ダイドーが挑む働き方改革 昼寝推奨、BGM、服装自由

ダイドーが挑む働き方改革 昼寝推奨、BGM、服装自由

休憩時間に昼寝するダイドー社員「カフェインナップ」の様子

 労働者の多様で柔軟な働き方を後押しする「働き方改革」──。いまや、企業は長時間労働の見直しや、正規・非正規社員の労働格差是正といった大きな施策ばかりでなく、働きやすい職場環境にするため、あの手この手の取り組みを打ち出しているが、そんな働き方改革の“先進企業”ともいえるのが、缶コーヒーなどでお馴染みの清涼飲料メーカー、ダイドードリンコ(本社・大阪市)だ。

 まず同社が2017年11月より導入したのが、昼休憩を利用した“昼寝”推奨の「カフェインナップ」。平日の12時30分〜12時45分の15分間、本社に所属する約200名の従業員を対象に、コーヒーを飲用した後、自分のデスクにうつ伏せて昼寝することを勧めている。

 その目的や効果について、同社の取締役執行役員で人事総務部長の濱中昭一氏が話す。

「コーヒーに含まれるカフェインの覚醒作用は、飲用後20〜30分後に現われ、リフレッシュ効果はその後6時間以上持続すると考えられています。当社は缶コーヒーを主力商品とする会社ですので、社員がコーヒーのリフレッシュ効果を実感できて、かつ午後の業務効率が上がれば一石二鳥ということで始めました」

 実際、日々昼寝を実践する各部署の社員たちからは、以下のような声が寄せられているという。

〈カフェインナップによって、午後眠くならないだけでなく、新たな発想を生むためのハイテンションな時間をつくることができています〉(人事総務部の社員)

〈毎日細かな計算をたくさん行い、ミスは許されない仕事なので、カフェインナップで午後からの集中力を高めています〉(財務部の社員)

 目下の課題は、昼の限られた休憩時間を昼寝に使いたくないという社員がいるためか、参加率がいまいち伸び悩んでいることだそうだ。「効果的な昼寝をサポートするグッズを用意するなど、さらなる啓蒙活動が必要かもしれません」(前出・濱中氏)

 続いて今年5月から始めたのが、職場内での「BGM」導入だ。業務や時間帯に応じたBGMを流すことで、雑音を知覚しにくくなることによる集中力向上やストレス軽減を促進することが狙いだという。では、どんなBGMを流しているのか。

「午前中は朝からやる気を上げる活動的な雰囲気に合うBGM、午後はアコースティック楽器を中心としたライトで爽やかなフュージョン、夕方は大学教授監修の集中力を高める美しい音楽を中心に流しています」(同前)

 中小企業などでは、気分転換にラジオを流しながら仕事をしたり、癒し系のヒーリング音楽を聴いたりする光景は見かけるが、社員数が多い上場企業のフロア内でBGMを流すのは珍しい。〈仕事の状況や個人の感性によって、違和感が生じる場合もある〉との社員の声も出ているため、流す曲や音量は様々なパターンを用意して試行錯誤中だという。

 ダイドーの働き方改革はこれだけではない。今年10月からは毎日15時〜15時15分を「リカバリー(回復)タイム」として、自席などでの簡易体操を推奨しているほか、なんとスーツなどビジネスウェア着用のルールを撤廃し、カジュアルな服装での就業を認めている(カジュアルワーク)。

「自然体のリラックスできる服装で仕事をすることで、従業員同士のコミュニケーションの活性化や、柔軟で新たなアイデアの創出などが期待できます。

 導入当初は、どの程度のカジュアルさが適切か分からず、特に私服のラインアップが少ない男性社員は戸惑っていましたが、〈スーツ着用時とのメリハリができ、ストレスが減った〉とか、〈同僚の個性が分かって会話が増えた〉、〈会社に着ていく服を一緒に選ぶなど、家族との会話が増えた〉といった喜びの声もたくさん聞かれます。

 ただ、来客者や特に取引先への理解も必要ですので、カジュアルワークの取り組みはポスター等で周知徹底していく予定です」(同前)

 近ごろは、ビジネスウェア着用が当たり前だと思われてきたお堅い金融業界などでもカジュアル服での勤務が進むなど、働き方改革に伴ってドレスコードも変わってきているが、それでも多くの企業で浸透するまでには、まだ時間がかかりそうだ。

 こうして矢継ぎ早に導入されるダイドーの働き方改革──。そもそも同社はなぜ、ここまで職場環境の改善に熱心なのか。

「当社グループの中期経営計画でも掲げていますが、今後、会社をさらに成長させるためには人材への投資が最も重要だと考えています。

 新卒・キャリア採用の強化はもちろん、既存の社員の適材適所への配置転換などを一層進めるためには、すべての社員のポテンシャルを最大限に引き出すことが欠かせないと考えています。そのための取り組みが『カフェインナップ』や『カジュアルワーク』などです。

 仕事と私生活双方の充実が相乗効果を生む“ライフ・ワーク・シナジー”を実現し、今後も社員に、より仕事へのやりがいや自社への愛着を感じてもらえる状況をつくっていきたいと思っています」(同前)

 働き方改革で、かえって従業員の労働生産性が落ち、会社全体の利益が損なわれれば元も子もない。ダイドーでは前出の施策を次々と導入した結果、月平均42時間だった社員の残業時間が29時間にまで減ったという。それだけ効率的で質の高い職場環境に変化した証ともいえる。

「残業時間は今後2年以内に、さらに2割減を目指しています」と自信をのぞかせる濱中氏。ダイドーのチャレンジングな働き方改革の数々は、今後の課題も含めて他社の模範となっていくことだろう。

関連記事(外部サイト)