SNSで「成功」そそのかす詐欺 中年男性の被害少なくない

SNSで「成功」そそのかす詐欺 中年男性の被害少なくない

SNSでの豪遊に魅せられ詐欺被害に

「ネオヒルズ族」を覚えているだろうか? 2000年代に六本木ヒルズに拠点を置いて活躍したITベンチャーや投資関係者たちを「ヒルズ族」と呼んだが、彼らが六本木から離れた後に「ネオヒルズ族」と名乗った人たちだ。派手な生活をみずから喧伝していた彼らは、今でもビジネスを続けている。ネオヒルズ族のビジネスによる被害に遭い訴訟を準備中だという男性の告白を、ライターの森鷹久氏がリポートする。

 * * *
「着きました★どこにいますか?」

 東京・渋谷の明治通りに面した喫茶店。ある男性を待つ私の携帯に、ショートメールが届いた。慌てて入り口付近を覗いてみるが、汗だくのサラリーマンや厚化粧と派手なフリル服でキメた中年女性のグループ、紙袋を下げくたびれたキャップ姿の男がうろついているだけで、ホームページの写真と同じ“被害者”らしき人影は見当たらない。

 店員に一声かけ入り口を出ると、キャップ姿の男がこちらを向きニコリと笑顔を作った。勝又陽二・45歳(仮名)。ダーク系のスーツに黒いワイシャツ、赤いサテン地のネクタイで自信に満ちた、ネット上での彼の面影は微塵も無く、平凡な中年男性の姿がそこにはあった。

 あらゆる意味で、勝又の人生が変わったのは2年前の事。いわゆる「ネオヒルズ族」と呼ばれる人々がバラエティ番組やワイドショーに登場し始めた時だった。

 六本木ヒルズ・レジデンスに住み、足はフェラーリやベントレーといった超高級車。ウブロ、パテックフィリップなどの最高級腕時計を何本も所有し、モデルのような女性を連れて、毎晩のように遊び回る…。彼らが、自身のホームページやSNS上にアップする華々しい日々の様子を見て、かつての勝又は嘆息を漏らすだけだった。

「彼らの姿はまさに成功者。カネなしコネなし学歴なし、ないない尽くしの僕とは天と地の差があると思いましたよ」

 ネオヒルズ族は、アフィリエイト広告での収益を得る為に、自身のSNSやブログを使ってありとあらゆる手段で人を呼び込もうとする。某ネオヒルズ族と近しい関係にあったアパレル会社経営のX氏は、その実態を“虚業そのもの”だと指摘する。

「私が知っているヒルズ族の男の場合、愛車と吹聴していたベンツSクラスはレンタカー。家も事務所も六本木ヒルズでしたが、実際は知り合いの社長宅の一室を借りていて、11階にあるレンタルオフィスでした。パネライの時計は香港製のパチモン。靴もスーツも偽ブランド物。実情は池袋のキャバクラ嬢のヒモ。オンナの家で、せっせとウソっぱちの日常をSNSにアップし続けていました」

 しかし、この偽りの姿は派手であればあるほど良いのだという。インチキ臭いと呆れる一般的な感覚を持つ人々も入れば、なぜか信じてしまう人達だっている。テレビや雑誌が「イロモノ」である彼らを取り上げた事もあるだろうが、前出の勝又も信じた一人であった。

 茨城県出身の勝又は、中堅高校を卒業後に千葉県にある工業系大学に進学。就職氷河期の中、地元の工場に何とか採用されて、20年以上勤務している。手取りは25万円前後で、ボーナスは不景気の煽りを受けて出たり出なかったりだが、兼業農家を営む実家で暮らす身。金銭的な不安はない。しかし、彼には不満があった。

「僕の人生、派手なところが一つもありません。大学時代は彼女がいた事もありましたが、実家に戻ってからというもの、出会いなんて一切無い。たまに出会い系サイトを使って女性と会ったりした事もありましたが、女性は当然援助交際目的。ダメだとは思いつつも、結局お金を支払っちゃうんですが…(笑)」

 勤務を終えると、コンビニで発泡酒とスナック菓子を買い、自室のパソコンの前で動画サイトを見ながら深夜一時頃まで過ごし、最後はアダルトサイトを見て寝る。休日は、ドライブと称して古本屋やホームセンターをふらつく。家族連れで賑わう回転寿司屋のカウンターで、ノンアルコールビールを片手に寿司をつまむのも、休みの日ならではのささやかな楽しみだ。勝又は言う。

「不足は無いけど、満ちても無い。そんな20年」

 そんな勝又の前に、ネットを通じて飛び込んで来た「ネオヒルズ族」の彼らの日常には、カネもオンナも、そして名誉まである……ように見えた。勝又は、自身が感じる“満ち足りない部分”をネオヒルズ族のライフスタイルにすっかり見出してしまったのである。

「ネオヒルズ族の重鎮・宮本さん(仮名)のSNSの投稿にイイネを押したりコメントを書いていると、宮本さんの弟子を自称するAから友達申請が来ました。すぐにダイレクトメッセージが来て、Aを含む宮本さんの弟子達数人と会って“ビジネス”の話が聞ける事になったんです」

