薬物は「被害者なき犯罪」ではない 周囲も闇に陥れる現実

薬物は「被害者なき犯罪」ではない 周囲も闇に陥れる現実

記事画像

 近年、薬物事件が起きて逮捕者が出ると「被害者なき犯罪」と、訳知り顔で語る人たちがいる。本人が危険にさらされるだけで、被害を受ける人はいないから、社会的制裁を伴う逮捕が行われない限り、誰にも迷惑をかけていないというのだ。だが、果たして本当に被害者はいないのだろうか? 依存性が高く、判断力を失わせる違法薬物が身の回りに出現したがゆえに、人生が変えられてしまったと訴える"被害者"たちの声を、ライターの森鷹久氏がレポートする。

 * * *
 合成麻薬(MDMA)を所持していたとして逮捕された女優・沢尻エリカの報道が加熱している。もっとも、以前から"噂"があったためか、使用の現場とされる渋谷区内のクラブには、テレビや新聞、週刊誌の記者がこっそり潜入し取材をしているという話も聞こえていた。沢尻といえば、その生意気な言動で世間からあらゆる好奇の目を集めたが、その後の薬物疑惑を払拭しつつ、まさに大女優への階段を登りかけていた最中の事件。マスコミの気持ちもある程度は理解できる。

 しかし、これら報道が「薬物は絶対にダメだ」という社会への呼びかけに全くなっていない部分には、大きな違和感を抱かざるを得ない。むしろ「合成麻薬とは沢尻にみたいな遊び人とは切っても切れないもの」などといった諦観、そして見下しのイメージ作りが先行し続け、とあるワイドショーではコメンテーターが「薬物使用は被害者なき犯罪」とまで言ってのけた。

 それは違う。薬物犯罪には必ず被害者がいるし、殺人や強盗に劣るとも勝らない負の側面がある。むしろ、この認識こそが薬物犯罪を蔓延らせる原因であり、使うものと使わざるものを「分断」している原因ではないか──

「あの男は元々常習者でしたが、再婚後にママも一緒に覚せい剤をやるようになりました。私は当時小学校低学年だから記憶もはっきりしている、というか忘れたくとも忘れられないんです」

 辛い記憶を紐解いてくれたのは、筆者が以前「援助交際」について取材した時に応じてくれた北海道在住の増田かな子さん(仮名・当時10代後半)だった。かな子さんは、両親が覚せい剤で逮捕されると、母方の親族のもとに身を寄せた。しかし、親族からは「薬物中毒者の娘」「汚い」と罵られ続け、中学卒業とともに逃げ出すように上京。品川区内のキャバクラ店に年齢を誤魔化し入店、当時は店の寮であるタコ部屋同然の部屋で暮らしていた。

「ほんとの父親は酒癖悪くてママに暴力、再婚相手の男は多分暴力団だったんだと思います。二人で暮らしていた時は、ママは優しかった。でも二年くらいかな? ママはもう別人になっちゃったんです」

 かな子さんが見たのは、覚せい剤を用いて行為にふける母親と男の姿。男は寝ているかな子さんをわざわざ起こして、見せつけた。夕方に学校から帰ると、玄関のドアに鍵がかかっていたが、中から聞こえるのは母親と男の甘えた声。誰にも相談できず、助けを求めることもできず、近くの公園の遊具の中で一晩を過ごしたこともあった。そしてこの幼少期の悪夢は、かな子さんの後の人格形成に甚大な影響を与えることになる。

「援交(援助交際)は中2くらいからですね。ママも汚れてるし、私もそんな家庭で育ってるから、援交したっていいかなって。親父とか相手して気持ち悪いんだけど、私の方が汚いじゃんって、お金も稼げるし。でもクスリだけはやんなかった。ママが、一人の人間が壊れていく感じが怖かった」

