500億円バラ撒き佐川清氏、実は本当の「宅配便の父」だった

500億円バラ撒き佐川清氏、実は本当の「宅配便の父」だった

「宅配便の父」こと佐川清氏(時事通信フォト)

 日本の高度経済成長を牽引した「昭和の名経営者」と言えば、松下幸之助、本田宗一郎、小倉昌男などが思い浮かぶ。一方、彼らと肩を並べるほどの成功を収めながら、毀誉褒貶相半ばする人たちがいる。佐川清氏もその1人だ。横田増生氏(ジャーナリスト)がレポートする。

 * * *
 佐川清の成り上がりぶりは他に比類がない。新潟の田舎町の旧家に生まれ、旧制中学を卒業した後、いくつかの職を経て、京都で飛脚便を始めるのは1957年のこと。この当時の様子を自著にこう書いている。

「裸一貫での開業だから、私は守備範囲を京都⇔大阪間と決め、京都、大阪の問屋へ『飛脚のご用はありませんか』と注文を取りに回った」(『ふりむけば年商三千億』)

 1965年には佐川急便を設立した。フランチャイズ制をとり、全国ネットワークを広げた。清の元に入ってくる給与は月1億円ともいわれ、そのお金を、政界や芸能界、スポーツ界に湯水のようにバラ撒いた。政界では田中角栄や渡辺美智雄、スポーツ界ではアントニオ猪木、芸能界では橋幸夫などを支えた。「政治家に使った金はざっと500億円くらいかな」と本人が語っている。日本一のタニマチとも呼ばれた。

 商売も豪快だった。1980年代に米フェデラルエクスプレスのF・スミス会長と業務提携の話し合いをするのに、清は大勢の芸者を飛行機に乗せ話し合いが行なわれるハワイに向かう。が、相手はあまりにも型破りの会合に気勢をそがれ、業務提携の話は流れた。

 清にとって、最も色濃い負の側面は、1991年に起きた東京佐川急便事件だ。発端は、次期首相の有力候補だった竹下登が恩義のある田中角栄を裏切ったとして、右翼団体が1987年、竹下への褒め殺しを繰り返した。

 それをやめさせるのに、東京佐川急便の渡辺広康社長が仲介した。その過程で、東京佐川急便から竹下の腹心である金丸信に5億円が闇献金として渡ったため、金丸は議員辞職に追い込まれる。加えて、東京佐川急便の5000億円を超える不正融資が発覚しグループの経営は一気に傾く。

 清自身に嫌疑はかけられなかったが、経営陣を刷新するためとして、経営の第一線から退き、不遇をかこちながら2002年に鬼籍に入る。

 清の功績を語る上で忘れてはならないのが、今日の宅配便のビジネスモデルを作ったという事実である。

 宅配便はヤマト運輸の小倉昌男が作ったというのが通説となっている。しかし、宅急便を始める前、小倉が熱心に佐川急便を研究していたことは、ヤマト運輸の第5代社長を務めた有富慶二が、私の取材に「小倉さんは佐川急便の小口配送を研究したと思います」と認めている(拙著『仁義なき宅配』で詳述)。

 清の始めた飛脚便は、日本のビジネスを大きく変えた。出荷の翌日に必ず荷物が届く飛脚便のおかげで、卸や街角の小売り業者は余計な在庫を持たず商売することができた。売れるものを売れるときに発注して、翌日、佐川急便が届けてくれることで、日々の商売の見通しを立てることができるようになった。

 それが広く普及した現在、年間40億個超を運ぶ宅配市場に成長し、ネット通販を含め日常生活に不可欠なライフラインになった。

※週刊ポスト2019年11月8・15日号

関連記事(外部サイト)