校則全廃中学 増えたのは「議論」、生徒の判断力養われる

校則全廃中学 増えたのは「議論」、生徒の判断力養われる

1日1回は、学校を巡回する西郷さん。気がかりな生徒がいる場合は、教室に入って声をかけることもある(撮影/浅野剛)

 力で締め付ける学校教育は、ゆとり教育時代を経て緩和されてきたかに思えた。ところが昨今の「ブラック校則」という言葉が示すとおり、子どもたちは理不尽な掟に人権を侵され、自分で考える気力をも奪われている。そんな中、“脱ブラック”へと大きく舵を切った教育現場がある。

 11月18日、東京・世田谷区内の公立中学校が、各校のホームページで校則の公開をスタートさせた。こうした義務教育下での校則の一斉公開は、日本で初めての試みともいわれ、まさに画期的だ。昨今、「ブラック校則」という言葉が取り沙汰され、毎日のように世間を賑わしている。きっかけは2017年、大阪府の女子高生が生まれつき茶色い毛髪を黒染めするよう強要されて不登校に追い込まれ、府を提訴したことだった。校則問題に詳しい教育社会学が専門の名古屋大学大学院准教授・内田良さんが話す。

「この事件以降、あらためて全国の中学・高校で校則について調査してみると、地毛証明書が必要な学校が6〜7割もある都道府県があるほか、帰宅後のことにもかかわらず外泊を禁止したりと、明らかに人権を侵害するようなものがありました。下着の色まで指定する学校も複数あり、ブラック校則は、子どもたちの選択権や自由に考える機会を奪っています」

 今年8月には評論家の荻上チキさんらが参加する『ブラック校則をなくそう! プロジェクト』が、現状の調査を求める要望書と6万人超の署名を文部科学省に提出。また、2018年の大阪府立高校の校則公開に続き、今年10月には岐阜県の教育委員会が、人権侵害の恐れのある校則が、9割を超える県立高校にあったと発表。移行期間を経て、来年度までにこれらを廃止するとした。校則の公開は、ブラック校則を抑制する意味で、非常に意義深いと内田さんは言う。

「ブラック校則を報道で取り上げる機会が多いものの、実際の教育現場では、見直しに向けた動きが鈍いのが現状です。というのも、学校はある種の治外法権的側面がある。公開することで市民の目に触れ、理不尽なものが淘汰されていくことにつながるでしょう」

 世田谷区議会で校則の公開について取り上げられたのは今年6月。「セーターはOKでもカーディガンはNG」「学年ごとに使えるトイレを指定」「給食中の牛乳はしっかり飲む」──これまで同区立中学校の多くに、なぜ明文化されているのかと首を傾げたくなるような校則があった。教育委員会は各校に校則の見直しを要請。精選、削除を経て公開に至った。

◆“中学生らしい”という曖昧な表現

 では、2016年に校則を全廃した世田谷区立桜丘中学校では、どのようにして校則をなくしていったのだろうか。著書『校則なくした中学校 たったひとつの校長ルール』が話題を集めている現校長の西郷孝彦さん(65才)に話を聞いた。西郷さんが桜丘中学校に赴任したのは2010年のこと。女子生徒が紺色の靴下を履いてきて、生活指導主任の教員に注意されるのを目撃したことがあった。確かに校則には《靴下の色は白とする》とある。なぜ白なのか、その教員に理由を問うと、「汚れてもすぐわかって清潔だから」と言う。またある時、別の生徒が白いセーターを羽織ってきた。校則には《セーターの色は紺とする》とあり、また生活指導主任の教員は生徒を注意していた。この2つの出来事に、西郷さんは違和感を覚えた。

「“清潔だから白”というのなら、セーターも白でなければ理屈が合いません。なのにセーターは、“あまり派手にならないようにという理由で、紺と決めている”という。そもそも白は派手なのかと疑問を感じました」(西郷さん・以下同)

