東大卒少ない安倍政権 入試制度改革への期待も高まるが…

東大卒少ない安倍政権 入試制度改革への期待も高まるが…

安倍首相は成蹊大学出身(時事通信フォト)

 現在の安倍政権は“反東大内閣”と呼ばれることもある。過去の自民党政権に比べて、東大出身の大臣が極端に少ないからだ。小渕内閣(7人)や第1次小泉内閣(6人)など、平均6〜7人の東大出身者を擁してきた歴代自民党政権において、安倍内閣も第1次政権では7人の東大出身者を揃えた。ところが再登板後の第2次政権では発足時に4人(+東大大学院1人)、今回の改造内閣ではついに3人にまで減少している。

 政権中枢の政治家を見ても、安倍晋三・首相は小学校からエスカレーターで成蹊大を卒業、麻生太郎・副総理は初等科から大学まで学習院だ。対照的に菅義偉・官房長官は高校卒業後に段ボール工場で2年間働いた後、国立大学の受験に落ちて法政大学に入学している。政治ジャーナリスト・野上忠興氏が指摘する。

「安倍家は祖父の岸信介氏も父の晋太郎さんも東大法学部出身。安倍さんは高校時代に晋太郎さんから“東大に行け”と分厚い辞書で頭を叩かれながら勉強を強いられ、それに反発した。そうしたこともあって、東大出身者とエリート官僚が嫌い。麻生副総理や菅官房長官も東大ではなく、政権として東大出身者主導の政治に対するルサンチマンがあると思う。内閣人事局をつくって官邸が官僚トップの人事権を握り、非東大の政治家が東大出身の官僚の上に立つという仕組みをつくったのもその現われでしょう」

“反東大”政権が力を入れたのが「学制改革」だ。

「偏差値中心の単線型の教育を改め、複線化した、多様な価値を求めていくことができる学校制度に根本的に改めていく」

 安倍首相はそう表明し、第2次安倍内閣が発足すると、菅官房長官や当時の下村博文・文科相をメンバーに教育再生実行会議を設置して小学校の英語教育義務化や大学受験改革など「世界トップレベルの学力」をめざす改革に着手した。改革レールを敷いた下村元文科相はこう語っていた。

「日本は高学歴社会と思っていたら、気がつけば低学歴国となっていた」

 もちろん、内閣の顔触れのことではないはずだ。教育評論家の森口朗氏は安倍政権に期待する。

「日本の学歴の頂点は東大だが、難しい試験というのはクリエイティビティの必要性がなく、ひたすら真似る、問題を処理することを求められる。そうした受験エリートが日本を引っぱってそこそこうまくいったのは昭和まで。安倍内閣は東大卒が少ない。だからこそ問題意識を持ち、入試制度改革に手をつけることができたのだと思う」

 しかし、大学入試改革の肝であった英語民間試験については、東大が早々に「必須としない」と表明したことで迷走が始まった。そして萩生田光一文科相の「身の丈」発言で改革は大きく後退を余儀なくされた。

 その萩生田氏は、受験では1浪して明治大学に進学した。萩生田氏自身が講演でこう語っていたという。〈「普通に真面目にやっていればそのまま早稲田大学に行けたんですけど、停学を2回受けちゃいまして、大学の推薦を受けられず、1年間、浪人して明治大学に進みました」〉(『週刊新潮』15年11月5日号)

 失敗や挫折は人間を成長させ、コンプレックスは努力の糧となる。本来であれば、受験の成功体験しか知らない東大出身エリート官僚より、安倍首相や萩生田氏のような“非受験エリート”政治家のほうがより国民に寄り添う政治ができるともいえる。

 ところが、いまの安倍政権の政治家はつかんだ権力に驕り、国民の批判にさえ鈍感になっている。だから不祥事が次々に起きる。それが国民には情けないのである。

※週刊ポスト2019年11月29日号

関連記事(外部サイト)