代に合わない伝統は捨てればいいし、それに意味があるのなら残せばいい。

 先日、世界の王室の継承に関する法律を調べたのですが、小国を除いた王室のある国で男系男子継承を採用している国は、サウジアラビアなど数か国しかありませんでした。サウジアラビアの国王は男性しかなれませんが、一夫多妻が認められているので、王位継承権をもつ王子が非常に大勢います。しかし、日本では一夫多妻は認められていませんね。

 スペインやブータンの王室は今でも男性優先ですが、後継者がいない場合は女性でも国王(女王)になれます。英国は、昔は男性優先で男性の継承者がいない場合に女性が女王になる制度で、エリザベス二世女王もそれで女王になったのですが、今は初めて生まれた子供が国王になる制度に改めています。

 男女平等がグローバル基準になっていくなかで、日本とサウジアラビアなどだけが男系男子にこだわっていますが、それでいいのでしょうか。

──海外では、王室でも男女平等が進んでいるということですか。

ルオフ:そうです。日本の右派の人々は、皇室の男系継承と男女平等は、まったく別の概念だと言いますが、私にはその論理がまったく理解できません。女性が天皇になれないというのは、ただの男尊女卑であって、女性を“子宮扱い”していると批判されても仕方がない。

 私が残念に思うのは、日本のフェミニストが、「女性天皇を認めろ」という主張をしないことです。もし女性が日本国民の象徴としての役割を果たせるようになれば、日本の女性の地位向上に大きく貢献すると思います。ですから、日本の女性は国会前で「女性天皇を認めろデモ」をしてもいいと思うのですが、見たことはありません。

 右派の人々は、「万世一系とされる皇統は一貫して男系による継承である」と主張していますが、日本の歴史学者のほとんどが「万世一系は神話だ」と言います。実際には断絶が起きている可能性が高いのです。もし、万世一系がフィクションであるとしたら、男系にこだわらなければならない理由はありません。

 伝統というものは変わっていくものです。占領軍が日本の憲法を改正させたときに、天皇の統帥権を廃止しましたが、保守系の人々は「統帥権の廃止なんてとんでもない」「明治憲法に戻さないと大変なことになる」と言い続けていました。しかし、20年ほど経つと、徐々に新しい考え方が出てきました。「天皇が統帥権を持つという明治時代の天皇の在り方は、むしろ天皇の本質からずれていた。長い歴史を遡れば、日本の象徴であるということが天皇の本質であり、象徴天皇制こそが日本の伝統だ」という考え方が出てきた。伝統の定義を変えたわけです。

 右派の人たちだけが伝統を定義する権利を持っているわけではありません。日本人には時代に合わないものを捨てたり、新しいものを入れたりして、伝統を変えていく権利があるのです。女性天皇や女系天皇についても、同じだと思います。

【プロフィール】ケネス・ルオフ Kenneth J. Ruoff/1966年米国生まれ。ハーバード大学卒。コロンビア大学で博士号取得。米国における近現代天皇制研究の第一人者。現在、米オレゴン州のポートランド州立大学教授、同日本研究センター所長。『国民の天皇』(岩波現代文庫)で大佛次郎論壇賞受賞。近著に、『天皇と日本人』(朝日新書)、『Japan’s Imperial House in the Postwar Era, 1945-2019』(ハーバード大学出版局) 、『天皇論「日米激突」』(小林よしのり氏との共著、小学館新書)がる。

関連記事(外部サイト)