なぜ、「毒母」を題材とした映像作品が急増しているのか

なぜ、「毒母」を題材とした映像作品が急増しているのか

“毒親”を題材とした映像作品が急激に増加(写真/PIXTA)

 昨年『万引き家族』でカンヌ国際映画祭のパルムドールを受賞した是枝裕和監督がメガホンを取った映画『真実』が公開中だ。物語はフランスの国民的大女優が自伝本「真実」を出版したところから始まる。それを読んだ娘が、本来はわがままで尊大な母の、嘘だらけの美談にあきれて母を問いただす。だが、母は笑い飛ばすばかり。

「ママ、これのどこが“真実”よ! 私を家の外に閉め出したことを忘れてデートに行ってたじゃない」──。

 近年、“毒親”“毒母”といった言葉をよく耳にするようになった。暴力や育児放棄といったわかりやすい“虐待”でなくとも、過度な干渉や身勝手なふるまいで子供を傷つけ、支配しようとする親も、子供にとっては有害だという事実が、広く知られるようになったのだ。

 明らかな虐待行為とは一線を画すものであることや、「親は感謝すべき存在」という旧来の価値観で隠れていた問題が、徐々に浮き彫りになってきたといえるだろう。“毒親”の概念に触れて、「自分だけではなかった」と共感する人が続出しているのだ。母娘関係専門カウンセラーの高橋リエさんが指摘する。

「最近、『毒親後遺症』ともいうべきトラウマに悩まされる女性が増えています。母親と電話するだけで動悸がする、実家に行くと必ず体調が悪くなる、ママ友や目上の女性に苦手意識を持つケースも。親の影響というのは、非常に大きいのです」(高橋さん)

 そうした世相を反映してか、このような“毒母”を題材とした映像作品は2017年頃から急激に増えている。

「嫌い。嫌い。お母さんがずっと。罪悪感あおって言うこと聞かせようとするところとか、外ではいい人ぶるところとか、自分もできないようなこと、私に期待するところとか、嫌い。だけど、お母さん、かわいそう。独りぼっちだから。(中略)ごめん。私、お母さんのためには生きられない。自分で何とかして──」

 7〜9月に放送されたドラマ『凪のお暇』(TBS系)もその1つ。「空気を読む」ことに疲れた28才OLの大島凪(黒木華)が、職場も恋人もSNSもすべて投げ出し、新たな人生を再出発させるまでを描いた物語で、毎週のようにSNSでトレンド入りするほどの人気を博した。

 冒頭は、不満を爆発させた娘の凪が、母親の夕(片平なぎさ)に放ったせりふだ。凪の母は、娘を言葉でコントロールしてきた。台風被害に遭った実家を見舞った凪に修理費用の支払いを求める場面でも、見積書をこれみよがしに見せる。

「あ、いいのよ、凪は心配しなくて。あちこちに頭を下げてなんとかお金を借りて、一生懸命働いて少しずつ返していくから、大丈夫…」

 娘に罪悪感を植えつける言葉の効果はてきめんで、凪は夢のために貯めていたお金を母親に渡してしまう。

 トウモロコシが苦手で食べられなかった幼い凪を前に、母が大量のトウモロコシを捨てるシーンも印象的だった。

「凪が食べないからトウモロコシが死んじゃった。お母さんやおばあちゃんが大切に育てたトウモロコシなのにね」

 ネットでは《これは“毒親”だわ》《自分の“毒母”を思い出して吐き気がした》などの書き込みが相次いだ。

 高畑充希が主演して話題となった『過保護のカホコ』(2017年、日本テレビ系)の主人公、根本加穂子は母・泉(黒木瞳)や父・正高(時任三郎)から徹底的に甘やかされて育つ。送迎や弁当作りはもちろん、洋服選びのほか、就活や恋もすべて親の言いなりだった。

 どの物語でも、娘たちが“被害”を訴える一方で、「あなたのため」と懸命に育ててきたはずの娘に“毒母”と罵られて戸惑う母の姿も描かれる。本当はお互いを愛したいのに、それが人生に暗く長い影を落とすのだ──。

※女性セブン2019年11月21日号

関連記事(外部サイト)