「毒母」に育てられた子供は自己否定しがち、毒母は連鎖

「毒親は連鎖」とカウンセラーら指摘 毒母に激しく責められ子供が自己否定も

記事まとめ

  • 「毒母は、自分自身も毒母に育てられた娘だ」と精神科医の斎藤学氏は指摘する
  • 母娘関係専門カウンセラーの高橋リエ氏も「毒親は連鎖する」と語っている
  • 毒母に激しく責められた子供は「自分はダメだ」と自己否定的な思い込みを持つとも

「毒母」に育てられた子供は自己否定しがち、毒母は連鎖

「毒母」に育てられた子供は自己否定しがち、毒母は連鎖

「毒親」は連鎖する(写真/PIXTA)

 自分の子供を恐怖でコントロールしたり、過剰なまでに甘やかせたりする“毒母”。最近ではドラマなどで扱われることも増えている。毒母にもいくつかのタイプがあるが、どれも根本にある原因は同じ。家族問題に詳しい精神科医の斎藤学さんが言う。

「毒母は、自分自身も毒母に育てられた娘です。母自身が自己肯定できていないと、それが子供に連鎖する。子供の自己愛が損傷されるし、膨らまないのですが、それが如実に出る対象が、同性である娘。母の分身であり、共感してくれる存在だとみなされやすいのです」(斎藤さん・以下同)

 斎藤さんによれば、赤ちゃんは生後半年ほどで脳神経系が成熟し、母を「自分と別の生き物」とみなすようになる。

「その後、8割くらいの子は、主体としての自分と、他者としてのお母さんという関係を受け入れる。5〜6才になると、このペア関係を自分という主体の支えとして考えられるようになる」

「自分と母は別の生き物だ」と自立しようとするわが子の自然な発達を邪魔しようとするのが、毒母の共通点だといえる。

「毒母問題は『あなただけは私をわかってくれてもいいでしょ』という母の思いが娘に向けられて起こります。反抗期のように思春期に突発するものではなく、赤ちゃんの時からの長い歴史を経た“こじれ”から生まれるのです」

 つまり毒母は、自身もまた母によって傷つけられたために、心が成熟していない人なのだ。ひとりで苦難を乗り越えられない幼さがあるからこそ、娘に依存するというわけだ。

 母娘関係専門カウンセラーの高橋リエさんも「毒親は連鎖する」と前置きする。

「子供は親のケアがなければ生きられないため、親に気に入られようと必死になります。“毒母“の子供たちは、つねに母が怒っていないか顔色をうかがい、不安で緊張し続ける毎日を余儀なくされるのです。小さい子供の場合は、おねしょや爪噛み、不眠(特にお昼寝ができない)などに表れることもあります。

 親が怖いと、家で緊張を強いられ、自律神経が乱れて、つねに過緊張状態で生きるようになります。それが『警戒モード』で、不眠や肩こり、食いしばり、対人不安や焦燥感があり、『ねばならない』で行動しがちになります。さらにストレスが強まると、自律神経が『フリーズモード』になり、体が動かなくなったり、うつ、不登校、引きこもりになることもあります」(高橋さん・以下同)

 親に見捨てられないよう、何事も「早くしなければ」「完璧にしなければ」「競争に勝たなければ」と必死で頑張った人ほど、将来“毒母”になってしまいがちだ。

「たとえば、テストで90点を取った子供に『どうして100点じゃないの!』と怒鳴るような親は、自分が子供の頃に『完璧にできなければ親に嫌われて、育ててもらえなくなる』と戦慄し、今もその強迫観念に支配されて生きているのです。そのため、子供の気持ちを思いやる余裕がまったくなく、いちいち過剰反応を起こしてパニックになるのです」

 そんな“毒母”に激しく責められた子供は、「自分はダメなんだ」「親の期待に応えられない自分は価値がない」などと自己否定的な思い込みを持ってしまう。成人後も人と自分を比べて落ち込んだり、人に嫌われているのでは、評価されていないのでは、バカにされているのでは…などと思いやすく、生きづらさを抱えがちだ。

「つねに人の顔色をうかがっていたり、視線や物音、匂いなどに過敏になったりする一方で、自分の悲しみや恐怖を感じずに済むよう、感情にフタをする『感情マヒ』という状態に陥る人がほとんどです。ことあるごとに親に否定され続けたため、自分が何をやりたいのかもわからない人も多い。幼少からの過緊張と感情の抑圧で、脊椎側弯症のように体がゆがんだり、自己免疫疾患の持病がある人も少なくありません」

※女性セブン2019年11月21日号

関連記事(外部サイト)