裏口入学のブローカー 親から親へと紹介され首つなぐ

 9月14日、警視庁捜査二課と世田谷署の合同捜査本部は神奈川県横浜市に住む自営業の中野真紀容疑者(54才)を詐欺容疑の疑いで逮捕した。

 被害者は世田谷区在住の会社役員の女性(49才)。被害に遭った時期は2009年11月頃で、被害額は440万円。中野容疑者は、実子が都内の大学附属の私立小学校の入学試験で不合格となった被害女性に対し、“面接の枠が残っています。入学しても金銭的な迷惑をかけるようなことがないと示すためにお金が必要”などと嘘を言い、複数回にわたり被疑者らが管理する預金口座へ現金を振り込ませた。

 知人を使って教師役で電話をさせるなど計画的で悪質な犯行だった。今回の事件は裏口入学を騙った詐欺で、しかも失敗しているため公となったが、世のママ世代が衝撃を受けているのは、お受験戦争という限られた場所で、「もしや…」「やっぱり…」という思いがあるからに他ならない。

 鈴本真美子さん(仮名、41才)は中1、小5、小1の3人の息子の母。元英語学校の講師で保育園の補助のパートをしている。

「下の息子が同じ幼稚園だった男の子の話なんですけど、そこの幼稚園は小学校のお受験に全然熱心じゃなくて、マンモス園でまあ、野放し状態。でも、その子のお父さんは有名大学の教授をしていたんです。で、気づいたらその子、その大学の初等部に入ってて、“あれ、いつ勉強してたの?”っていう(苦笑)。

 日本でいちばんの難関だっていう人もいるくらいの小学校ですよ? もちろん見えないところでちゃんと勉強していたのかもしれないけど、お母さんもお受験ママっていう印象は全然なかったから、“アレ?”って思った。利発ではあったけど、あくまで普通の子供って感じでしたから…」

 今回の事件で中野容疑者と被害者は直接の知り合いではなかったという。つまり“仲介者”がいたということ。こういった裏口入学のブローカーは、10年ほど前まではお受験を取り巻く業界では知る人ぞ知る有名な存在だった。

 著書に『慶應幼稚舎と慶應横浜初等部』がある、幼児教室・小学校受験『アンテナ・プレスクール』の石井至校長が実態を明かす。

「ブローカーはそもそも裏口入学はさせられないです。“太いパイプを持っている”などと嘘をついてお金をだまし取る。でもほとんどの人が恥ずかしいから泣き寝入りして、他人に相談しない。だから裏口入学のブローカーはなかなか捕まらなかったんです。

 裏口入学にまで手を染める保護者は、子供が合格できるためならと、ありとあらゆることをしているんですよ。そういう人は子供が実力で合格してても、“裏口入学ブローカーに頼んだから合格したんだ”と思い込んじゃうんですよね。

 そういう人が次の年の受験生の親を裏口入学ブローカーに紹介してしまうんです。知り合いなどに“どうやって合格したの?”って聞かれると、“こっそり教えてあげるけど、〇〇さんに頼んだのよ”と言って、次のカモをブローカーに紹介する。ブローカーも毎年10人前後をだまして、そのうち1人は合格したりするので、そういうことを実績として生き延びてきた人はいました」

 一方で前出・鈴本さんの直感は外れていない。絶対匿名を条件に、都内の小学校お受験のための有名幼児塾の現役社員X氏が、最近の裏口入学の実態を明かす。

「どう見てもこの子はあの小学校には入れないって子が合格して、室長が“裏ね”って、手でお金の合図を送ったりしていたこともあります。

 口利きはその学校に現在もかかわっているというよりも、元理事長とか元○○みたいな人が多い。そういう人はその学校の仕組みも知っているし、ツテもある。正直やっぱり私立はお金が欲しいからね。よっぽどできない子はダメだけど、ちょっと合格点に足りないぐらいなら、点数を加算してあげるっていうことで裏口入学させていた。なかにはお金は預かるけど、試験の点数が問題外の場合はお金は返すから不合格っていう条件つきも過去にありました」

 ただそれも、最近はほとんどなくなっているという。その理由が、学校現場の苦悩だ。前出の石井さんが明かす。

「ある有名校の話です。その学校の理事長が、知り合いの仲のいい人の孫を合格させてくれっていうので、入学させたそうなんですよ。そうしたら、その孫がとんでもない子供で、現場の先生たちがとても苦労して、6年間大変だったと。だから理事長に、“いくらもらったか知らないけど、現場が大変なんだからやめてくれ”と突き上げたって、現場の先生から聞きました。それから二度と理事長は無理に入れなくなったそうです」

 一方の親の方からも、裏口のアプローチが減っているというのは、前出のX氏。

「コンプライアンスが厳しくなってきて、失敗したらニュースになる。しかも、すぐにネットで調べられるでしょう。そこで名前でも上がったら、その時点でその子の人生は終わり。就職する時だって、ネットで調べられて過去の裏口入学のことがバレたら、就職も結婚もできないだろうし。皮肉にもネット社会が裏口を抑制しているところはあるような気がします」

※女性セブン2016年10月27日号

関連記事(外部サイト)