 派手にならないためというのであれば、黒でもグレーでもいいはずだ。しかし、《セーターの色は紺》という校則があるため、教員は別の色のセーターを着た生徒を、注意せざるを得ないという矛盾が生じていた。やがて生徒から、「黒やグレーのセーターを認めてほしい」という要望が上がった。教員が論理的に校則の必要性を説明できない以上、認めない理由はどこにもなかった。靴下の色指定も見直された。すると今度は、黄色いセーターを着てきた生徒がいた。生活指導主任の教員は、すかさず生徒を呼び出し注意する。

「派手な色はダメだ。中学生らしくない」

 今度はこの言葉に、西郷さんは引っかかった。

「派手とは何か。中学生らしさとは何か。生活指導主任に尋ねてみましたが、やはり明確な答えは返ってきません。そもそも、“地味な中学生”とは、“中学生らしい”のでしょうか。この年代の子たちは、他者の視線を意識し始める年齢です。かっこよくありたい、おしゃれをしたい、というのは、極めて普通の感覚です。むしろ、“地味な中学生”の方が自分を抑圧していて、“派手な中学生”の方が自然に自分を出そうとしているのではないか。そう考えると、見た目が派手な中学生の方が“中学生らしい”という結論を導き出すこともできます」

 やがて教員同士も議論を始めた。「校則に書いてあるから」ではなく、何が生徒にとって本当に有益かを考えると、靴下やセーターの校則に裏付けとなる理屈がないことに気づいていく。もはやこれら服装に関する校則を残しておく意味すら見当たらなくなった。こうしてセーターの色は、「紺」から「紺、黒、グレー」へ、そして「自由」へと変わっていった。

◆“校則が生徒の登校を阻む”という矛盾

 ある時、こだわりが強く、毎日同じトレーナーを着ないと通学できない生徒が入学してきた。またある時、晴れた日でも長靴でないと学校に来られない生徒もやってきた。室内でも帽子を脱ぎたがらない生徒もいた。校則で制服着用が義務付けられていると、彼らはトレーナーを脱がなければならないし、長靴も帽子も許されない。それはつまり、校則や制服が、生徒の登校を阻んでいるのと同じことだ。学校の秩序を厳守するより、問題を抱える一人ひとりの子どもに寄り添うべきではないか──。西郷さんに迷いはなかった。

「好きなトレーナーを着てきていいよ」「長靴でもいいんだよ」「帽子、授業中にかぶっていてもいいよ」

 不登校気味だった彼らは、学校に来るようになった。面白いことに3人とも、あれほどこだわっていたアイテムを身につけることがなくなっていった。

「もしかしたら、それまでは何か大きな不安を抱えていて、こだわりのアイテムが心の支えになっていたのではないでしょうか。“長靴で登校していいよ”と言われたことは、“この学校にいていいんだよ”と言われたことと同じ意味を持っていたのかもしれません。不安がなくなったことで、もう身を守るアイテムが必要なくなったのでしょう」

 こうした段階的な見直しを経て、桜丘中学校では2016年に校則を全廃した。それと反比例して、急に増えたことがある。それは「議論」だ。校則があれば、生徒に注意するにしても、教員は「校則にあるから」と言えば済んだ。しかし今では、教員は生徒に対して、なぜそれがダメなのか、一つひとつをきちんと伝える必要がある。生徒も疑問があれば反論すべきで、なぜそうなのかと教員にぶつけ、とことん議論すればいいと西郷さんは言う。

「よく、“校則という規範がないと、教員によって言うことが違ってくるのではないか”という意見もあります。でも、それでいい。それこそまさに、“社会”なのですから。社会では、人によって価値観や考え方が違うことは当たり前です。ではどうするのか。それは、どちらの意見が正しいと思うのか、自分で判断すればいいのです」

 校則というマニュアルに依存することで、教員や生徒自身の判断力を失う。「マニュアルがあるのだから、言われたとおりに従えばいい」と思っているから、例えば時の権力者が「これしか手がない」と断言したら、そういうものかと無批判に信じてしまう。

