東急グループ築いた五島慶太氏、鬼気迫る辣腕伝説の数々

東急グループ築いた五島慶太氏、鬼気迫る辣腕伝説の数々

五島慶太氏には強烈な異名も(写真/共同通信社)

 日本の高度経済成長を牽引した「昭和の名経営者」と言えば、松下幸之助、本田宗一郎、小倉昌男などが思い浮かぶ。一方、彼らと肩を並べるほどの成功を収めながら、毀誉褒貶相半ばする人たちがいる。東急グループの五島慶太氏もその1人だ。作家・増田晶文氏がレポートする。

 * * *
 五島慶太が逝って60年──“強盗慶太”の異名をとり東急グループの礎を築いた彼には、梟雄と辣腕事業家の二つの顔がある。

「ワシは白昼札片を切って堂々と強盗を働く」

 五島はこう嘯いて企業合併に蛮勇を振るった。京浜や京王、小田急、地下鉄などを併合し“大東急”を実現したのは序の口。東映に白木屋をはじめ銀行、海運、自動車、ホテル……有名企業を続々と傘下に収めた。その数は160社に及ぶと言われる。

 五島を知る人物は彼が、「乗っ取りは戦争」と語ったことを証言してくれた。標的になった企業は怨嗟の声をあげ、遺恨の残る後味の悪い事例が少なくない。

「負けたほうがワシのことを強盗なんて悪口を言う」

 強盗慶太が横井英樹、小佐野賢治といった後の大物フィクサーを手懐けたことも特記しておこう。横井は白木屋買収に奔走し、小佐野が牙城にした国際興業は五島から譲渡された会社だ。

 そんな強盗慶太の痛恨事は1938年の三越乗っ取り事件だった。五島は老舗の経営陣を吊し上げ、激しい攻勢をかけた。だが、政財界の賛意を得られず断念する。彼が手を引いた直後に、三越トップが日比谷の街角で死体となって発見された──死因は急性疾患だったものの、暗殺説や心労説が飛び交い、五島には非難が殺到した。

 それでも五島が傑物だったことは間違いない。現代に継承されるビジネスモデルを成功させている。

 日本屈指の高級住宅街として有名な田園調布は、五島なしに存在しない。大正末期、彼は45万坪という広大な土地に鉄道を走らせ、都心と郊外を繋げてみせた。これにより欧州で提唱された田園都市建設、庭園都市構想が東京で実現する。知識階級の労働者が、都会で働き郊外の自宅で快適に暮らす斬新なライフスタイルが誕生したのだ。

 しかも五島は田園調布を安売りしていない。当初の宅地は一区画300坪という規模で販売されている。同時に道路計画と緑化計画を徹底し、公園や広場、街路樹を整備したのも慧眼だった。おかげで、田園調布は豪奢な邸宅がゆったりと並ぶセレブな街並みとなり、高級感がいっそう増した。

 田園調布のノウハウは、今日の東横線や田園都市線でのハイソなイメージ醸成に活きている。両路線が「住みたい沿線」ランキングで上位なのは周知のこと。ただし、さすがの五島も令和の巨大台風で田園調布はもとより、二子玉川や武蔵小杉が浸水災害に遭うことまで予測できなかったが……。

 五島は「すべての事業は沿線住民の生活向上のため」と強調してやまなかった。その手腕は、「片田舎」と揶揄されていた渋谷を、現在の繁栄に導いたことでも歴然としている。ターミナル駅にはデパートをはじめ商業施設、郊外に宅地やリゾート施設という“鉄道経営の鉄則”を実証したことも大きい。

 五島の事業家人生は開拓者そのものだった。最晩年も、箱根伊豆開発をめぐり西武の堤康次郎と熾烈なバトルを繰り広げている。堤は箱根権現で難敵五島の呪詛を祈願したほどだった。

 五島は1959年に脳溢血で逝去した。享年77。東急の古参OBは臨終直前の五島の言葉を語った。

「全財産をやるから寿命をくれ。オレにはやらねばならぬ事業が、まだまだ、たくさんあるんだ」

※週刊ポスト2019年11月8・15日号

関連記事(外部サイト)