お出まし急増の上皇上皇后両陛下、新年一般参賀出席の可能性も

ラグビーW杯など上皇上皇后両陛下のお出ましが急増 新年一般参賀の出席求める声も

記事まとめ

  • 「即位礼正殿の儀」翌日に行われた茶会に上皇上皇后両陛下が出席された
  • ラグビーW杯3位決定戦や琉球舞踊の鑑賞など、上皇上皇后両陛下のお出ましが急増
  • 来年の新年一般参賀にも上皇上皇后両陛下のお出ましを求める声が上がっているそう

お出まし急増の上皇上皇后両陛下、新年一般参賀出席の可能性も

お出まし急増の上皇上皇后両陛下、新年一般参賀出席の可能性も

さまざまな場所においでになられる上皇上皇后両陛下(撮影/横田紋子)

 パレード「祝賀御列の儀」が11月10日に挙行され、次いで14、15日に一世一度の重要な祭祀「大嘗祭」が執り行われる。即位関連行事もいよいよクライマックスを迎えた。ただ、ここにきて、「皇后陛下と上皇后陛下が並び立つ」という令和皇室の在り方が物議を醸し始めているという──。

◆新年一般参賀に出られるかもしれない

 天皇の即位を内外に宣言する「即位礼正殿の儀」の翌10月23日、列席した海外王族をもてなすため、赤坂御所(東京・元赤坂)にて茶会が行われ、上皇上皇后両陛下も出席された。

 赤坂御所に向かわれる上皇上皇后両陛下を乗せたお車には、上皇陛下の印である「上皇旗」がはためいていた。元宮内庁職員で皇室ジャーナリストの山下晋司さんは次のように分析する。

「ご退位後は基本的に公務はされないことになっていますが、ゼロというわけではありません。今回、お車に上皇旗が付いていましたので、ご出席は“公務”という考えのようです」

 上皇上皇后両陛下のお出ましは最近、急増している。11月1日には東京スタジアム(東京・調布市)でラグビーW杯3位決定戦を観戦された。ほかにも、10月7日には国立劇場(東京・千代田区)で琉球舞踊を鑑賞され、同月11日には東京芸術劇場(東京・豊島区)で鳥類図譜展をご見学、11月6日には国立公文書館(東京・千代田区)で展示をご覧になった。

「5月の御代がわり直後も外出はありましたが、『私的』であることを理由に公表は控えられてきました。しかし最近になって、事前に訪問が公表されることが増えています。公表があればメディアの取材が入るようになり、その結果、両陛下のお姿が報じられる機会が増えているのです」(皇室記者)

 そうした中、宮内庁内部では早くも来年に向けて新たな議論が起こっているという。

「来年の新年一般参賀に上皇上皇后両陛下のお出ましを求める声が上がっているそうです。新年一般参賀は、“国民が伝える祝意に、皇族方がお応えになる”という位置づけで、出席が可能な成年皇族はみな出席されるものです。ですから、皇族である上皇上皇后両陛下がお出ましになっても不思議でなく、回数を限定するなどの形でお出ましになる可能性は充分にあります」(皇室ジャーナリスト)

 前出の山下さんは、宮内庁内部の“二重の体制”についてこう話す。

「御代がわりがあっても、国民の頭の中にいる天皇がすぐに切り替わるわけではありません。しばらくの間は、上皇上皇后両陛下を“天皇皇后両陛下”としてとらえる国民も多くいるでしょう。しかし、天皇と上皇の二重権威を恐れるあまり、上皇上皇后両陛下のお出ましが制約されることは好ましくありません。今後、ご活動が公的か私的か、発表をどうするか、取材設定をどうするかなど、宮内庁はその都度、難しい判断を迫られるでしょう」

 令和皇室は、早くも難題に直面している。

※女性セブン2019年11月21日号

関連記事(外部サイト)