羽生選手の目線が物語る 貫禄優勝の陰の2つの戦い

羽生選手の目線が物語る 貫禄優勝の陰の2つの戦い

NHK杯フィギュア男子で優勝した羽生結弦のフリーの演技(共同通信社)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々を心理的に分析する。今回は、NHK杯優勝を果たしたフィギュアの羽生結弦選手を分析。

 * * *
 11月22日から開かれたフィギュアスケートのNHK杯で、またも圧巻の演技で3年ぶり4度目の優勝を果たした羽生結弦選手。フリーの演技では3連続で予定していた4回転ジャンプが2回転になるも、その後の2つのジャンプで高得点が出るよう構成を変えるという驚異的な修正力を見せつけ、2位と50点以上の差をつける“異次元”の滑りで優勝したのだ。

 フリーの演技終了直後、ポーズを決めたまま、うんうんと何度も軽くうなずくと、顔を上げてリンクの外に目を向けた。視線の先にいたブライアン・オーサーコーチに向けてか、そちらを見てコクリと頷くと柔らかく微笑んだ。

 その表情は、10月に行われたグランプリシリーズ第2戦、スケート・カナダ(カナダ大会)とは違っていた。この時は、フリーで自己最高の212.99点、合計で322.59点を出して2位に59点の差をつけて優勝。演技を終えた氷上では、膝をついたまま大きく強く頷き、顎を上げ、目力の強い誇らしげな表情でガッツポーズを見せていたからだ。

 NHK杯のフリー演技は、おそらく羽生選手が心から納得できるものではなかったのだろう。フリーの点数は195.71点、200点には及ばなかった。点数を見るなり羽生選手は、瞬間的に「まぁまぁかな」といったやや渋い表情を見せ、肩をわずかにすくめたが、1位という結果には笑顔になって両手で可愛くガッツポーズをしてみせた。

 どちらの大会でも、羽生選手はある2つのモノと戦っていたという。1つはアメリカのネイサン・チェン選手の幻想、もう1つは怪我への不安だ。カナダ大会終了直後のインタビューで羽生選手は、「ネイサン選手の幻想と戦っていた」と話し、ぐっと鼻にシワを寄せ右下に視線を落とした。続けて「ネイサン選手に勝たなきゃ」「ネイサン選手はここまでやってこれるだろうから」と左下に目線を向けた。

 話の途中で目線が動くのは、目から入る視覚情報を少なくし、自分の頭の中に集中して、思い出したり考えたりするためである。「NLP」という神経言語プログラミングでは、そうした目線の動きから、その人がその時に何を感じ、何を思い出しているのかなどが推測できるという。

 例えば、見たことのある映像や作り出した視覚イメージを思い出そうとすると、目は上を向きやすい。右下に視線が向くのは感情や感覚を思い出している時で、左下は心の中での対話を通して物事を考えている状態という。音声イメージを思い出す時は、視線が左右に向きやすいと言われる。

 羽生選手は「ネイサン選手の幻想と戦っていた」と発言した時、右下に視線を落とした。その時の感情が蘇ってきたのだろう。加えて鼻にシワを寄せる仕草を見せたことで、その感情が反感や嫌悪感だったことが見て取れる。だが、すぐに左下に視線を向けたことで、「ネイサンに勝たなければ」「誰にも負けないぞ」と自分自身に言い聞かせていたことがわかる。

 NHK杯終了後のインタビューでは、「朝の練習は不安しかなかった」と右上に視線を向けた。「ただひたすらケガをしたくない」「試合とはまた違った緊張感があった」と右上を見ていた。昨年のグランプリシリーズのロシア大会では、前日に練習で右足首を負傷し、GPファイナルを欠場した羽生選手。その時の映像やイメージが思い出される度に、不安が顔を覗かせたのだろう。

 しかし、2017、2018年とネイサン選手が連覇したGPファイナルを「もう一度奪還して」「ずっとあそこに君臨したい」と真上を見て意気込むと、羽生選手は「どんな相手がどんな演技をしても、勝てるという自信を持った状態で演技をしたい」とまっすぐに前を見据えた。

 「記憶」よりも「記録」に残りたいと語る羽生選手は、「勝つことに意味がある」「しっかり記録に残してなんぼ」と、GPファイナル優勝に向けて真上に目線を向けた。彼の頭の中に見えていたのは、他を圧倒する完璧な滑りで優勝した自分の姿にちがいない。

関連記事(外部サイト)