長期欠席の愛子さま 将来への夢への葛藤が理由との声も

長期欠席の愛子さま 将来への夢への葛藤が理由との声も

心配の声があがる長期欠席中の愛子さま

 愛子さまの欠席は、3週目に突入した。だが、病院で検査を受けられても「特段の問題はなし」。体調面だけでなく精神面でも不安を囁く声が増えている。実は、長期欠席の前日、愛子さまは「お忍び」で、ある場所に足を運ばれていた。

「小学校時代のいじめ問題、中学校に入ってからの不規則登校の時でも、2週間以上も続けて学校を休まれたことは一度もありませんでした。宮内庁側は大きな心配はないと喧伝していますが、これは尋常ならざる事態が起きていると考えざるをえません」(皇室記者)

 9月26日から2週間以上、愛子さまは学習院女子中等科を欠席された。10月6日には、雅子さまに連れられて宮内庁病院で検査を受けられた。

「7日の小田野東宮大夫の記者会見では愛子さまについて矢継ぎ早に質問が飛びました。最近見るからにおやせになった愛子さまの健康面に何か重大な懸念があるのか、学校生活への不安や、何かしらお心に大きな負担を抱えられているのではないか。それでも大夫の説明は、ふらつきや胃腸の弱まりといった症状はあるものの、“特段の問題はなし”。原因は夏休みの宿題の提出や運動会の練習による『お疲れ』の一辺倒でした」(前出・皇室記者)

 本稿締切日の10月11日にも、愛子さまが姿を見せられることはなかった。お休みは、3週目に入った。

 それにしても、同級生たちはいつも通りに登校しているし、中学生が「疲労」を理由にして2週間以上学校を休むとは普通は考えられないことだ。長期欠席に入られる直前、愛子さまの周辺で何か重大な事態が起きていたのではないか──宮内庁関係者が明かす。

「実は、お休みに入られる前日の9月25日、愛子さまは皇太子さまと雅子さまとご一緒にお忍びの行動をされていたんです。お出かけされた先は、ホテルニューオータニ(東京・千代田区)でした」

 その日、同ホテルで開かれていたのは『日本臨床獣医学フォーラム』(23~25日)だ。フォーラムには全国から「獣医師」や「動物看護師」ら約6500人が集まって、動物を対象にした医療や、アニマルセラピーなど人間が対象の医療活動について活発に意見が交わされた。

「愛子さまは居合わせた人に小さく手を振ったり、丁寧にお辞儀をしていらっしゃいました。終始笑顔で、お疲れの様子や顔色がすぐれないということはなかったように思うのですが…」(フォーラム関係者)

 皇太子ご夫妻は毎年このフォーラムに行かれ、動物医療に携わる人の話を聞かれたり、会場にいる動物たちと実際に触れ合われてきた。

「ご一家と親交のある獣医師が主催者に名を連ねているので、私的なお出かけとして足を運ばれてきました。ご一家で飼われている『由莉』というメスの柴犬のミックス犬も、この獣医師を通じて譲り受けられました。それ以前に飼われていた『ピッピ』と『まり』の健康診断を担当していたのもこの獣医師。東宮御所を訪れることも多くあり、雅子さまとの交流も大変深いそうです。愛子さまは今回が初めての参加でした。各展示をご覧になり、『熊本地震と動物救護活動の報告』という講演に熱心に耳を傾けられていました」(前出・フォーラム関係者)

 だが、お元気な姿を見せられていたはずの愛子さまは、この翌日から長期欠席に入られてしまう。皇室ジャーナリストは、次のように指摘する。

「獣医師の仕事を間近に見聞きされた愛子さまが、ご自身を取り巻く『皇族』としての状況を考え、少なからず影響があったのではないでしょうか。雅子さまもそんな愛子さまの胸中をお察しになっているのでしょう」

 今から2年前、中学1年生の愛子さまは《私は看護師の愛子》という書き出しで始まる短編小説を書かれたことがあった。

 とある診療所で働く愛子は、ある日、片足をけがした1羽のカモメを手当てする。翌日には元気に飛び立っていったカモメ。するとその後、けがをした海の生き物たちが次々と訪れるようになり、愛子の診療所は生き物たちにたくさんの勇気と希望を与えていく──。

「学習院女子中等科・高等科の生徒に昨秋配布された『生徒作品集』に綴られたものでした。もちろん架空の物語です。ですが、愛子さまが動物を相手に奮闘される姿を描いたような内容に、将来、獣医師になることを夢見ていらっしゃるようにも感じました」(学習院関係者)

 中高一貫教育の学習院女子中等科では、中3の2学期に進学の意思確認が行われる。まさに今の愛子さまがその時期にあたる。

「ほとんどの生徒は他校を受験することなく、そのまま進学しますが、より専門的な分野の勉強を希望する場合には、別の高校を受験する生徒もいます。この時期には将来の夢や目指す職業が生徒同士の間で話題にのぼることも多いんです。愛子さまも、ご自身の将来の職業、そこに至るプロセスに思いを馳せることもあったのではないでしょうか」(前出・学習院関係者)

 ただ、「皇族のための学校」である学習院を、愛子さまがそう簡単に離れることはできない。

「秋篠宮家の眞子さまと佳子さまは国際基督教大学へ、悠仁さまはお茶の水女子大学附属小学校に通われるなど皇族方の学習院離れは進みました。ですが、東宮家の子女である愛子さまはやはりお立場が違う。別の高校へ進学というのはやはり現実的ではないと思います」(別の宮内庁関係者)

 それだけにとどまらない。現行の皇室典範では、女性皇族は将来結婚すれば皇籍を離脱し、その先の人生を一般人として歩むことになる。

「愛子さまも例外ではありません。ご結婚後、一社会人として働きに出ることもあるでしょう。その選択肢の1つには、獣医師になる未来もないわけではないのです」(前出・皇室ジャーナリスト)

 だが、天皇陛下の「生前退位」報道、それに続く「お気持ち」表明以降、愛子さまの“明日”は不透明な状態になったといっていい。

「陛下に限って退位を認めるのか、皇室典範を改正するのか。それと同時に、皇室を安定的に存続するための議論も深めていかねばなりません。その中には“愛子さまを天皇に”という『女性・女系天皇論議』も含まれるでしょう」(政治記者)

 もし愛子さまが天皇ということになれば、当然「獣医師の夢」は固く閉ざされてしまう。

「周囲が大いに夢を語っている。自分にも夢がある。でも、もしかしたらその夢は叶わないかもしれない…。愛子さまは、ご自身の立場やご自身を取り巻く状況を充分に理解されています。ですがそんな思いが巡っている時に、フォーラムで獣医師の仕事に触れることになった。頭では理解できていても、憧れや希望をそう簡単に押さえ込むことはできない。ご自身の宿命をお察しになり、それが体の不調として表出してしまったのかもしれません」(前出・皇室ジャーナリスト)

 愛子さまに、また弾けるような笑顔が一刻も早く戻ることを願ってやまない。

撮影■雑誌協会代表取材

※女性セブン2016年10月27日号

関連記事(外部サイト)