桜を見る会、招待状偽造疑惑のキャバ嬢が語っていた「経緯」

桜を見る会、招待状偽造疑惑のキャバ嬢が語っていた「経緯」

伝説のキャバ嬢は招待されていたのか(時事通信フォト)

 安倍首相主催の「桜を見る会」をめぐる問題は政界だけでなく、芸能界など各方面に飛び火している。参加した芸能人の選定基準の不透明さなどが取り沙汰されているのだ。そんななか『FLASH』(12月3日号)が〈「桜を見る会」偽造招待状で参加した「お水の女王」〉と題した記事で、有名キャバクラ嬢の小川えり氏(32)が「偽造招待状で出席した」と報じた。小川氏は名古屋の老舗キャバクラに在籍し、「2日で1億円以上を売り上げた」という“伝説のキャバ嬢”だ。

 記事のなかでは招待状の偽造を手伝ったと語る人物が、「別人宛の招待状の封筒を手に入れて、もとの宛名を修正液で消し、彼女の本名を印刷した紙を貼りつけた」などと証言している。

 実は昨年、桜を見る会が開催される直前、本誌・週刊ポストは彼女が桜を見る会に参加する予定であるとの情報を入手し、本人に直撃。当時、小川氏はこのように主張していた。

〈──どういう経緯で招待されたのですか?

「実は私もよく分かっていないのです。友人から“総理の『桜を見る会』に招待されるかもしれないから”と言われて住所を教えたら、しばらく経って案内状が届いたので驚きました。その友人は政府関係者か? いえ、その人の素性もよく知らない(笑い)」

──昭恵夫人と面識があったり?

「安倍総理や昭恵夫人とは会ったことはありません。水商売では納税とかにルーズな人もいるけど、私はこう見えて税金をきっちり払っているんです。かなりの額の。色恋も枕営業もしませんし、とにかくクリーンなところが良かったのでしょうか(笑い)」〉

 今回、「桜を見る会」の招待客の人選について疑惑が持ち上がってから再び招待の経緯を聞こうと本人の携帯に連絡をとったが、電話がつながることはなかった(小川氏の所属事務所は『FLASH』の取材に「昨年の『桜を見る会』に、小川は参加しておりません。併せまして、偽造の事実もございません」と回答)。

 すでに名簿は廃棄処分されているから“伝説のキャバ嬢”が本当に招待されていたかどうかは定かではないが、彼女の昨年の言葉は真実だったのだろうか。

関連記事(外部サイト)