変動する気候 日本の四季から「秋」がなくなり“梅雨”に?

気候変動で日本の「秋」がなくなる可能性も 気象予報士は「梅雨」の四季入りも指摘

記事まとめ

  • 世界気象機関によると2014年から2019年までの世界の5年平均気温は観測史上最高に
  • 武蔵野学院大学特任教授の島村英紀氏は「このままだと、秋がなくなってしまう」と指摘
  • 気象予報士の森田正光氏は四季の中に「梅雨」が誕生する可能性すらあると指摘した

変動する気候 日本の四季から「秋」がなくなり“梅雨”に?

変動する気候 日本の四季から「秋」がなくなり“梅雨”に?

温暖化で日本の伝統料理が食べられなくなる!?

 猛暑と台風に見舞われる夏が終わったかと思ったら、札幌で初雪が観測され、すでに冬が訪れつつある。もはや暑いか寒いかの二択になってしまったかのようだ。

 世界気象機関(WMO)によれば2014年から2019年までの世界の5年平均気温は観測史上最も高くなった。気温の上昇の影響を受けて、台風は以前より大きく強くなる傾向があり、勢力を維持したまま日本列島に接近するようになった。

 また、気温が上昇して海面の温度が高くなると、海面からの蒸発が盛んになり、大気中に大量の水蒸気が供給される。この水蒸気をたっぷり含んだ雲が近づくと前線の活動が活発化、雨量も増加する。実際、気象庁の調査によれば2019年10月の降水量は平年の2倍を記録している。

 こういった状態が続けば日本の美しい自然が彩る「四季」がなくなると、自然災害に詳しい武蔵野学院大学特任教授の島村英紀さんが指摘する。

「このままだと、がなくなってしまう。ある意味“夏の終わりの風物詩”とされていた台風が、今は10月末になっても日本に接近して猛威を振るう。その時期は雨が降り続くので、秋晴れや紅葉を楽しむことが難しくなっている。暑くて長い夏が終わったら急に冬が来る。桜の開花もどんどん早まっており、運動会も春に開催されることが多くなってきた。日本人の季節感はずいぶん変わっていきそうです」(島村さん)

 気象予報士の森田正光さんは四季の中に「梅雨」が誕生する可能性すらあるという。今年の梅雨の時期は、東京都心で33日連続の降水や、19日連続で日照時間が3時間未満を記録し、いずれも過去最長だった。

「夏の期間が延び、降水量も増えているというのがその理由です。もし北海道にも梅雨が定着すれば、季節の1つになってしまう日も来るかもしれない」(森田さん)

◆寿司が消える日がやってくる!?

 気候変動による被害は私たちの生活をも蝕んでいる。

 まず挙げられるのは、食卓の変化だ。天候不順が野菜の高騰をもたらすのはもちろんのこと、魚介類への打撃も大きい。

「海水の温度は海の生態系に大きな影響を及ぼします。そのため日本近海で魚が捕りにくくなるかもしれません」(森田さん)

 東京大学大気海洋研究所教授の伊藤進一さんの研究によれば、水温上昇に伴って生息地が北へ追いやられ、国産の鮭、イクラ、しゃこは2050年までに消滅するという。そのうえ水温上昇による生理障害や海藻類の消滅などであわび、帆立、うにが食べられなくなる可能性があるとすらいわれているのだ。

 加えて、ただでさえ低い日本の食料自給率がさらに低下することも予測される。すでに米ネブラスカ州やオクラホマ州では、長期にわたる寒波の停滞で春の到来が遅れ、種まきができなかった影響でトウモロコシや大豆などの発育に被害が出るとの報告がある。

「日本国内でも温暖化の影響で二毛作ができなくなったり、野菜の取れ高が変わったりするなどの影響が予測されます」(島村さん)

※女性セブン2019年11月28日号

関連記事(外部サイト)