消費や貧困の末に特殊詐欺に堕ちる時代 分断される家族の苦悩

消費や貧困の末に特殊詐欺に堕ちる時代 分断される家族の苦悩

記事画像

 特殊詐欺による逮捕者に「普通の人たち」が加わるようになって数年が経つ。最近では、とうとう現職警察官が受け子をしていた疑いで逮捕された。彼らは普通の人たちにまぎれていた特殊な人たちだったのか?特殊詐欺関連の取材を続けるライターの森鷹久氏が、家族が特殊詐欺で逮捕され戸惑う家族の声から、普通と特殊の間に横たわるものについて考えた。

 * * *
「いい加減にしてくれ、俺たちは何も関係ない」

 昨年、特殊詐欺で逮捕された男の関西地方在住の家族に電話取材をした際、その父親Aさん(60代)は当初、憔悴しきった様子で筆者の問いかけに答えていたが、ついには怒鳴り散らして一方的に切った。しかしその後、1時間も経たないうちに筆者の携帯に電話をかけてきたのも、また同じAさんだった。

 つまるところ、息子が特殊詐欺で逮捕され、その息子の一番近しい存在であることは認めるものの、何も情報がない。取材をして何か知っているのであれば、逆に情報を教えてくれないか、そう懇願してきたのである。

 このようなことは、特殊詐欺事件を取材している中で度々起きた。息子が特殊詐欺事件で逮捕されたという、九州地方在住に住む男性Bさんに取材をした時もそうだった。

「私は何も知らんのです…ところで、なぜ私のことがわかったんでしょうか? 逮捕後の息子とは一度も連絡を取っていない。取材に来た記者さんにどうなっているのかと聞くくらいで…」

 特殊詐欺といえば、巨大で凶悪な犯罪組織が関与している重大犯罪である、という認識が根強い。だからこそ、まさか「普通の」息子や家族が、特殊詐欺に関わるとは信じられないと、家族は大きな衝撃を受ける。そうした認識は一方で正しい。しかし取材を続けていくうちに、特殊詐欺とは、誰もが、明日にでも関わってしまう危険性を秘めている「手軽な犯罪」であることがわかる。

 特殊詐欺事件は、2000年代前半ごろから勃興した新型犯罪だ。何者かになりすまし、電話をかけた相手から金品を騙し取る、という基本形はそのままに、架空請求詐欺や還付金詐欺から始まり、今では現金の他に、デジタルマネーを騙し取る形も主流となっている。

 逮捕されるのはもっぱら暴力団員や、半グレと呼ばれる暴力団と近しい若者たちだったが、近年では一般人が、そして現職の警察官、消防士、元プロスポーツ選手まで特殊詐欺事件の「かけ子」や「受け子」として摘発されるほど多様な人々が関わるようになった。その多くは、貧困に屈したが末に、SNSなどで「高額報酬バイト」などの書き込みを見て、自ら詐欺事件に加担するというパターンだ。 彼らのほとんどは、それまでは普通に生活する一般市民だった。ギャンブルや遊興に夢中になったり、じわじわと仕事が減るなどして苦しくなった生活を立て直したくて副収入を得たいともがいていた。そのときに出会ったのがまっとうな副業ではなく、特殊詐欺になってしまっているのは、SNSで気軽に探せて、誰にも知られずにこっそり、場合によっては明日からでも詐欺を働き、即報酬を受け取れる実態が存在するからに他ならない。

 男と嫁、その娘が特殊詐欺の受け子をしていたとして逮捕されたという衝撃的な事件が発生したのは、ちょうど一年前のこと。逮捕された男の父親・Cさん(80代)も、筆者の取材に当初は「何も喋りたくない」と口をつぐんだが、最終的には自身が置かれたどうしようも無い状況を語り、自身の無力さを呪うように嗚咽を漏らすのだった。

「一昨年まで、息子一家と一緒に暮らしていた。息子は警備関係の仕事に就き、しっかり働いていたと思います。ギャンブルが好きで、借金もあったと思うが自分には言いませんでした。私自身思うところがあり、一家で東京などの都会に出て、働いてみてはどうか、そう促したんです」

