校則全廃校長、荒れた学校で「怒鳴る教員」をどう変えたか

校則全廃校長、荒れた学校で「怒鳴る教員」をどう変えたか

1日1回は校内を回るのが校長・西郷さんの日課。生徒の些細な変化にも気づきやすくなるという

 東京都世田谷区立桜丘中学校では、校則の全廃による服装や髪形の自由化のほか、チャイムは鳴らず、何時に登校してもいい。今年度から定期テストも廃止され、代わりに10点ないし20点の小テストを積み重ねる形式に切り替えられた。スマートフォン(スマホ)やタブレットの持ち込みが許可され、授業中も教室外での自習が認められている──これら画期的な学校改革は大きな注目を集め、新聞や雑誌、テレビでも取り上げられてきた。

 校長の西郷孝彦さん(65才)の初となる著書『校則なくした中学校 たったひとつの校長ルール』には「子育ての参考になった」「こんな先生に教わっていたら、人生が変わっていたかもしれない」などと、大きな反響が寄せられている。

◆生徒を怒号と力でねじ伏せる

 西郷さんがいくつかの異動を経て、桜丘中学校に校長として赴任したのは、2010年のことだった。

「当時の桜丘中学校はどこにでもあるごく普通の学校でしたが、一方でよい評判を聞くこともなかった。引き継ぎの日に、前任者から“大変だろうけど、まあ、あとは自由にやりなさい”と言われたのですが、その理由がすぐにわかりました。朝礼を見れば一目瞭然です」(西郷さん・以下同)

「黙れー!」「そこ、早く並べ!」「後ろを向くな!」──西郷さんが朝礼台に立っても、教員たちの怒鳴り声はやまない。

「生徒を力で押さえつけて秩序を保とうとしていたのです」

 修学旅行でも同じ光景が繰り広げられた。一般の旅行客であふれかえる京都駅の構内に「並べ!」「黙れ!」と教員の怒声が響く。驚いて振り返る人もいた。

「客観的に見れば、列を乱している生徒よりも、怒鳴っている教員たちの方が、よっぽど周囲の迷惑になっています。生徒を怒鳴り散らすことが当たり前になってしまい、それさえも気づかなくなっていた。

 怒鳴っている方も、もちろん気持ちのいいものではありません。怒鳴る教員も怒鳴られている生徒も、どちらにもマイナスでしかありません」

 怒鳴り声をあげないためには、一体どうしたらいいか。まず取り組んだのが、朝礼の見直しだった。

「そもそも教員も生徒も、ルール遵守が絶対と考えています。いずれ社会に出たら社会のルールを守らなければいけない。であれば、学校でもルールを守ることが大事だというのが、多くの日本の学校の理屈です」

 朝礼も“一糸乱れず整列し、校長の話をありがたく聞かなければいけない”という暗黙のルールに縛られていた。

「そのルールを取り除いてしまったらどうだろう──発想の転換です。生徒が騒ぐとすれば校長の話がつまらないせいで、面白ければきっと耳を傾けるはずです。そこで私は、生徒が思わず聞き入るような、とっておきの面白い話を準備するように心がけました」

 朝礼が騒がしくなるのなら、それは興味を持てない自分の話に責任がある。だから生徒が騒ぎ出しても絶対に怒鳴らないようにと、教員には根気強く説き続けた。もちろん、朝礼で騒いでいいと言っているわけではない。

「授業も同じです。教員には、“なぜ生徒が自分の授業を聞かないのか”、それは自分の教え方に問題があるのではないかと考えてほしい。同時に生徒には、叱られるから騒いではいけないのではなく、どうして騒いではいけないのか、自分で考えてほしいのです」

 西郷さんが校長に就任した当時の新入生が卒業する頃には、学校を落ち着いた雰囲気が包むようになっていた。

 この朝礼の見直しを契機に、理不尽で意味のない校則の一つひとつを見直し、2016年、ついには全廃した。

撮影/浅野剛

※女性セブン2019年11月28日号

関連記事(外部サイト)