はんこ大臣ほか、官僚からの評価が低い現役大臣たちの実名

はんこ大臣ほか、官僚からの評価が低い現役大臣たちの実名

橋本聖子・五輪相(時事通信フォト)

「稀に見る“反東大”内閣」ともいわれる安倍政権のお歴々に“敵視”されている高学歴のエリート官僚たちは、実績も能力も足りないのに入閣した大臣たちをひそかに採点し、見下しているという。元経産官僚の古賀茂明氏が語る。

「大臣の人選は当選回数が一つの目安になるから、官僚は入閣適齢期の大臣候補について日頃の付き合いや他省庁の評判を聞いて、大体把握している。閣僚名簿が発表されたときには“うちの新任の大臣の力量はこんなもの”とわかっている」

 就任2か月足らずで辞任した菅原一秀・前経産相と河井克行・前法相は、就任直後から省内で「秘書へのパワハラは有名。内部告発で任期を全うできないのでは」と不安視されていたが、“予言”通りになった。

 逆に、役所から歓迎されながら期待外れだったのが小泉進次郎・環境相だ。地球温暖化対策の「炭素税」導入をめざす環境省は当初、「発信力がある大臣が来た」と喜んで進次郎氏をいきなり国連演説に立たせた。ところが、原稿になかった「セクシー発言」が炎上し、歓迎ムードは急速にしぼんだ。いずれも大臣ポストが“身の丈”に合わなかった。

 これで出尽くしではない。官僚たちの“採点簿”にはまだ不合格の大臣がいる。

◆マラソン札幌開催で「保身」に走った橋本五輪相

「いくら小池(百合子・東京都知事)の怒りが恐くても、あんな見え透いたウソをつかなくてもいいのに」

 役人にそう笑われているのは橋本聖子・五輪担当相だ。東京五輪のマラソン・競歩の札幌開催問題で、橋本氏は「初めて聞いたのは10月15日」と、最後に知らされた小池都知事と同じ日だったと説明した。

 しかし、橋本氏はその5日前、森喜朗・東京五輪組織委員会会長とともに札幌市長と会談している。

「何も知らず3人で会ったというのはさすがに苦しい。五輪担当相は組織委員会や東京都との調整役にならなければならないのに、“聞いてなかった”と保身に走った」(組織委員会関係者)

◆失言で重要法案を飛ばした北村地方創生相

 新閣僚随一の“失言大臣”が北村誠吾・地方創生相。地元のダム建設をめぐって「誰かが犠牲に」と発言して物議をかもしたと思うと、台風15号の被害が広がるさなかに、「(地方創生は)前の台風で無残にもひっくり返るような根の張り方ではない」と発言。国会質問が外部流出した問題については、内閣府から直接漏えいしたことが判明すれば「責任を取る」と断言、官邸に叱られて「辞任するという意味ではない」と釈明に追われた。

 役所側にも被害が及んでいる。最先端都市づくりのための「スーパーシティ法案」(国家戦略特区法改正案)の国会提出が見送られたのだ。

「今国会に提出する方針だったが、担当は規制改革担当相を兼ねる北村大臣。ただでさえ失言が多い大臣を答弁に立たせるのは不安が大きい」(内閣府官僚)と、“役に立たない大臣”のレッテルを貼られている。

◆「印鑑とデジタルの調和」掲げる竹本IT担当相

「USBは穴に入れるらしい」発言で世界を笑わせた桜田義孝・元サイバーセキュリティ担当相は記憶に新しい。

 現内閣ではIT担当相の竹本直一氏(クールジャパン戦略担当相を兼務)が役人に不安がられている。竹本氏は「はんこ議連」会長の“アナログ派”と見られているが、本人は「印鑑とデジタルの調和」を打ち出してこれまた世界を驚かせた。

 失言が心配されている1人でもあり、安倍政権肝煎りの官民ファンド「クールジャパン機構」が179億円の累積赤字を抱えていることを国会で追及されると「成功するものもたくさんあるが失敗するものもある」と答弁して大紛糾、「案の定」と役人を嘆かせている。前出・古賀氏が語る。

「安倍首相は重視する外交と防衛、憲法以外はどうでもいいんでしょう。関心のないポストの大臣は誰でもいい。今回の改造も入閣待機組にポストをバラ撒いたような印象で、だからこそ官僚は大臣を見下している」

 高学歴のエリート官僚は、“反東大”の安倍政権を「神輿は軽くてパーがいい」と見ているようなのだ。

※週刊ポスト2019年11月29日号

関連記事(外部サイト)