緒方貞子さん 「5フィートの巨人」と呼ばれたタフネスさ

緒方貞子さん 「5フィートの巨人」と呼ばれたタフネスさ

1992年、防弾チョッキを着てボスニアの紛争地域の視察をする緒方さん(共同通信社)

 5フィートの巨人、92才で亡くなる──英国のBBC放送は緒方貞子さんの訃報を速報でこう紹介した。5フィートを換算すると、身長約150cm。語学力はもちろん、ハードな交渉をいくつもまとめ、小柄な体ひとつで紛争地域に入ってゆく胆力を目の当たりにした国連の同僚たちから敬意を込めて“巨人”と呼ばれていたのだ。

 全国紙記者が解説する。

「1976年、48才で日本女性として初めて国連公使となって以来、難民支援に関する数々の功績は世界中から称賛されています。60代半ばになっても危険な地域へ臆することなく防弾チョッキ、ヘルメット姿で自ら足を運ぶ姿は『難民の偉大な保護者』として海外メディアでも注目の的でした」

 2000年に国連を退任した後も、その歩みは止まらない。2020年東京五輪・パラリンピックでは組織委員会理事会の助言役である、顧問会議のメンバーでもあった。緒方さんの薫陶を受け、親交も深かった市川房枝記念会女性と政治センター理事長の久保公子さん(69才)が振り返る。

「緒方先生がこんなにも長く仕事を続けてこられたのは、国連の現場に出て紛争地域にも足を運ばれて、直に困っている人たちに触れたことが大きかったのでしょう。現場を見た以上、自分だけ安全な場所で研究するのでは済まされないという強い思いに突き動かされてのことだと思います。とにかく度胸のある、温かいお人柄のかたでした」

 最後まで信念を貫きとおした緒方さんの訃報に接し、国連職員の業務内容の過酷さ、多忙さも改めて浮き彫りになり、「なぜ92才までこんなにも元気で多くの仕事を成し遂げられたのか」という声も上がっている。

 まさに「人生100年時代」を象徴する緒方さんの人生をひもとくと、生涯現役のヒントが詰まっていた――。

◆お嬢さまを変えた18才の敗戦

 緒方さんが生まれたのは1927(昭和2)年。曾祖父は首相を務め、五・一五事件で暗殺された犬養毅。祖父は外相、父も外交官という「華麗なる一族」だった。少女時代の緒方さんは父の赴任により米・サンフランシスコや中国広東省、香港などで過ごし、小学4年生で帰国。その後は聖心女子学院で学んだ。そんな「正真正銘のお嬢さま」が平和のために生涯をささげるきっかけになったのは、18才で迎えた敗戦だった。彼女は当時を振り返ってこう語っている。

「私たちの世代にとって、あの戦争は愚かすぎました。どうしてあんなことを始めてしまったのか、確かめてみたくなったのです」

 人生のテーマを見つけた緒方さんは渡米し、カリフォルニア大学など名だたるエリート校で学んだ。その後の活躍は、前に述べた通りだ。

 まさに生涯現役を体現する仕事ぶりだった緒方さんだが、私生活でも結婚・出産・介護と女性のライフイベントをフルコースで体験している。

 結婚は33才。当時としては晩婚ではあるが、緒方さんは「私たちとしては、ちょうど適齢期」と振り返っている。夫の四十郎さんは日本銀行勤務のエリートで、政治家の三男坊。にもかかわらず気取ったところはなく、「夫の後ろを3歩下がってついてゆく」が理想の妻だとされていた当時、バリバリ働く緒方さんを四十郎さんは献身的にサポートした。

 2人の子供にも恵まれ、30〜40代は子育てをしながら大学教員として勤務。当時の「家庭と仕事の両立」について、緒方さんは2005年の『婦人画報』のインタビューにこう答えている。

《私たちが働くのにチャンスがたくさんあるという時代ではありませんでしたから、下の子どもが学校へ行くまでは、やはり長く家をあける仕事にはついていません。だからICU(国際基督教大学)にいた10年は、非常勤講師だったんです。(中略)それでも、大学の仕事というのは、ある程度自分で自分の時間をコントロールできますからね。子どもが小さければ、早く寝かして、自分の勉強する時間をつくるとか。朝の9時から夕方の5時まで行く仕事とは違います》

 子供が手を離れた50代になると、今度は脳出血で母が倒れ、仕事をしながら介護を続けることになる。世界を股にかけ、知性や交渉力が必要となる難民支援と、育児や介護を両立するのは並大抵の苦労ではなかったはずだ。

 それだけではない。飛行機を乗り継いで現地を訪問、15kgもある防弾チョッキを着て歩いたり、野宿に近い宿舎に耐える体力も必要だ。

 強じんな肉体をつくった秘訣の1つは、学生時代にのめり込んでいたテニスだったと緒方さんは次のように回想していたという。

「健康法はテニス。短い時間でたくさん運動できるのがいい」「テニスで得たものは最後まで勝つために全力を尽くすファイトよ」

 秋葉原駅クリニックの内科医、佐々木欧さんが分析する。

「2018年に発表された約9000人を25年間追跡したデンマークの研究では、スポーツをする人は平均余命が長く、とりわけ複数人で行うスポーツをする人の寿命が長かった。テニスは上半身もよく動かす全身運動であるうえ、複数人でコミュニケーションをとりつつ楽しみながら続けられる体にいいスポーツのひとつといえるでしょう」

 加えて、テニスは基本的に野外で行うスポーツであるため、適度に日光を浴びる。

「運動自体の刺激も骨にいいのですが、さらに日光を浴びることで体内にビタミンDが生成される。これがカルシウムの吸収をうながし、骨粗しょう症予防にもつながります」(佐々木さん)

 緒方さんはかつて、聖心女子大学の先輩後輩の仲である上皇后美智子さまともテニスで一戦を交えたことがあるという。85才を迎え、今なおお元気な上皇上皇后両陛下をみても、テニスプレーヤーであることは、「生涯現役」の1つのキーとなることは間違いないだろう。

※女性セブン2019年11月21日号

関連記事(外部サイト)