令和皇室の難題 突きつけられた秋篠宮“即位辞退”の現実味

令和皇室の難題 突きつけられた秋篠宮“即位辞退”の現実味

天皇陛下のパレードは終わったが…(写真/JMPA)

 新天皇即位の祝賀ムードに日本中が沸いたが、令和の皇室がいくつかの難題に直面していることもまた事実だ。その中心にいるのが、現行の皇室典範のもとで初めてとなる状況に向き合っている「秋篠宮家」だ──。

 新天皇の即位に伴う重要な祭祀「大嘗祭」を終えた後も、皇位継承に関連する行事は続く。

 11月下旬からは天皇皇后が伊勢神宮参拝や歴代天皇陵を拝礼する「親謁の儀」が始まり、京都御所での茶会なども行なわれる。

 その一連の儀式の“区切り”となるのが、来年4月19日に控えている「立皇嗣(りっこうし)の礼」だ。秋篠宮が皇位継承順位第1位の「皇嗣」となったことを国内外に示す儀式である。

「天皇の直系男子が皇位継承順位第1位となる場合は、『皇太子』となりますが、秋篠宮さまは“天皇の弟”なので『皇嗣』となる。『皇太子』が空位だったのは、昭和天皇が即位されてから、1933年12月に現上皇が誕生されるまでの約7年間以来で、およそ86年ぶりに生じた状況です。戦後に定められた現行の皇室典範のもとでは初めてのこととなります」(皇室ジャーナリスト)

◆70代半ばで即位できるのか

 その秋篠宮の“即位辞退”発言が報じられたのは、新天皇が即位する直前、今年4月のことだった。

 朝日新聞が朝刊一面に〈退位「一代限り」への問い〉と題した記事を掲載(4月21日付)。そこでは、2017年6月に現上皇の生前退位を実現する特例法が成立した後、秋篠宮が周囲の関係者に対して、〈兄が80歳のとき、私は70代半ば。それからはできないです〉と、高齢で即位することの難しさを語ったと報じられた。宮内庁関係者がいう。

「秋篠宮さまの真意まではわかりませんが、“兄から弟への皇位継承”となる場合、現行の皇室典範のもとでは前例のない難題が生じるのは事実です。今回の即位礼正殿の儀から大嘗祭までの皇位継承関連の儀式を見ても、相当な体力が必要なのは明らかで、それだけでも70代半ばのようなご高齢での即位に伴う困難だといえるでしょう。もちろん、即位してからの天皇としての多忙なご公務に支障が生じないかも心配される。そうしたことを考えて、秋篠宮さまが“次の天皇”は若い世代である長男の悠仁さまに、というお考えがあってもおかしくない」

 ただし、そうなれば皇位継承順位を飛ばすことになる。現行の皇室典範では、“即位辞退”は不可能だ。

 一方で、今回は高齢を理由とした生前退位が特例法によって実現している。前述の朝日新聞記事でも、それにより〈タブー視されてきた「即位辞退」の可否もが議論の俎上にのぼり出した〉としている。

「実際、今年2月に野党が国会審議で『皇嗣の地位にある皇族が継承を望まないという意思表明をした場合、どうするのか』と質問している。この時は、宮内庁が『仮定を前提にした質問には答えられない』と応じたが、その後に朝日の一面記事が出て、官邸や宮内庁に対して、改めて“即位辞退”の現実味が突きつけられた格好です」(同前)

 秋篠宮の発言を巡る報道が波紋を広げる一方で、こうしたかたちで議論が喚起されることへの懸念の声もある。國學院大學名誉教授の大原康男氏はこういう。

「皇位継承については、皇族方の個人的なお考えだけをもとに議論を進めるべきものではありません。宮内庁を所管する責任を持った立場にある政府が、有識者の意見を聞きつつ、皇位継承者の安定的確保を考えていく。そこで出た結論に対して、皇族方にご協力いただくということでしょう」

 憲法4条は天皇の政治関与を禁じており、皇族もそれに準じると解されている。その意味では、「高齢を理由とした退位、即位辞退」などはあくまで政府が検討・決定すべき事項という理屈になる。

 ただ、秋篠宮は昨年11月、53歳の誕生日を前にした記者会見で、大嘗祭について「国費で賄うことが適当かどうか」と発言し、宮内庁長官がその問題提起に「聞く耳を持たなかった」と明かすなど、政治色を帯びた異例の発言をしてきた。それだけに、皇嗣の立場でどのような言動があるか、関係者が注視している。

※週刊ポスト2019年11月29日号

関連記事(外部サイト)