西武の堤清二氏が見た父「ピストル堤」の飽くなき執着

西武の堤清二氏が見た父「ピストル堤」の飽くなき執着

堤康次郎氏は「ピストル堤」と恐れられた(写真/共同通信社)

 日本の高度経済成長を牽引した「昭和の名経営者」と言えば、松下幸之助、本田宗一郎、小倉昌男などが思い浮かぶ。一方、彼らと肩を並べるほどの成功を収めながら、毀誉褒貶相半ばする人たちがいる。堤康次郎氏もその1人だ。児玉博氏(ジャーナリスト)がレポートする。

 * * *
 西武百貨店、パルコ、無印良品など、芸術文化をとけ込ませた特異な「セゾングループ」を築き上げた堤清二。その鬼気迫る事業欲、拡大意欲は、一代にしてホテル、鉄道などを抱えた「西武グループ」を作り上げ、“ピストル堤”と恐れられた父・康次郎への対抗心に他ならなかった。

 清二と父・康次郎とは、西武グループを継いだ異母弟の義明を間にはさみ、抜き差しならぬ関係だった。

 だが、辻井喬の名で作家としても活動していた堤清二は晩年、父との怨讐を乗り越えるように『父の肖像』を描く。その足跡を丹念に辿った清二は、実業家としての堤康次郎に出会う。

 康次郎に成功のきっかけをもたらしたのは軽井沢のリゾート開発だった。旧沓掛村(現在の中軽井沢周辺)に康次郎が姿を見せたのは1915年頃。康次郎26歳の時だった。

「なぜ軽井沢だったのでしょうか? なぜリゾート開発だったのでしょうか?」

 堤清二との長いインタビュー(『堤清二 罪と業 最後の「告白」』)の最中、こんな質問をすると清二はさも可笑しそうに答えたものだった。

「それはね、父はこんないい方をしていましたよ『人と同じことをやっていては成功しない』って」

 

 早稲田大学在学中から実業に手を染めていた康次郎のそれは、息子・清二が言うように、事業に手を出すもののことごとくが失敗だった。船成金を真似た造船業、真珠王・御木本幸吉を真似た真珠の養殖……いずれも手痛い目に遭う。

 だが、康次郎は諦めなかった。飛躍のきっかけをくれたのは早稲田大学創設者にして、政治家の大隈重信だった。大隈に私淑していた堤は大隈が係っていた雑誌「新日本」の経営を任される。結果的に経営は上手く行かなかったものの、その雑誌で取り上げられていた欧米のニューヨーク、ロンドンなどで起きていた新潮流に注目する。それは住宅地が大都市圏から郊外に移っている状況や、避暑地の開発がブームとなっている様子などだった。

 時あたかも大正デモクラシーが生まれ、日本にも小金を持った中産階級が誕生していた。康次郎が目を付けたのは、こうした時代が産み落とした中産階級向けの別荘開発。当時としてはまったく新しいビジネスモデルだった。

「失敗の果てにたどり着いた不動産が、結果として康次郎さんにとっての金鉱脈だった。彼を突き動かす衝動があったんでしょうね。その衝動というか、情念というか……」(清二)

 戦後、康次郎の名をさらに知らしめたのは、皇籍剥奪など経済的に困窮していた旧皇族の屋敷を買い取っては次々と“プリンス”の名前を冠したホテルを全国に展開していったことだった。

「皇室など高貴なものへの徹底したコンプレックスと飽くなき不動産への執着が生んだのが“プリンスホテル”だった」

 清二は臆面もなく自らのホテルに“プリンス”と名付ける父の真意をこう解説し、そのホテルを「安手の宴会ホテル」と切り捨てたものだった。が、そうして作り上げた資産は、継承者の異母弟・義明を一時は世界一の金持ちにし、いずれ兄弟揃っての失墜を呼んだ。

 西武グループから堤家が追放された今も残る「プリンスホテル」。それは成功を夢見て駆けずり回ったベンチャー起業家、堤康次郎とその一族の残滓に他ならない。

※週刊ポスト2019年11月8・15日号

関連記事(外部サイト)