 仕事を早めに切り上げ、一張羅のスーツを羽織ると、結婚式でしか使った事の無い絹のハンカチをポケットに忍ばせて、待ち合わせ場所である東京・新宿のとある場所へ向かった。勝又いわく「Aが住む超高級マンション」というその場所、実は芸能人や水商売系の人が多く住む事で知られる高級賃貸マンションだ。

 筆者は、別件の取材でその場所が詐欺の現場としてよく使われている事を知っていた。部外者でも入れるマンションロビーには、コンシェルジュのカウンターがあり、いかにも高そうなデザイナーソファなどが並ぶ。成功者を演出するには便利な場所なのだ。

「Aと他に二人。三人ともぴっちりとしたスーツにピカピカの革靴で、まさに憧れのネオヒルズ族でした。こんな場所僕なんかがいて…と恐縮しまくりでした」

 さて、勝又はそこで三人とどのような“ビジネス”の話をしたのか。

「宮本さんが作ったスキーム(事業計画)がベースです。ソーシャルサイトを使って、ライフスタイルを変えていく。ブログやSNSが出来るパソコンさえ持っていれば、初期投資はゼロ。そのお手伝いを、Aや他の二人がやってくれるというので、これは凄いチャンスだと思いました」

 勝又は様々な単語を使って“ビジネス”とやらの説明を私にしてくれるが、イマイチ要領を得ていない。筆者の調べによれば、彼らがいう“ビジネス”は単なるアフィリエイト広告で稼ぎを出す、という単純なものである。アフィリエイト広告とは、ウェブサイト上に出てくる画像や文字などの「バナー広告」を使って利益を出す手法で、表示されるだけでウェブサイト管理者に利益がもたらされる事があれば、ユーザーにクリックをさせなければ1円にもならないものなど、形態は多種に及ぶ。いわゆる「まとめサイト」と呼ばれるコンテンツも、この「アフィリエイト広告」によって収益を得ている。

「Aは“次世代育成パック”という30万円のセミナーを受けてみないかと提案して来ました。ブログなどSNSの書き方の指導があり、Aらのアカウントで僕の事を計5回紹介してくれるという内容です」

 勝又は躊躇した。夢への第一歩だといえ、安くはないし、いくら指導を受けた所で、またAらの仲間をアピールした所で、成功するとは思えない。そんな勝又の思いを見透かしたように、Aは更に畳み掛けてくる。

「30万円は決して安くないし、リスクもある。それなら、もう少しだけ頑張って“リスクの無い”方法を選択するのはどうか、と。」

 Aが勝又に提案したのは総額100万円超の「育成コンプリートパック」と呼ばれるプランで、写真撮影から「ランディングページ」といわれる情報商材販売用の宣伝ページの作成、有料セミナーにおいて登壇者として参加出来る権利など、Aいわく「失敗する事があり得ない」という内容だった。

 すでに契約書を持参していたAが印鑑を押すよう迫るが、勝又には100万円超を支払える余裕は無い。するとAは携帯を取り出し、次の打ち合わせをするという人物と会話を始めた。「予定が押して…」「残り枠が…」「スタジオの日程は…」「収録が…」「ブレックファストミーティングで…」意味ありげなAの電話が、勝又に焦りを覚えさせる。

「このチャンスを逃せば二度と無い、と勝手に思ってしまい…。貯金の50万円と、サラ金で借りた80万、合計130万円現ナマを持って再びAの元に向かいました」

 それから一週間後。

 勝又のフェイスブック、ツイッター、アメーバブログがAの仲間や関連会社によって作成された。ブラック系のスーツ一式で身を固めた勝又の写真は、貸衣装付のスタジオで撮影されたものだという。さて、これで準備は整った…と思われたが。

「二、三度、AのSNSで僕の事を「次の成功者」みたいな感じで紹介してくれましたが、フォロワーも読者も一向に増えませんでした。アドバイスを請うも忙しいの一点張りで、今は電話にも出てくれない。その時、初めて騙されたと気が付きました」

 同じようにして“騙された”数人とSNSを通じて知り合った勝又。現在は返金してもらえるよう訴訟準備中だと息巻くが、その前途が暗いように思えたのは、勝又が後日筆者に寄越した、このメールのせいではないだろうか。

「森さま★先日はどぅもありがとうございます(^^)Aはとんでもない詐欺師ですが、Bさんというネットに詳しい方が協力してくれて、一緒に新たなスキームを考案中です(^^)。添付のPDF資料を見てもらえれば、このビジネスがいかに…」

 SNSをきっかけとした詐欺の被害に遭うのは、ネットを使い慣れた若者が多いとも報じられている。しかし、そんな世間の印象とは裏腹に、実際の被害者は勝又氏のような中年男性少なくないのである。そして、一度被害に遭った人物が、それを取り戻そうと似たような投資に乗り出すのも特徴のひとつだ。どうやったら被害の連鎖は止まるのか、その答えは今も見つけられない。

関連記事(外部サイト)