過保護な毒母の娘 「腹減ったら食事していい」がわからない

過保護な毒母の娘 「腹減ったら食事していい」がわからない

過保護すぎる“毒母”の影響に気付かないことも(写真/PIXTA)

 近頃、様々な映像作品などで題材にされることが多い“毒母”。2019年7月期放送のTBS系ドラマ『凪のお暇』では、黒木華演じる主人・大島凪を言葉でコントロールする母・夕(片平なぎさ)が登場する。一方で、2017年放送の日本テレビ系ドラマ『過保護のカホコ』には、高畑充希演じる主人公を徹底的に甘やかせる母親が登場した。

 東京都の石田久美さん(48才・仮名)は、“毒母”によって育てられていたことに、社会人になってから気づいたという。

「周囲からは箱入り娘に見えていたと思います。実は過保護な母があらゆるものを先回りし、私は正常に育っていなかったのです。食事にはじまり、着るもの、趣味、将来の夢、自分の性格、気持ちもすべて母が“設定”していました。

『もっと喜びたいわよね』『泣いたら恥ずかしいと思わなくちゃ』『あなたは甘えん坊なのよ』『猫より犬が好きよね』と、全部を決めつけて諭すんです。幼い頃からそれが当たり前だったので、自分の体調や感情すら自分で判断できなくなっていた。すべて受け身でした」(石田さん・以下同)

 交際する男性に対してもそうだったという。

「私のことを好きだというから、母みたいにしてくれるんだろうとだけ思っていて、私は相手を好きかどうかわかりませんでした。

 また、20代の頃、残業中に上司から“朝からずっと会社にいるのに、なんで食事をとらないの?”と言われて初めて、自分がおかしいことに気づいた。“指示されなくても、お腹がすいたら食事をしていい”というのが本当にわからなかったんです」

 過保護な母は、自分がいないと生きていけない“赤ちゃん”を手放したくないために、娘を“お人形”にしてしまう。満たされない承認欲求を娘で補おうとする『過保護のカホコ』の泉ママを彷彿とさせる。

※女性セブン2019年11月21日号

関連記事(外部サイト)