世界的上昇の平均気温、100年で3℃上昇 台風直撃にも影響

世界的に平均気温が上昇し台風危惧 森田正光氏「このままでは地球が100年で3℃上昇」

記事まとめ

  • 異常気象は昔は30年に1度位のスパンだったが、今は下手をすれば毎年の様に発生する
  • 世界的に平均気温が上昇しており、グレタ・トゥンベリ氏はCO2削減を迫り話題となった
  • 気温上昇は台風発生に影響、温暖化で東京に接近することも増えており、危惧する声

世界的上昇の平均気温、100年で3℃上昇 台風直撃にも影響

世界的上昇の平均気温、100年で3℃上昇 台風直撃にも影響

水害にあった武蔵小杉(時事通信フォト)

「あえて申し上げるなら合意なき決定だ」。11月1日、来年の東京五輪のマラソン・競歩が札幌で開催されることが決まり、こう声を震わせたのは東京都の小池百合子知事(67才)。突然の開催地変更に批判が集まる一方、「今年の夏は日中に外出できないほど暑かったから仕方がない」「東京で炎天下の中、走ったら死人が出る」と擁護する声も少なくない。

 たしかに、ここ数年の8月は最高気温が35℃を超える日が続き、熱中症による搬送者も増加。2018年には過去最高人数を記録している。

 それだけではない。「殺人猛暑」が収まったあとも、豪雨に洪水、台風と自然災害が続発している。気象予報士の森田正光さんが指摘する。

「昔は異常気象といっても30年に1度くらいのスパンでごく短期間、偶発的に発生するものでした。しかし今は10年に1度どころか、下手すれば毎年のように起きています。先日の台風19号も“今世紀最大”といわれましたが、これから先はこのレベルの台風が頻繁に発生することも充分に考えられます」

 降りやまない雨や台風が多発する中で暮らす日本人を描いた映画『天気の子』(新海誠監督)が大ヒット中だが、このまま異常気象が続いたら、絵空事ではなくなってしまう。一体今、日本列島に何が起きているのか──。

◆100年で気温が3℃上がる

 平均気温の上昇は世界的な現象だ。世界気象機関(WMO)によれば2014年から2019年までの世界の5年平均気温は観測史上最も高くなった。

 要因とされるのは、石炭や石油といった化石燃料を燃やした時に発生する二酸化炭素(CO2)だ。CO2の排出量は過去最高を記録し、9月に米ニューヨークで開かれた国連気候行動サミットでは、スウェーデン出身の16才の環境活動家グレタ・トゥンベリさんが「裏切るなら絶対に許さない!」と先進各国に強い口調でCO2削減を迫り、大きな話題となった。

 森田さんは「このままでは、地球の温度が100年で3℃ほど上がるかもしれません」と警鐘を鳴らす。

「空気の温度が上がるとそれを海水が吸収して、水温も上がり、相乗効果で地球全体の温度が上がります。今の地球はあらゆるところに熱エネルギーがこもっているイメージです。特に高層ビルが立ち並ぶ東京では地表面に熱が蓄積される『ヒートアイランド現象』も発生し、さらに高い気温が維持されます」

 気温の上昇がもたらす大きな災いの1つが台風だ。

「台風は海面の水蒸気をエネルギーにして発達します。温暖化の影響で海水の温度が高くなるほど水蒸気の蒸発が盛んになり、台風が大きく強くなるのです」(森田さん)

 ひと昔前なら台風が発生しても、日本に来る前に消滅するパターンが多かったが、最近は、あれよあれよという間に上陸し、猛威を振るっている。

 自然災害に詳しい武蔵野学院大学特任教授の島村英紀さんが指摘する。

「台風は赤道付近で発生して北上し、通過する海水面が26℃以下なら勢いが減衰します。ところが今は温暖化で海水面が27℃以上になっていることが多く、台風が勢力を維持したまま日本列島に接近するようになりました。加えて以前は首都圏を直撃するケースは少なかったですが、温暖化で高気圧の前線がずれて東京に接近することも増えた。今年9月の台風15号が千葉県の東側を抜けていったのもそのせいで、“台風の東側は雨風が強い”との法則通り、房総半島を中心に大きな被害をもたらしました」

 台風を伴わない豪雨や洪水の影響も深刻だ。気温が上昇して海面の温度が高くなると、海面からの蒸発が盛んになり、大気中に大量の水蒸気が供給される。この水蒸気をたっぷり含んだ雲が近づくと前線の活動が活発化する。実際、気象庁の調査によれば2019年10月の降水量は平年の2倍を記録している。

「日本では50年に1度、1時間に60mmの雨が降ることを前提にして治水対策やダム、堤防を準備してきましたが、近年はその前提を上回る降雨が続発しています。気象がこのように“凶暴化”する時代に50年に1度の想定では甘いかもしれません」(島村さん)

 世界的な異常気象を生むもう1つの要因は、上空を西から東へ吹く偏西風だ。

「偏西風は地球をぐるぐると回って暖気や寒気を運び、地域に季節の変化をもたらします。ところが温暖化で偏西風の動き方が変わったことで、暖気や寒気の流れが変化し、局所的に極端な豪雨や猛暑などをもたらすようになった」(森田さん)

 今年6月にフランス南部で45.9℃をマークするなど、ヨーロッパを襲った記録的な熱波も、偏西風の動きが変わり、アフリカ大陸からヨーロッパに熱い空気が大量に流れ込んだためといわれる。

※女性セブン2019年11月28日号

関連記事(外部サイト)