校則全廃中学、「スマホ解禁」への批判は外部からきた

校則全廃中学、「スマホ解禁」への批判は外部からきた

1日1回は校内を回るのが校長・西郷さんの日課。生徒の些細な変化にも気づきやすくなるという

 東京都世田谷区立桜丘中学校では、校則の全廃による服装や髪形の自由化のほか、チャイムは鳴らず、何時に登校してもいい。今年度から定期テストも廃止され、代わりに10点ないし20点の小テストを積み重ねる形式に切り替えられた。スマートフォン(スマホ)やタブレットの持ち込みが許可され、授業中も教室外での自習が認められている──これら画期的な学校改革は大きな注目を集め、新聞や雑誌、テレビでも取り上げられてきた。

 校長の西郷孝彦さん(65才)の初となる著書『校則なくした中学校 たったひとつの校長ルール』には「子育ての参考になった」「こんな先生に教わっていたら、人生が変わっていたかもしれない」などと、大きな反響が寄せられている。

◆外部からのスマホ解禁への非難

 識字障害のある生徒への配慮から、段階を経てスマホやタブレットの持ち込みを解禁し、2018年に全面解禁したが、それについての批判的な意見は、おもに保護者以外の外部の大人から寄せられることが多い。「ネットでトラブルを起こすのではないか」「授業そっちのけでゲームに夢中になる」というのが、意見の大半だ。実際はどうなのだろうか。

「学校がスマホの持ち込みを禁止していた当時、“禁止しているのだから子どもはスマホを使っていない”というのが建前で、スマホで問題を起こすのは、“持たせる家庭の問題”という考えでした。つまり学校側は積極的にSNSやネットが招く危険を、生徒に教えようとしなかったのです」

 しかし実際には、解禁前から多くの生徒がスマホやタブレットを持っており、うっかり個人情報をネット上でさらしてしまったり、LINEグループで悪口を言い合って、いじめに発展することもあった。

「トラブルのほとんどは、知識不足からくるもの。ですから、スマホを解禁すると同時に専門家を呼び、毎年ネットリテラシー講座を開き、SNSを扱う上での注意点などを話してもらいました。すると生徒らはスマホを慎重に扱うようになっていき、トラブルもなくなっていきました」

 もちろんスマホを解禁した以上、校長や教員は積極的に生徒が発信するSNSに目を通している。見守りの意味もあるが、それがコミュニケーションにもなっている。

 生徒の方から教員をLINEグループに招待することが少なくない。コソコソと隠れて使う必要がなくなったことで、子どもたちは堂々と教員の目の届くところで発信するようになったのだ。

「使い方さえ注意すれば、スマホは小型のコンピューターですから、プログラミングやコミュニケーションの習得につながります。また、学習アプリを駆使して、英語の言い回しや難解な数学の問題にチャレンジする生徒もたくさんいます」

 スマホに夢中になって、授業を聞かないケースはどうだろう。

「もちろん、皆無というわけではありません。授業を聞かない原因は2つあります。1つは、いつかの朝礼と同じく(かつて同校の朝礼はつまらず、生徒が聞かない傾向があった)、授業がつまらないからです。居眠りするのも同様で、教員は眠ったりスマホをいじったりするより、思わず聞きたくなるような面白い授業をするべきです」

 工夫がなく、ただ垂れ流すような授業をするべきではないということだろう。

 実際、これまで何十回と同校を訪れている保護者は、「スマホに夢中になって授業を聞かない生徒をほとんど見たことがない」と言う。この学校では、教員が一方的に話して生徒が黙って聞くというような授業ではなく、生徒とコミュニケーションをとったり、図表を使ったり実験形式だったりと参加型の授業が多いことに驚かされる。

 それでもスマホに夢中になる生徒がいる場合、もう1つの原因は、1年生に見られる“試し行動”の場合だ。

「小学校の6年間、教員からの指示待ちが当たり前だった環境から、桜丘中学校に入った途端、すべてが一変します。校則なし、スマホOK、授業中は寝てもいいし、何時に登校してもいいと言われる。すると、“どうせ怒るに違いない”とか、“先生は、いったいどこまで受け止めてくれるのだろう”と、あえて困らせるような行動をとります。

 それは、幼少期に親の愛情を確かめるために見られる行動と同じです。スマホをいじるだけでなく、大声で授業を邪魔したりマンガを読んだりするのも、その1つです」

 毎年、学校見学に来て1年生の授業を見学した人は、「桜丘中はこんなに荒れてるんですか!?」と質問してくることが少なくないという。

 しかし、校長や教員たちは動じない。試し行動をするこの1年生も、2年生に上がり夏休みになる頃には、しっかり落ち着いてくるからだ。

「もちろん、子どもたちをすぐおとなしくさせようと、最初にガツンと雷を落とせば簡単です。しかしそれは力によるねじ伏せにすぎず、そこに生徒との信頼関係は育まれません。これを繰り返せば、判断基準はいつも教員になり、生徒が自分で考えることをやめ、善悪の判断をつけられなくなってしまいます」

 だからこそ桜丘中学校では、自由に考え、行動することが保障された環境下で、子どもたちが自ら気づき、変わっていくのを、じっと待つ。

「哲学者で教育者のルドルフ・シュタイナーが言っていたように、生まれながらに子どもたちには“よく生きよう”という意思が脳にプログラムされている。ただし、このプログラムを発動させるには、安心して自らを表現できるような環境が必要です。それは、自分はこんなことをしたい、こんなことが好きだと素直に言える環境です。

 1年生の試し行動の期間は、そうした環境づくりに必要な大切な時間です。生徒と教員が互いに理解を深め、そこで信頼関係が築けると、生徒たちは見違えるように変化していきます。荒れたように見えた子どもたちが自ら考え、進んで勉強に取り組み、目標に向かってがんばるのです」

撮影/浅野剛

※女性セブン2019年11月28日号

関連記事(外部サイト)