あいおいニッセイ同和社長 ドラレコ付き自動車保険に意欲

あいおいニッセイ同和社長 ドラレコ付き自動車保険に意欲

あいおいニッセイ同和損害保険の金杉社長

 台風や地震などの自然災害が頻発し、高齢者ドライバーによる交通事故が多発するなど、損害保険の重要性は増している。そんななか、社会の新たなニーズを汲んだ新商品を次々発表しているのがあいおいニッセイ同和損害保険だ。

 同社社長で日本損害保険協会会長でもある金杉恭三氏(63)にこれからの損害保険のあり方を訊いた。

──このインタビューではまず、平成元年(1989年)当時、どんな仕事をしていたかを伺います。

金杉:私は1979年に当時の大東京火災海上保険に入社し、1989年は本社の営業総括部で係長をしていました。昭和天皇崩御の一報(1989年1月7日)は、休日出勤しているときに知りました。

 保険業法改正で大きく保険自由化に舵が切られるのはまだ先(1996年)の話で、当時は保険料率も保険商品も同業他社とほぼ横並び。気合いと根性の営業で他社と差別化するという時代でしたから、土日出勤や深夜残業も厭わなかった。

 その後の30年間で、損保業界は大きく再編されました。私が入社した当時は20社ほどあった損保会社は合従連衡を繰り返し、いまでは3グループに収斂しています。

 私がいた大東京火災は、まず2001年に千代田火災と合併してあいおい損保となった。その後の2010年4月には、あいおい損保、ニッセイ同和損保、三井住友海上の3社が経営統合して「MS&ADインシュアランスグループ」が発足、10月にあいおい損保とニッセイ同和損保が合併して「あいおいニッセイ同和損保」が誕生します。

 ひとつの会社になったといっても、それぞれの企業風土や仕事の進め方は大きく違います。私はこの時期、統合推進室や人事部に所属し、社内融和に腐心しました。

 この時期は損保業界を揺るがす出来事もたびたび発生しました。あいおい損保ができた直後の2001年9月11日には、アメリカで同時多発テロ事件が起き、あいおいニッセイ同和損保が始動した翌年の2011年3月11日には東日本大震災がありました。

 同時多発テロでは、航空保険の再保険をあいおい損保も引き受けていたこともあり、1300億円を超える支払いが発生しました。東日本大震災でも約1850億円の保険金を支払っています。

 どちらも会社を揺るがす難局でしたが、それによって「合併で内輪揉めをしている場合ではない」と、かえって結束できた面はあったと思います。

◆ドラレコで運転を採点

──東日本大震災以降も日本各地で地震が相次ぎ、今年9月の台風15号や10月の台風19号によって、全国的に水害が発生しました。自然災害に対する備えは国民の一大関心事ですが、そのニーズにはどう向き合っていきますか?

金杉:自然災害による被害を補償することも重要ですが、これからの損害保険会社は「災害時の安心をどう提供していくか」が重要です。

 たとえば当社では県立広島大学と共同で「避難保険」の商品化に向けて調査を開始しました。

 災害が迫り、自治体からの避難勧告が発令されてもすぐに避難できない方はたくさんおられます。そうした方のご自宅に迎えに行く、安全で快適な場所に避難してもらう、そういった一連の費用を保険で賄うというサービスを想定しています。

 誰が保険に加入すべきか、枠組みや賛同して参加して頂ける企業がどれくらいあるのかなど、検討すべき内容は色々とありますが、「避難保険」という新しい概念について反響は大きく、今後も産学官の三位一体で取り組んでいきます。

──損保のビジネスの大きな柱が自動車保険です。

 高齢ドライバーによる交通事故や、悪質なあおり運転の社会問題化など、ドライバーを巡る環境は大きく変化しています。

 当社では来年1月から、ドライブレコーダーから取得した走行データに基づき、安全運転の度合いを保険料に反映する国内初のテレマティクス自動車保険「タフ・見守るクルマの保険プラス」を販売します。

 テレマティクスとは「テレコミュニケーション(通信)」と「インフォマティクス(情報工学)」を組み合わせた造語で、ドライブレコーダーやカーナビ・GPSを利用して様々なサービスを提供すること。

 この商品は、後付けのドライブレコーダーがセットになっており、安全運転の度合いに応じた割引が次回継続時の保険料に反映される仕組みとなっています。

 急ブレーキや急加速、速度超過の有無などがドラレコの走行データや画像データによって判別され、そのスコアが点数化される。ドライバーが自分の運転技術を可視化でき、安全運転が楽しみになっていくわけです。

 この仕組みは、単に安全運転すれば保険料が安くなるというだけでなく、事故の発生そのものを減らすことに貢献できると考えています。

──「万が一のための保険」から、「事故を起こさない保険」への転換ですね。

金杉:1年間に事故などで自動車保険の支払いを受ける加入者は、およそ10人に1人。つまり、9割の方は“安心料”として保険料を支払うだけになっている。保険料の対価として何らかのサービスを受けているわけではないので、「保険会社にただお金を取られているだけ」という感覚の方も多いかもしれません。

 その点、当社のテレマティクス保険は、すべての加入者の運転を分析して提供するアドバイス機能や、「この道路は危険です」と警告するアラート機能なども付いている。すべての保険加入者が等しくサービスを受けられます。

 この商品では、保険加入者の同意があれば、家族も運転診断レポートを共有できる。

 たとえば、地方にいる高齢のご両親のドライブデータを、東京で働いているお子さんが把握できるわけです。「こんなところで急ブレーキしてちゃダメだよ」といったように“見える化”することで、具体的な注意喚起もできる。こうした機能は、テレマティクス自動車保険だからこそ実現できるものであり、従来の自動車保険にはありませんでした。

 当社はテレマティクス自動車保険のパイオニアとして、一部トヨタ車を対象に「タフ・つながるクルマの保険」の販売を2018年1月より開始しております。今回発売する「タフ・見守るクルマの保険プラス」は、年明けから大々的に展開していく予定です。

【PROFILE】かなすぎ・やすぞう/1956年、東京都出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、1979年に大東京火災海上保険入社。あいおい損保執行役員を経て2010年にあいおいニッセイ同和損保執行役員。その後、同社取締役常務執行役員、取締役専務執行役員などをへて2016年4月より現職。

●聞き手/河野圭祐(ジャーナリスト):1963年、静岡県生まれ。経済誌編集長を経て、2018年4月よりフリーとして活動。流通、食品、ホテル、不動産など幅広く取材。

※週刊ポスト2019年11月22日号

関連記事(外部サイト)