92才の現役保育士 目指すのはスゴイ人を育てることではない

92才の現役保育士 目指すのはスゴイ人を育てることではない

92才の現役保育士・大川繁子さん(撮影/楠聖子)

 栃木県足利市に“奇跡の保育園”と呼ばれる認可保育所がある。その名も「小俣幼児生活団」。園児は、自ら考え決断できる、自立した子供に育つと評判で、入園希望者が絶えない。その保育方針とは?

◆やりたいことを好きなだけさせる

 栃木県足利市。小俣駅周辺に広がるのどかな田園地帯に「小俣幼児生活団」はある。

 木造の門を開けると、嘉永4(1851)年に建てられた国登録有形文化財の古民家がたたずみ、そこを園児たちが走り回る。3000坪以上ある敷地内には、池や丘、梅林が広がり、保育士が見守る中、ある子は裏山を走り回り、またある子は園舎で折り紙に没頭するなど、皆が思い思いに過ごしている。カリキュラムごとに園児を管理する一般的な保育園とは違う光景が、ここにはある。

「当園の方針は、『ほったらかし保育』。何時に来てもいいし何時に帰ってもいいの。来たら好きなことをして遊ばせて、お昼寝もしたくないならしなくていい。給食もお腹が空いた時に食べればいいの」

 微笑みながらこう話すのは、92才ながら同園で主任保育士として働く大川繁子さんだ(「」内、以下同)。

「子供にはやりたいことに没頭させる。その経験は、大人になってからも何かをやり遂げるための力になります。そもそも、鉄棒に夢中な時に、無理に中断させても、ほかのことに集中できませんからね」

 もちろん、全てが自由というわけではなく、ルールや年間行事はある。ただ、それらのアイディアを提案したり、作ったりするのも子供たちだ。

「例えば、当園の敷地内には『マリアの丘』と呼ばれる小山があります。以前は、立ち入り禁止にしていましたが、“守ることだけが教育ではない”と考え、年長の園児たちとルールを作ることに。皆で危険な場所を確認し、“ここは入らない”などの約束を地図に書き込みました。子供は自分たちで決めたことはちゃんと守るんですよ」

 ここでは、子供のやりたいことが優先されるので、いわゆる“授業”もない。そうなると、小学校入学後、すでに幼稚園やほかの保育園で文字などを学んできた子供たちより出遅れるのではないかと不安になりそうだが、保護者からは、

「やりたいことが見つかるとグンと成績が伸びたんです」

 という声が続々と届くという。つまり、ここで培われた集中力で出遅れた部分を取り戻していくのだとか。

「私たちが目指すのは、スゴイ人を育てるのではなく、個性を発揮できる保育。そのために大切なのは子供を否定しないことだと思っています」

 そんな大川さんの60年におよぶ保育人生で学んできたことをアドバイスしてもらった。

◆お母さんは忙しい! 余裕がないのは仕方ない

「子供たちのことを怒ってばかりで…。特に、長女には厳しい態度をとってしまいます」

 くもった顔でこう話すのは、自宅でネイルサロンを営むネイリストの福田絵梨菜さん(29才)。7才、4才、9か月の3姉妹を育てる母である。夫は多忙で、近くに頼れる親族もいないため、仕事をしながら家事・育児をひとりでこなす状態。余裕のなさから、長女にばかりキツくあたってしまうのだそう。

「私もそうだったわよ」と大川さんはにっこり。

「私は男の子を3人育てながら、保育士の仕事と姑の介護をしてきたの。忙しくて子供たちにはガミガミ叱ったり、手をあげたことも。申し訳なかったわ」(大川さん・以下同)

 しかし、そんな後悔があるからこそ、育児に悩む母親の気持ちがわかるという。

「失敗ばかりの私だからこそ、福田さんのお子さんは、大丈夫! って言えるわ。ちょっと言いすぎたと思ったら、“さっきはごめんね”と謝ればいいの。どうしても上の子には、“お姉ちゃんだからがまんしなさい”なんて、言っちゃうものよ。だからこそ、お姉ちゃんがお手伝いしてくれたら、“ママうれしいわ、ありがとう”と感謝の気持ちを伝えましょう」

 弟妹がいると上の子には目が行き届かなくなりがちだが、こういった一言をかけると、「あなたのこともちゃんと見ているわ」というメッセージにもなる。

「ただ、“いい子ね”“えらいね”とほめるのは御法度。そうすると、ほめてくれる人がいないと何もやらない人になるから」

※女性セブン2019年12月5・12日号

関連記事(外部サイト)