京アニ放火犯の「最先端治療費1000万円」は誰が払うのか

【京都アニメーション放火事件】青葉真司容疑者の1000万円治療費は税金から支出か

記事まとめ

  • 京都アニメーションの放火事件で青葉真司容疑者の事情聴取が、11月8日に始まった
  • 「皮膚移植など高度な治療が行なわれ1000万円近い治療費が発生している」と記者
  • 青葉容疑者は無職と報道されているため、治療費は税金から支出される可能性が高いとも

京アニ放火犯の「最先端治療費1000万円」は誰が払うのか

京アニ放火犯の「最先端治療費1000万円」は誰が払うのか

小学校6年生の頃の青葉真司容疑者

 36人が死亡した京都アニメーション(京都市伏見区)の放火事件から4か月あまり。全身火傷の治療で大阪府狭山市内の大学病院に入院していた青葉真司容疑者の事情聴取が、11月8日に始まった。

「一番多くの人が働く第1スタジオを狙った」「どうせ死刑になる」。そう供述しているという青葉容疑者に対し、府警は回復を待って逮捕、取り調べを本格化する方針だ。

 事件直後から意識不明状態が続いていた青葉容疑者は、当初入院していた京都市内の病院から大学病院に転院し、最先端の治療を受けていた(11月14日、京都市内の病院に再転院)。

「大量の輸血、皮膚移植など、高度な集中治療が行なわれてきた。入院費を合わせると1000万円近い治療費が発生しているといわれている」(全国紙記者)

 気になるのは、この治療費は誰が払うのかということ。北村法律事務所の北村明美弁護士が解説する。

「逮捕、勾留後の治療であれば警察、つまり税金で払われますが、逮捕状が出ているだけの段階だと容疑者に支払い義務が生じる。ただ、これは『容疑者に支払い能力がある場合』のみ。なければやはり税金です。青葉容疑者は無職と報道されていますから、支払い能力があるとは考えにくい。よって税金から支出される可能性が高いでしょう」

 仮に青葉容疑者に支払い能力があった場合、自己負担限度額以上の金額が払い戻される『高額療養費制度』などの制度は使えるのか。

「原則として、なんらかの健康保険に加入している人が使用できる制度は、容疑者でも使うことが可能です」(北村弁護士)

 もし治療費が青葉容疑者に請求されても、高額療養費制度が使えれば、自己負担額は月あたり数万円程度になる。「死刑になる」と自ら口にする犯罪者にも優しい日本の医療保険制度に、割り切れない思いを抱く人は少なくないかもしれない。

※週刊ポスト2019年11月29日号

関連記事(外部サイト)