小泉進次郎、議員宿舎と滝クリ宅の二重生活にルール違反疑惑

小泉進次郎、議員宿舎と滝クリ宅の二重生活にルール違反疑惑

父・純一郎氏のマンションを訪れる小泉進次郎氏

 新婚生活をスタートさせた小泉進次郎・環境相(38才)と滝川クリステル(42才)。2人の住まいが注目を集めている。

 進次郎氏は結婚後の現在も、東京・赤坂の議員宿舎に住んでいる。都心の一等地にあり、地上28階、地下2階という豪華な建物で、家具付きの3LDK。広さは80平方メートルを超える。それでいて家賃は月約13万8000円という安さだ。

「同じエリアにある同レベルの賃貸マンションは月60万円前後が相場なので、議員宿舎は破格の安値です。もちろん、相場の差額を補填しているのは税金です」(政治部記者)

◆滝クリの自宅に警護が必要

 しかしこれだけ優遇された宿舎がありながら、進次郎氏は滝川が独身時代から暮らすマンションに帰っている。議員宿舎には「東京23区内に住居を所有する議員」は入居できないというルールがある。進次郎氏は“二重生活”を送っており、都心に2つも家を持つというのは、国民感情を逆撫でしかねない。実際、過去にはこの問題で大やけどをした議員もいる。

 2013年には、三原じゅん子参議院議員(55才)が、両親を議員宿舎に住まわせながら、自身は都内の高級マンションで暮らしていると報じられ、釈明に追われた。

 2014年には、法務大臣に就任した松島みどり衆議院議員(63才)が、墨田区に自宅があるにもかかわらず、議員宿舎に入居していることが猛批判を浴びた。

 進次郎氏のケースに戻れば、議員宿舎と滝川のマンションは車でわずか10分。となれば、さらに世間から猛批判を浴びる可能性が高い。しかし、衆議院事務局広報課によると本ケースは「違反とは言えない」という。

「確かに議員宿舎には、『東京23区内に住居を所有する議員は入居できない』というルールがあります。しかし、配偶者が所有する住居が23区内にあり、そこに住みながら、議員宿舎にも住居を持つというのは、咎められることではありません」

 滝川が契約者である限り、問題はないということだ。だが、ルールにかかわらず「議員宿舎を出て滝川と住めばいいのではないか」という指摘もある。

「小さな批判がどういう火種になるかわからないということは、進次郎さんが誰よりもわかっているはず。なのに“二重生活”を続けざるを得ないのは、やはり彼女に気を使っているからなのではないでしょうか」(進次郎氏を知る関係者)

 気を使う理由は、大臣警護にある。国務大臣には公務・プライベートを問わず、外出時にはセキュリティーポリス(SP)が付き添い、身辺を警護する。また大臣の自宅前にはポリスボックス(警察の簡易派出所)を設置するケースが多い。

「進次郎さんは注目度が非常に高い大臣であり、厳重に警護すべきVIPです。滝川さんのマンションに定住するならそこにポリスボックスを設置すべきだし、あくまで外泊という認識なら、マンション内でも警護が必要。進次郎さんの身に危険が及んだ場合、警備の責任問題に発展します。警察にとっては頭が痛い問題でしょうし、進次郎さんはもう少し大臣としての自覚を持って行動すべきです」(要人警護に詳しいジャーナリスト)

 進次郎氏が滝川のマンションで暮らすとなると、滝川も手厚い警護下に置かれることになる。

「滝川さんは自由人なので、監視されることを人一倍嫌うんです。例えば、深夜に外出する姿を逐一警察官に見られていたらと思うと嫌なのかもしれません。彼女の気持ちを慮るがゆえに、進次郎さんはスキャンダルにも発展しかねない“危険”な生活を送っているのではないかと訝る声もあがっています」(前出・進次郎氏を知る関係者)

 新大臣はこの“いびつ”な新婚生活をどう考えているのか。進次郎氏の事務所に二重生活と警護に関する質問書を送ったが、期日までに回答はなかった。

 冒頭の翌日、進次郎氏と滝川はSPと思しき男性らと、進次郎氏の父・小泉純一郎元首相が住む都内のマンションを訪れた。

「純一郎さんもお腹の赤ちゃんが男の子と聞いて、大喜びしています。『クリスタルちゃん、よくやった』と、周囲にもデレデレ。純一郎さんからすればそれだけでも“嫁としての大任は果たした”という感じなんでしょう。ただ、進次郎さんの今後がやっぱり心配でなりません」(前出・進次郎氏を知る関係者)

 1時間ほど過ごした後、ふたりは滝川のマンションにそろって帰宅すると、この日もそこでSPらしき男性は帰っていった。

 国民感情を逆撫でする“ルール違反”と“気を使う妻”。進次郎氏にとって気が気でない日は続きそうだ。

※女性セブン2019年11月28日号

関連記事(外部サイト)