安倍昭恵氏の無防備発言「大麻を取り戻す」「ハワイは聖地」

安倍晋三首相の夫人である昭恵氏の無防備発言に、政治評論家「慎重になるべき」

記事まとめ

  • 安倍首相の夫人・昭恵氏が「『日本を取り戻す』ことは『大麻を取り戻す』こと」と発言
  • また首相より一足早く、夏に真珠湾を訪問し、「ハワイは聖地」などとも発言している
  • これに政治評論家は「ファーストレディも発言には慎重になるべき」と苦言を呈している

安倍昭恵氏の無防備発言「大麻を取り戻す」「ハワイは聖地」

安倍昭恵氏の無防備発言「大麻を取り戻す」「ハワイは聖地」

大麻解禁運動に熱心な安倍昭恵氏

 2016年も政界では「失言・珍言」が繰り広げられたが、政治家に混じって見逃せないほどの冴えを見せたのはファーストレディ、安倍首相夫人のアッキーこと昭恵氏ではないか。

「『日本を取り戻す』ことは『大麻を取り戻す』ことだと思っています」

 医療用や祈祷用の大麻解禁運動に熱心なアッキーは、小池百合子都知事との対談でそんなぶっ飛び発言をしたかと思うと、12月26日から慰霊のために真珠湾を訪問する夫・安倍晋三首相より一足早くこの夏にアリゾナ記念館を訪ね(8月22日)、なんともスピリチュアルなハワイ解放論を語っている。

「あそこは聖地なんですよ。ハワイのあそこを攻撃した日本は悪いかもしれないけど。本土からやってきて、あそこを乗っ取っちゃった人達もいるわけで。そもそものハワイに戻してあげましょうよって感覚になりました。自然の神様がそっちを望んでいるんじゃないかなって」

 ちなみに、アッキーはトランプ次期大統領に面会に行った安倍首相が、「トランプは選挙の時とは人が違うように普通だった」と印象を語ったという“国家秘密”まで暴露してくれた(12月6日の京都での公演)。政治評論家の有馬晴海氏が語る。

「自民党議員の暴言や失言が目立つのは、野党がどんどん弱体化しているから。軽率な発言で批判を浴びても当選できるとタカをくくっているのです。ファーストレディも発言には慎重になるべきです。米国の大統領夫人には専門のスタッフがついて発言が管理される。しかし、昭恵夫人にはそうしたスタッフも縛りもなく、自分が考えるままに反原発など安倍政権と反対の主張をしてきた。その結果、時に無防備な発言が飛び出してしまう」

 米国のトランプ次期大統領も暴言・失言で話題だが、あちらには「パフォーマンス」という側面が見え隠れする。対して日本の政治家は“ただ脇が甘く、軽率なだけ”に見える。きっとこの分では、2017年も恥ずかし~い珍言がニュースとして駆け巡ることになりそうだ。ヨソの国の心配をしている場合ではない。

※週刊ポスト2017年1月1・6日号

関連記事(外部サイト)