 その後、かな子さんはアパレル店の販売員に転職。今では結婚し、二人の子供の母親だが「薬物を使用する人の周りは全員が被害者だと思う」と、かつては薬物とは無縁だった母親をかばう。だからこそ「薬物がなければ幸せだったのかもしれない」と、想像すると自然と涙がこぼれるという。

 違法薬物の蔓延を黙殺した結果、人生の全てを失った、という人も存在する。

「店を出すのは長年の夢でした。夜の仕事ということで、少し怪しい界隈のお客さんと付き合うこともあるのはわかっていましたが、夫は必死でした」

 名古屋市内の元飲食店経営・上坂恵さん(仮名・40代)が、夫ともに繁華街にダイニングバーを出店したのは約十数年前のこと。深夜営業の店には、仕事終わりのサラリーマンを中心に様々な層の客が訪れたが、終電を過ぎると客足がぱたりと止む。当時の不況も悪循環を後押しした。そこで夫が頼りにしたのは、キャバクラやクラブ帰りの「アフター客」や夜職の客。皆金遣いも荒く、経営は軌道に乗ったかに思えた。しかし、目論見は狂った。

「VIPルームというか、個室を用意していたんですが、そこでお客さんがドラッグをやるようになったんです。最初は大麻だったと思います。夫は気が付いていましたが、背に腹は変えられずで、消臭剤をまいたり空気清浄機を増設してやり過ごしました。すると、別の常連客、この人がヤクザだったんですが"店を使わせなかったら(薬物黙認の件を)バラす"と脅されました。地域一帯で暴力団排除の風潮があったのですが、夫は弱みに付け込まれました。そのうちこの人物が連れてくる反社系の客を受け入れるようになり、店は薬物の取引現場のようになってしまうと、常連さん、一般のお客さんが来なくなった。夫は薬物など絶対にやらなかったんですが、付き合いということで買わされていたようです」

 店の経営は一気に傾き、毎月3桁の赤字が出るようになった。薬物系の客たちは"都合の良い店だ"と押し寄せては、無銭飲食を働くまでになっていたからだ。"警察に全部話そう"という恵さんの声は、経営を必死に立て直そうとする夫の耳には届かなかったようで、夫妻はますます窮地に追い込まれる。そして悲劇が起こった。

「夫は自ら命を絶ちました。店の家賃、食材の仕入れ代が捻出できなくなり預金が底をつくと、入り浸っていた客のつながりで、闇金に手を出していました。一度だけ店を畳もうと考えたようですが"大家に全てバラす、そうすれば入居時に支払った数百万の保証金も戻らない"などと客に脅されていたんです」

 恵さんは気が付いていた。追い込まれた夫は晩年、自暴自棄になりコカインや合成麻薬を使用するようになっていたのだ。金策に走りながら、店を必死で立て直そうと、誰からか吹き込まれた薬物を用い寝ずに働いたが、最後は絶望に堕ちたのだった。

「夫も私も"少しくらいなら"と甘かったのです。夜の世界にはそういう人たちがつきものとさえ思っていました。薬物など私たちには関係がないはずでしたが、見て見ぬ振りの結果、こんな仕打ちを受けなければならないなんて想像もできませんでした」

 薬物事件に被害者はいない、というのはやはり間違っていると改めて思う。

 言うまでもないが、薬物売買によって得られた利益は、反社会勢力による別の犯罪行為の資金源にもなっていることも、改めて確認しておきたい。例えば、違法薬物取引で得られた金が、特殊詐欺グループが活動する拠点確保、電話やカモリストなどの道具集め、人員確保代に使われているという話もある。薬物を買う人がいなければ、間接的に、特殊詐欺の被害に遭う人が減る、と言うこともできよう。

 薬物さえなければ犯されるはずのなかった犯罪が、起きるはずのなかった不幸が世の中に溢れている。薬物と直接接しなかった人でさえ、いつの間にか闇に取り込まれてしまう現実。これが薬物の怖さなのだ。

関連記事(外部サイト)