 息子一家と離別して三年後、事件の発生をニュースで知った。

「本当に何も知らない。しかも息子だけでなく、嫁や孫まで…。私が不甲斐ないばかりに…。本当に申し訳ない。(事件後)息子とは何度か手紙でやり取りをしました。迷惑をかけてすまないと書いてありましたが、なぜそういうこと(詐欺事件への加担)になったのか、詳しく聞いていません」

 Cさんの息子一家は、息子が何らかのきっかけによって始めた「受け子」の仕事を、妻や娘と一緒になって働いていた。金に困っていたであろう一家にとって、金を駅のロッカーに出し入れするだけで金が得られるだけの「仕事」に最初こそ違和感はあれど、おそらくほとんど罪の意識はなかったに違いない。少なくとも、彼らは「仕事」をすることによって、貧困から脱出し、現状を打破し生活を改善するという目的があったのだ。だからこそ、家族一緒になって継続して「仕事」に励んだ。

「感覚が麻痺するんです。人殺しでもないし、相手は金持ちの中高年。僕らからいくらか盗られたって、死ぬわけじゃない。そのうち、本当に"仕事"になって稼ぐ感覚が気持ちよくなってくる」

 こう話すのは、かつて特殊詐欺の「かけ子」をしていて逮捕された関東地方在住の男性Dさん(二十代)だ。特殊詐欺によって得た報酬は、本人が覚えているだけでも300万円ほど。そのうちの100万は、実家に暮らす親元へ「仕送り」もしていた。親にはもちろん、その金がどういう経緯で得られたものなのか隠していた。

「逮捕後、警察が母親に事情聴取をして全てがバレました。親はあまりのショックで、さらには近所中に噂も広まり、引っ越しを余儀なくされたようです。どこからかき集めたのか、300万以上の金を僕の口座に振り込み、被害者の弁済に使えと言って以来、連絡が取れなくなりました。罪は償いますが、母のためを思ってやった部分もあったのに」

 前述のC氏宅近くに住む住人も、C氏の息子が重大犯罪に加担していたことを知ると、C氏との関係が希薄になったと話す。

「Cさん、息子さんのことで相当苦労されていますが、同情はできないですよ。家族で詐欺をやっていたなんて、知らないでは済まされないし、Cさんにも責任がないとはいえない」 詐欺なんてとんでもないと厳しくなる一方の世間の目と、特殊詐欺に手を染める普通だったはずの人たちの犯罪に対する軽さ。二者の間に横たわる感覚の溝は、もはや埋め方が分からないほど深くなってしまったのではないか。犯人の家族は、その狭間で何も知らされず、そして何の反論も許されることなく、息を潜め、世間から隠れるようにして過ごすことを強要される。

 また、一般人が詐欺を働くような"特殊な"人物へと変貌すると、家族も第三者も驚くかもしれない。しかし、特に受け子や出し子といった「犯行」は、SNSなどによって「簡単なバイト」として人員が集められ、出し子や運び屋であれば、被害者と対峙する必要もなく、だからこそ罪の意識を一切感じることなく、いつの間にか「正当な仕事と報酬」を受け取っているような錯覚を抱くほどだ。

 実際に特殊詐欺に関わった人々は、周囲が思っているより罪の意識は格段に低い。自分が卑劣な犯罪者という"特殊な人間"に成り果てたことにも気が付いていない。無論そこには、食うに困ったとしても犯罪を「やるか」「やらないか」の判断は当然あり、多くの人は後者を選ぶだろうが、昨日まで普通だった人がいとも簡単に"特殊な"人間になってしまうシステムができているのが実情だ。

 いうまでもなく特殊詐欺は犯罪である。特殊詐欺に手を染めた人間は、法律に沿って相応の罰を受けねばならない。しかし昨今、犯人たちの境遇をあざ笑うだけ、その浅はかさを愚かだと唾棄するだけで、犯行に至った背景について調査や議論をし、犯行に手を染めようとする可能性のある追い込まれた人々の救済方法は語られない。

「心配してくださってありがとうございます。私もどうしていいかわかりません。本当に申し訳ないとしか…」

 齢80と高齢であるCさんの涙は、罪を犯した男、その家族にとって後悔を抱かせずにはいられないものだろう。しかし彼らが抱える悔恨は、私や読者に一切関係のないことなのか、分断された別の世界で起きている他人事なのか。改めて考え直してみたい。

関連記事(外部サイト)