即位の礼後の茶会「雅子さま洋装・美智子さま和装」の緊張

即位の礼後の茶会「雅子さま洋装・美智子さま和装」の緊張

雅子さまはアイボリーのドレスにピンヒール姿(写真提供/宮内庁)

 天皇の即位を内外に宣言する「即位礼正殿の儀」の翌10月23日、列席した海外王族をもてなすため、赤坂御所(東京・元赤坂)にて茶会が行われた。

「これまでの皇室の慣習では、皇族方が一堂に会される行事において、女性皇族のお召し物は和装か洋装かどちらかに統一されることがほとんどでした。同じ会でお着物の方とドレスの方が混在されるのは珍しいことです」(皇室ジャーナリスト)

 どちらか決めるのは皇后の役目だという。行事の内容や接遇されるお相手などを考慮されるそうだ。次いで皇后が服の色を選ぶと、ほかの女性皇族が皇后と被らないように色を選ばれる。それが女性皇族のドレスコードの慣例とされる。たしかに、園遊会や一般参賀などでは女性皇族のお召し物は統一されてきた。

「それだけに、今回の茶会における皇后陛下と上皇后陛下の衣装には驚きました。雅子さまやほかの皇族方は洋装でしたが、美智子さまだけは和服で参加されたんです。公的な行事ではないとはいえ、珍しい光景でした」(前出・皇室ジャーナリスト)

「平成」と「令和」の2人の皇后陛下が相対した、知られざる緊張の瞬間──。

◆皇室の中心は今も上皇上皇后両陛下

 退位された上皇上皇后両陛下のお姿を見る機会が増えてきた。両陛下は11月1日、東京スタジアム(東京・調布市)で行われたラグビーW杯の3位決定戦を観戦された。会場のスクリーンにおふたりの姿が映し出されると、大きな拍手が沸き起こった。

「歓声に手を振って応えられるお姿は、天皇皇后両陛下としての“現役時代”を彷彿とさせました。ただ、『御代がわり以降は公的な活動をされないのではなかったのか』と、疑問を抱いた人も少なくなかったようです」(前出・皇室ジャーナリスト)

 上皇陛下や美智子さまを長年支えてきた上皇職など宮内庁職員が、“上皇上皇后両陛下ファースト”で動くあまり、令和皇室の主役であるはずの天皇陛下や雅子さまの存在感が薄まってはいないか──。周囲では、そうした懸念もあるという。

 即位パレード「祝賀御列の儀」が11月10日に延期になった背景にも、美智子さまの意向を優先しようとする職員たちの存在が大きかったのではないかという指摘がある。

「延期決定直前、10月20日の美智子さまの85才のお誕生日に関する祝賀行事がすべて中止されることが発表されました。中止に際し、上皇上皇后両陛下の台風被害への沈痛な思いが詳細に明かされ、“美智子さまは盛大なパレードを望まれていない”と理解する関係者も多くいた。それが、天皇皇后両陛下の晴れの舞台であるパレード延期決定を後押ししたと見る向きがあります」(宮内庁関係者)

 上皇上皇后両陛下を支える上皇職の多くは、平成の頃から侍従職として両陛下を支えたメンバーが担っている。その中には、両陛下の奮闘を長年近くで感じてきたからこそ“皇室の中心は今でも上皇上皇后両陛下”という発想を持つ人も少なくないという。

「天皇家の方々にそうした意識はなくとも、職員の現場レベルでは“二重の体制”ができている部分は否めません」(前出・宮内庁関係者)

 そうした懸念がまさに露出した“事件”といえるのが、冒頭で触れた「茶会」だ。

 茶会は来日した王族らをもてなすため、天皇皇后両陛下主催で開催された私的なもの。18か国31人の王族が出席し、上皇上皇后両陛下も途中から出席された。

「上皇上皇后両陛下が出席されたのは、茶会の終わり間際の時間だったそうです。それでも、“30年もの長い間、エンペラーとエンプレスを務められたおふたりに会いたい”と思う王族も多かったでしょうから、おふたりの登場を喜ぶ人も多かった。スウェーデンやルクセンブルクの王族は『再びお目にかかれて光栄です』と声をかけたそうです」(皇室関係者)

 出迎えの挨拶でチークキスを交わされるなどのおもてなしをされた雅子さまはアイボリーのドレスにピンヒール姿。秋篠宮家などの宮家の9人の皇族方も出席されたが、みな洋装で集まられていた。

「ところが、あとから合流された美智子さまだけは純白の和装に身を包まれていました。海外の王族にとってみれば、日本の伝統的な衣装である着物の方に関心を強く持つはずです。実際、美智子さまのお姿は大変お目立ちで、雅子さまに引けを取らないほどに王族の視線を集めていたそうです」(前出・皇室関係者)

 冒頭の皇室ジャーナリストが続ける。

「女性皇族特有のドレスコードの慣例が染みついている皇族方の中には、驚いた方もいらっしゃったのではないでしょうか。美智子さまを支える上皇職としては、“天皇皇后両陛下に招待されての参加なのでホスト側ではない”という認識で、洋装で統一しなかったのかもしれません。それでも、今後こうした場合、宮家の皇族方は、皇后の雅子さまに合わせるのが正しいのか、それとも上皇后の美智子さまなのか…」

 令和の新しい皇室は揺れているようだ。

※女性セブン2019年11月21日号

関連記事(外部サイト)