アメリカ人研究者から見た令和の「即位礼」「大嘗祭」

アメリカ人研究者から見た令和の「即位礼」「大嘗祭」

「即位礼正殿の儀」でおことばを述べられる陛下(AFP=時事)

「即位の礼」が無事執り行なわれ、いよいよ本格的に令和の時代が動き始めた感がある。アメリカにおける近現代天皇制研究の第一人者である米ポートランド州立大学教授のケネス・ルオフ氏は先ごろ、漫画家の小林よしのり氏との対談本『天皇論「日米激突」』(小学館新書)を上梓し、即位の儀式にも触れている。ルオフ氏は、今回の「即位の礼」と11月14日から行なわれる大嘗祭をどう見るのか。

 * * *
──「即位の礼」をご覧になってどう感じましたか。

ルオフ:「即位の礼」で一番印象に残ったのは、新天皇のお言葉です。なぜなら、短いお言葉の中で、3回も「平和」と言う文言を使われていたからです。日本人には気づきにくいところかも知れませんが、多くの日本人による民主主義の定義には「平和」という言葉と概念が入っています。実は、ほかの民主主義的な国は、そのように民主主義を定義してはいません。平和という言葉と概念が入った民主主義の定義は、戦後日本の特徴なのです。新天皇のお言葉は日本人の平和への誓いをよく表していると思います。

 11月14日からの大嘗祭(*注)については、少しだけ懸念していることがあります。明治以前の大嘗祭は、仏教的な要素が強い儀式でしたが、現在行なわれている大嘗祭は、明治以降、つまり国家神道の流れを汲むものです。

 即位の礼は国の行事で少々派手でも問題ありませんが、大嘗祭は皇室内の行事です。秋篠宮も大嘗祭への国費支出に疑問を呈しましたが、私も同意します。あまり派手にやるべきではないと思います。

「伝統」という言葉が出たときは、気をつけたほうがいいです。一般の人たちは「これは伝統だ」と言われると、怯んでしまいがちですが、自分たちの主張に都合のいいものだけを伝統と呼ぶ人たちがいます。今の大嘗祭の形は明治以降の伝統に過ぎません。マスコミは、昔は仏教的な儀式だったという事実を伝えたほうがいいでしょう。

 諸外国と比較すると、日本は政教分離が比較的厳しく守られている国ではあります。世界には、完璧に政教分離をしている国はほとんどありません。ただ、それでも、大嘗祭をあまり派手にすると、国家神道を想起させ、内外でイメージが悪くなると思います。

 明仁上皇の退位によって、世界の人々はやっと日本が戦前と戦後で変わったと理解したと思います。それが台無しになりかねません。

【*注:大嘗祭/新天皇が皇位継承した後、その年の新穀を神々に供え、国家・国民の安寧、五穀豊穣を祈念する儀式】

──日本人の間では、昭和天皇の崩御と平成の始まりで戦前と戦後を分けるような感覚がありますが、海外では明仁上皇の退位によって、ようやく日本のイメージが変わったということですか。

ルオフ:海外ではそうです。昭和天皇が亡くなったとき、海外、特にアジアでは、新天皇のことより、“第二次大戦中の天皇”“植民地時代の天皇”が亡くなったと大々的に報道されました。負のイメージが掘り起こされたのです。研究者は別にして、海外の人々は常に日本に興味をもっているわけではなく、ごくたまに報じられる日本のニュースを見て、情報をアップデートするだけです。

 明仁上皇が退位されて、それが海外で報じられ、「平成の天皇は平和主義者だった」「アジアへ慰霊の旅に何度も出かけた」と伝えられて、初めて「日本は平和を重視する国になった」と印象を変えたのです。上皇が退位されたたときにNHKにコメンテータとして出演したんですが、海外からSNSを通じて、「日本が帝国主義ではなく平和主義の国であることがやっとわかった」といったメッセージが届いていました。

 日本人からすると、「戦後70年も経つのに、なぜ天皇・皇后(現上皇・上皇后)はいまだに海外への慰霊の旅に出られたり、平和が大事だと言い続けたりするのか」と不思議だったかもしれませんが、上皇・上皇后は自ら退位したときに海外でどう報じられるのかを意識して、こうした努力を続けてきたと私は考えています。

──そこへ国家神道がまた顔を出すのは、決していいことではないと。

ルオフ:今の日本は国家神道に支配された国ではありませんが、そういう誤解を受けかねません。大嘗祭は、もっと歴史を遡って、昔の形に戻すのも一つの手だと思いますが、神道の儀式である点についてはやはり引っかかりを覚えます。

 日本人のなかには、「神道は宗教ではない、風習や習俗のようなものだ」と言う人もいますが、私はそうは思いません。少なくとも外国人の目から見れば、神道は立派な宗教です。天皇は神官であり、神道の儀式をするのは当然で、それをやめろなどと言うつもりは毛頭ありません。ただ、天皇の宗教的な側面があまり強調されるのは、いいこととは思えません。大嘗祭は毎年やるような儀式ではないので、そんなにうるさく言う必要はないのかもしれませんが、戦後日本に合わせた形にしたほうがいいように思います。

──天皇はあまり宗教色を出さない方がいいですか?

ルオフ:現在の天皇は即位される数年前から、「多様性」という言葉を何度か使い、日本は多様化していると述べられています。おそらく移民が増えているということを念頭に置かれていると思いますが、移民が増えれば宗教も多様化していきます。キリスト教やイスラム教、その他の宗教の人々も入ってきます。

 新天皇は、国民国家の統合の象徴となるために努力されることと思います。上皇や上皇后は、外国人向けに日本語学習などを支援する施設を訪問したことがあったと記憶していますが、新天皇、新皇后も、こうした施設を訪問するなどして、宗教的にも多様な人々が日本の共同体にスムーズに入っていけるように接触の機会を持たれて配慮をされていくのではないでしょうか。

【プロフィール】ケネス・ルオフ Kenneth J. Ruoff/1966年米国生まれ。ハーバード大学卒。コロンビア大学で博士号取得。米国における近現代天皇制研究の第一人者。現在、米オレゴン州のポートランド州立大学教授、同日本研究センター所長。『国民の天皇』(岩波現代文庫)で大佛次郎論壇賞受賞。近著に、『天皇と日本人』(朝日新書)、『Japan’s Imperial House in the Postwar Era, 1945-2019』(ハーバード大学出版局) 、『天皇論「日米激突」』(小林よしのり氏との共著、小学館新書)がる。

関連記事(外部サイト)