小池都政のシンボル事業 都庁内保育園は待機児童を救えるか

小池都政のシンボル事業 都庁内保育園は待機児童を救えるか

小池都政のシンボル事業「とちょう保育園」がスタート

「東京のシンボル事業として、都の子育て環境の充実に寄与してほしい──。10月1日、都庁内で事業を開始した「とちょう保育園」。開所式で小池百合子都知事(64才)は自信あふれる表情でそう語った。

 都庁の議会棟1階を改装して完成した同保育園は、500平方メートルの空間に木目調のクッションフロアの床が広がる。定員は0~2才児の計48人で、半数は新宿区民、残りは都職員と近隣企業の社員が利用できる。

 今年4月時点で東京都の待機児童は約8500人に達する。都庁にできた保育園は、待機児童を救うその第一歩となるのだろうか。設置主体である東京都人材支援事業団の小野睦之さんが、保育園設置の理由を解説する。

「国の『子ども・子育て支援制度』において、事業所内保育所は、土地の確保が困難な地域でも機動的な待機児童対策を講じることが可能な仕組みとされています。また、都においても、民間事業者等における地域に開放した事業所内保育所の設置を促進していることから、待機児童解消を進めるためのシンボル的な取組として、都庁に保育園を作りました」

 現在、各地で保育園建設の反対運動が起こるなど用地確保が課題となっているなかで、“騒音”とは無縁の事業所内保育園が増えれば、待機児童解消につながるという狙いだ。

 そのサービス内容は子を預ける親にとって、「至れり尽くせり」(小池知事)だ。朝7時に開園、午後10時まで延長保育が可能で、シーツから紙おむつ、園内用の服まで有料レンタルできる。まさに都がアピールする通りの、「手ぶら保育園」なのだ。

 中でも都内の保育園初の試みとして注目されるのが「モーニングカフェ」だ。

「朝7~8時の間、園内で親子に朝食を提供します。通勤ラッシュを避けて早朝登園し、子供と一緒に朝食をとりたい親から好評です」(とちょう保育園の澤田陽子園長)

 栄養士がカロリー計算した朝食には洋食と和食があり、1食大人400円、子供300円で食べられる。園児の健康管理も万全だ。

「病院と鮮明なライブモニターをつないで、現地の医師がカメラを通じて体調の悪い園児の目や口の中を見たり、マイクで拾った呼吸音を聞きます。そして、医師が保育園に常駐する看護師に対応を指示できるようにしています」(澤田園長)

 従来の保育園では、子供の体調に異変があれば、すぐ保護者を呼ぶことになっているが、ここでは医師の助言によっては保護者を呼ばず、迎えの時間まで保育園で子供の様子を見守ることもある。

 ほかにも昼休みの時間帯に近場で勤務する母親が授乳できる場所を設けるなど、働く母親が助かるサービスばかり。

 実際、仕事と育児に励む女性からは、「家事の負担が減り、仕事が遅くなっても子供の面倒を見てくれて医療面も安心。こんな保育園が会社の近くにあったらぜひ利用したい」(30代女性)との声も上がる。

 小池知事は待機児童をなくすため、今年度中に保育園の整備に取り組んだ事業者にインセンティブを与えるなど、新たなバックアップ策を打ち出しているが──。保育問題に詳しいジャーナリストの猪熊弘子さんは、こう警鐘を鳴らす。

「日本の場合、事業所内保育園が22時まで開園していると、職場で『その時間まで働いて当然』という雰囲気になりやすい。医療面でも、子供が体調を崩しても親が仕事を休まないのではなく、逆に親が休める仕組みが必要です。就労支援は保育園の大きな役割ですが、“親を働かせる”ための施設ではダメ。今後、どこまで“子供のため”の保育園を拡大できるかがカギです」

※女性セブン2016年10月27日号

関連記事(外部サイト)