IOCと小池都知事 「合意なき決定」に見る両者の引けない心理

IOCと小池都知事 「合意なき決定」に見る両者の引けない心理

記者団の取材に応じる小池百合子東京都知事

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々を心理的に分析する。今回は、東京五輪のマラソン・競歩開催地を巡り交渉が難航した国際オリンピック委員会(IOC)と小池百合子東京都知事を分析。

 * * *
 2020年の東京オリンピックのマラソン・競歩の開催地がすったもんだの末、札幌に決定した。10月16日に突如IOCが発表した札幌への開催地移転。寝耳に水だった東京都の小池百合子知事は、この案に猛反発したものの、11月1日に開かれた4者協議では、「最終決定権のあるIOCの決定を妨げることはしない」として、「合意なき決定」を強調した。

 IOCが突然札幌移転案を発表したのは、9月に行われた陸上の世界選手権女子マラソンで“ドーハの悲劇”が起きたからだ。競技当日、カタールの首都ドーハは夜間になっても気温が30度を越え、湿度は70%以上。深夜のスタートにもかかわらずレースは過酷を極め、選手たちは脱水症状で沿道に座り込み、バタバタと倒れていった。救急隊員が走り回り、選手たちがストレッチャーで運ばれていく映像が世界を駆け巡った。優勝タイムは世界選手権史上最も遅い2時間32分43秒。出場した68人のうち28人が棄権という最悪のレースだった。

 このレースを目にしたIOCは、猛暑が予想される東京での開催を危ぶんだ。このままいけば東京オリンピックでも、選手たちが次々に倒れ込み、棄権するかもしれない。彼らの脳裏には、東京オリンピックのマラソンの光景にドーハの惨状が重なったに違いない。「過剰推測バイアス」が働いたのだ。

 過剰推測バイアスとは、現実ではそのようなことは起こらないかもしれないのに、極端な場面を予想してしまう傾向のことである。だいたい来年の夏、東京の天候がどうなるか予測は難しいし、ここ数年、札幌の夏はどんどん暑くなり、東京より暑い日だってある。だが彼らの頭の中には、きっと札幌の夏は涼しいという思い込みがあったのだろう。そして、過剰推測バイアスによって不安を募らせ、極端な想定をしてしまったIOCは、東京での開催をこのまま待つことができなくなったのだ。

 だが、小池都知事に過剰推測バイアスなんて関係ない。突然降って湧いた話に、「東京は最後に知らされたのでは。まさに青天の霹靂」と不快感を示し、「涼しいところでと言うのなら、北方領土でやったらどうか」とまで発言。さすがにこの発言はどうかと思うが、そこまで言いたくなるほど小池都知事はブチ切れた。

 そこには、苛立ちや悔しさ、自身のプライドや都知事としての立場だけでなく「サンクコスト効果」が見えてくる。サンクコストは埋没費用ともいい、これまでに費やした資金、労力、時間のことであり、どのような決定をしようともはや回収できないコストのことだ。このサンクコストを惜しんで、事業や投資などをやめられなくなることをサンクスト効果という。

 東京都が暑さ対策として、コースとなる道路の遮熱性塗装などにかけた金額はじつに300億円以上。1都民としては、「そんな所にそんなにお金をかけていたとは!!」と、まさに寝耳に水、驚きの金額だったが、東京都が準備にかけてきた労力や時間、その他諸々の費用を入れたら、暑さ対策だけで膨大な費用になる。かけてきたコストが無駄になるかもしれない事態に、都知事として「東京でやりたい気持ちに変わりはない」と反発したくなるのも当然のことだろう。だが、IOCにとってサンクコスト効果など関係なかった。
 
 小池都知事は「ワンチームで」と発言し、他競技は移転せず2競技のみの開催地移転、都の追加負担なしなどで合意?した小池都知事だが、猛暑問題はあちらこちらで噴出している。まだまだ火種はくすぶっているようだ。

関連記事(外部サイト)