「正しく生きるため、正しい社会にするためには、日頃から自分で考え、判断力を養うしかありません。これこそが、未来を見通せない社会を生きていくための資質を育てる一歩です」

◆校則がないと理不尽な社会でやっていけなくなる

 校則全廃については、こんな世間の声をよく耳にする。「社会のルールがわからない子どもになるのではないか」「世の中には理不尽なことは多々ある。校則がない学校で育った生徒は、高校や社会に出たら、つまずいてしまう」

 前出・内田さんは、こうした考え方自体を見直すべきだと話す。

「“社会に出たら理不尽が待っているんだから、理不尽な校則を守ることに慣れろ”というのでは、進歩がない。理不尽な社会なら、そんな状況を変える人材を育てることこそが教育です」(内田さん)

 こうした声の裏には、“校則がない=協調性がなく、自分勝手な振る舞いをする生徒になる”という先入観があるのだろう。だが、同校を複数回取材で訪れたというあるジャーナリストが言う。

「初めて桜丘中学校に行った日、すれ違いざまに、次から次へと生徒の方から挨拶してくれたことに驚きました。しかもはつらつとしていて、言わされている感がない。質問があって声をかけると、目を見て丁寧に答えてくれます。最初は“意外に礼儀に関する指導は行き届いているのだな”と思ったのですが、そのうちそれが自主的なものだと気づきました。ここの生徒は、校則がなく自分たちに判断を委ねられていることに誇りを感じている。だからこそ、挨拶するのは当然と自分で判断し、実行できるのだと思います」

 実はこのジャーナリストも、校則がないことで服装が乱れていたり、はっちゃけた生徒が多いだろうと思っていたそうだ。だが、期待はいい意味で裏切られた。

「西郷校長はよく、子どもにはあらかじめ“よく生きようというプログラム”がインプットされていて、教員はそれがうまく発動されるように、環境を整えたり、後押しするのが役割だと話していますが、校則や制服がないという取り組みも、もしかしたら“自分で考えてよりよい行動をとる”という環境づくりになっているのではないでしょうか」(ジャーナリスト)

 親はどう感じているのか。高校生になる長女が同校を卒業したある母親が言う。

「“卒業したら、社会とギャップがあって大変でしょう”としょっちゅう聞かれますが、まったく心配するようなことはありません。まわりと話し合って物事を進める中学校生活を送るうちに、コミュ力(コミュニケーション能力)が磨かれるのでしょう、新しい環境でも適応能力が高いんです。長女は今、制服も校則もある高校に通っていますが、違和感なく、すぐなじみました」

 ほかの保護者ともよくこの手の話になるそうだが、「いつも同様の結論になる」という。徐々に校則が減っていき、全廃されていく過渡期に兄弟で在籍していた、高校2年生の生徒がこう話してくれた。

「決して勉強が得意ではなかったぼくに、この中学校はいろんな生き方があると教えてくれました。西郷校長が朝礼でしてくれた、今も忘れられない話があります。“もし、自分で好きな色鉛筆を12色選んでケースに詰められたとしたら、どんな組み合わせにするか”という内容でした。黒1色で統一するのもいいし、カラフルな色をそろえるのもいいって。ぼくはこれからの人生で、自分でいろんな色をそろえていけばいいんだと気づかせてくれました」

 中学時代に朝礼で聞いた校長の話を覚えている人が、どれほどいるだろう。この少年は今、色鉛筆の話を胸に、難関といわれる芸術大学を目指して研鑽を積んでいる。現在、桜丘中学校のホームページには校則とは別の、「3つの心得」が掲載されている。

《礼儀を大切にする》《出会いを大切にする》《自分を大切にする》

 校則全廃が決まった時、これからの桜丘中学校の拠りどころになるものをと、誰より校則厳守に厳しかった、あの生活指導主任の教員が考え抜いて原案を書いたという。桜丘中学校の生徒手帳に、変わらず今も刻まれている。

※女性セブン2019年12月5・12日号

関連記事(外部サイト)