英語試験延期 今さら難関大挑戦に舵を切れない受験生が多い

英語試験延期 今さら難関大挑戦に舵を切れない受験生が多い

大学入学共通テストのプレテストに挑む受験生(時事通信フォト)

 文部科学相の「身の丈」発言炎上をきっかけに、英語の民間試験導入が延期となった大学入試共通テスト。さらに、予定されている国語と数学の記述式問題についても見送りを求める声が出るなど、大学入試改革は出足から崩壊寸前。「そもそもセンター試験のままで良かったのでは?」と疑問を呈するのは、大学受験に詳しい大学通信・常務取締役の安田賢治氏だ。

 * * *
 まさに急転直下の延期だ。2020年度から行われる大学入試改革で、目玉だった外部英語試験利用が延期になった。これまでも大学や全国高等学校長協会から、制度の見直しや延期を望む声は多かった。それを無視して実施に突き進んできたが、萩生田光一文部科学相がテレビ番組で「自分の身の丈にあわせて、2回をきちんと選んで勝負して頑張ってもらえば」と発言したことが大きな批判を浴び、それがきっかけであっさり延期となった。

 今回の大学入試改革は、31年間にわたり実施されてきた大学入試センター試験(以下センター試験)を廃止し、2021年から新しく大学入学共通テスト(以下、共通テスト)を実施するのがメーンになっている。

 文科省は学力の3要素に「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体的に多様な人々と協働して学ぶ」を据え、それに基づく試験に変わる。入試の名称も変わり、一般入試は「一般選抜」、推薦入試は「学校推薦型選抜」、AO入試は「総合型選抜」になる。いずれの試験も学力と高校時代の活動歴を評価する多面的評価に変えていく。

 この考えの下、数学と国語に記述式問題を導入。高校時代の活動を記録する「ジャパン・イーポートフォリオ」のサイトをオープンし、ここに高校生自ら高校時代の活動歴を記録する。高校生が出願した大学が、このサイトの情報を見て評価する方式だ。

 なかでも英語は4技能「読む、聞く、書く、話す」重視となる。センター試験では「読む」試験が従来から行われており、「聞く」試験については2006年から実施されるようになった。ところが、「書く」「話す」については、当初から外部英語試験の成績を活用することになった。センター試験、共通テストを実施する大学入試センターは作問しないことになったのだ。

 7つの外部英語試験を共通テストに使うことが認められ、1試験はその後、参加を辞退した。高校3年生の4月から12月までの間に、2回受けた成績が共通テストの成績になる。外部英語試験を何度受けてもよいが、事前に今回の受検は共通テストの成績にすると表明し、2回の内の高得点の成績を共通テストの成績とすることとなった。

 各試験とも評価方法は異なるが、スコアを統一基準のCEFR(セファール)に当てはめる。評価はC1、C2、B1……A2の6段階評価だ。試験実施会社にしてみれば、今年のセンター試験で英語を受験した約54万人が2回受検すると、延べ108万人が受験する巨大市場がいきなり出現することになる。

 各大学は昨年から今年の初めにかけて、相次いで2021年の一般選抜の入試科目を公表。特に注目されたのが外部英語試験の成績の扱いだった。試験は決められた会場で行われ、離島部、へき地の受験生は、この外部英語試験の受検のために、県庁所在地など都市部に行かなければならない。経済的な負担が増えるし、受検料も高い。地域格差、経済格差は外部試験を利用する限り残るのだ。

 共通テスト受検がほぼ必須の国公立大で既に発表されている使い方は、出願要件か加点のいずれか、あるいは合わせての活用だ。

 出願要件の場合は、大学が指定した評価を超えていなければ、入試を受けることができない。東京大、京都大などの難関大ではA2以上を指定しているところが多かった。このA2は英検でいう準2級に相当する。私立大でも一般入試で、共通テストと大学独自試験で合否を決める国公立大型の入試を実施する大学・学部も出てきた。外部英語試験の延期で、国公立大、私立大の一部で2021年入試の見直しを迫られている。

 この延期は受験生にも大きな影響がある。来年はセンター試験最後の入試となり、浪人すると共通テストを受けることになる。そうなると、新たな対策が必要になるため、来年の受験生は「現役進学」を第一に考えていた。

 そのため、来年入試は超安全志向の入試になると見られていた。難関大にチャレンジして落ちることはできないため、より安全な志望校選びをしているということだ。難関大の志願者が減り、難易度50未満の大学・学部の志願者が増え、逆にそのクラスが激戦入試になると予測されていた。

 浪人すると受けることになる共通テストで、最大の負担だったのが外部英語試験受検だ。それが延期になったことで、経済的な問題を除けば、絶対浪人できないとの考えは薄らぐことは間違いない。しかし、早々に厳しくなること間違いなしの来年の一般入試を避け、推薦、AO入試を選んだ受験生にとっては今さら方向転換できない。すでに多くの大学のAO、推薦入試の出願は始まっている。

 さらに、一般入試で確実に合格できる志望校を選んでいる受験生にとって、来年の2月1日から始まる私立大入試まで3か月という11月1日の段階で延期が発表されて、今から難関大挑戦に舵を切れるのかということもある。今からでは厳しいだろう。最大の被害者は受験生だ。

 今年、大学を受けた受験生だってそうだ。来年はセンター試験最後になるため入試が混乱することは必至で、浪人してもメリットは少ない。「今年のうちに大学に入っておこう」と考えた受験生が多かったため、安全志向に切り変わっている。昨年までは難関大の志願者は大きく増えていたが、今年は減少に転じていることを見ても明らかだ。

 大学、受験生、高校教員みんな被害者だ。今までの試験が「知識・技能」に偏っていたから、それを変えるというのならセンター試験で出題を変えれば済むことではないか。リスニング試験を導入した時には、センター試験のままだった。2015年に理科の基礎科目が新しく加わっても変わらなかった。

 記述式問題が増えてもセンター試験でいいだろう。そもそも新しい試験に変える必要はあったのだろうか。英語4技能重視にしても、外部英語試験なんか使わず、ライティング、スピーキングの試験をリスニング試験と同じように、センター試験に加えればよい。実施に無理があるなら、知恵を絞るべきだ。それも検討せずにいきなりの外部英語試験利用。いったい、共通テストへの改革は何のため、誰のためなのか──疑問しか残らない。

関連記事(外部サイト)