抗争情報から噂話まで、ヤクザ業界のLINE事情に迫る

抗争情報から噂話まで、ヤクザ業界のLINE事情に迫る

暴力団関係者の情報共有はLINE!?

 警察や軍関係の内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た警官の日常や刑事の捜査活動などにおける驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、ヤクザ業界の意外なLINE(ライン)活用事情を明かす。

 * * *
「ラインができて、良くも悪くも情報のやり取りが早くなった」

 暴力団にとっても、今やラインは重要なコミュニケーションツールの1つなのだ。

「組ごとに情報網になるようなモノは持っているとは思うが、ライングループなどはない。事件になると、すぐに開示されるからね」

 元組長がそう話す最中にも、スマホがブルブルと振動する音が聞こえてくる。セカンドバッグからスマホを無造作に取り出し、ラインをチェックすると、元組長はため息をついた。

「最近は、組や組のやり方に対する不平不満を長々とラインで流してくるやつがけっこういてね。高山氏が出所してきてからは多くなっているな」

 恐喝罪で服役していた、六代目山口組の若頭である高山清司氏が出所してから1カ月。次々と改革を実行しているが、若頭の権限を利用した独裁的なやり方に、一部からは不満の声も上がっているらしい。

 送られてきたラインのメッセージを読みながら画面をゆっくりスクロールしていくが、元組長の指はなかなか止まらない。長い文章の最後にあったのは「転送」の文字だ。

 ラインで送られてきた情報は暴力団関係者の間で転送され続け、あっという間に拡散していく。拡散先は組関係者やその筋の者だけに留まらず、メディアや警察にまで及んでいる。

「つい先日も、神戸本家の寄り合いに大阪府警の人間が来ていたらしいという情報があったばかりだ。不満を持っている誰かが情報を漏らしたんだろうが、自分らの組にとって機密扱いともいえる情報を漏らすなんてどうかしている」

「神戸や名古屋での重要な寄り合いでは、動画撮影を禁止することもあると聞く。地方の組なら決定事項を組に伝えるために、昔は宿泊先に帰ったらまとめ、それをFAXで事務所に流したもんだ。メールも長い文章はガラケーでは無理、パソコン持ち込みなんてない。だからタイムラグがあったんだが、今やリアルタイムだ。一斉にラインで動画が送信されでもしたら危険だ」

 今回ばかりは徹底的に犯人探しが行われるのではないかと、元組長は口元を歪めた。

 警察の動きを警戒し、神戸や名古屋に関する情報漏えいには目を光らせている。高山氏の出所後、放免祝いが行われたが、当初、その会場にはある店の名前が挙がっていた。だが、すぐに中止情報がラインで流れた。その後も場所は二転三転し、最終的に高山氏が以前所属していた佐々木一家で祝宴が開かれた。

 神戸本家で毎年開かれていたハロウィーンも、組事務所が使用制限で使えないため結局中止となったが、近くの護国神社でやるのではという噂が流れ、傘下の組員は裏を取るのが大変だったらしい。

 では、どんな情報がラインで共有されているのか。

 例えば、8月21日に三代目弘道会系関連施設で当番していた藤島組組員が、原付きバイクの犯人に拳銃で撃たれた事件では、その瞬間の動画が流されている。動画には、事件の瞬間が映っている防犯カメラの映像と、それを確認しながらカメラで撮影している警察官の姿も映されていた。後日、銃撃の映像だけがネットや週刊誌で報じられた。

 10月10日の神戸山口組の五代目山健組で組員2人が、三代目弘道会系幹部に銃撃された事件では、犯人が自分の頭を弾いて血を流し倒れている写真が何枚も送られている。この写真もテレビのニュースで報じられた。つまり、これらの事件でメディアが使った映像は暴力団関係者が発信元ということだ。

「撃たれた組員の状態や、持病持ちの68歳の犯人が、家族の面倒をみてもらえるという条件でヒットマンになったらしいという話も送られてきたがね」

 11月18日、熊本で神戸山口組系の四代目大門会会長が山口組系の組員2人に切りつけられた事件では、まさに極道映画を思わせるシーンが描写されていた。

「事務所の隣が工事をしていて、作業服姿の2人が菓子折りを持って、ご迷惑をおかけしますってインターホンを鳴らした。会長がドアを開けたら、1人がいきなり腹を刺してきたがそれをかわし、もう1人に首を狙われたがそれもかわしたってことらしい」

 他にも高山氏が打ち出す方針や人事に反発する現場からの不満、組の行く末を憂う元幹部の嘆きもあれば、週刊誌への皮肉もある。組に対する不平不満は山口組系だけとは限らない。他の団体でも文書などが出る度に、誰かが写真を撮ってはラインで流している。

 新聞や週刊誌、ネットの記事、人事通達や噂話、他団体の人事、時に会合の様子までもがラインで共有される。抗争とは関係のない細かな事件は『暴力団ニュース〜ヤクザ事件簿』というサイトの「全国ヤクザ事情」の記事が転送されてくる。

「情報としては警察の方が早いと思うが、他府県の情報はなかなか取りづらいからね」

 元組長は話しながら、ラインの画面を気軽にチラ見させてくれた。それをこうやって記事にしているのだから、ラインに流される内容は、実は漏えいと拡散されることを見込んだ情報ということなのだろう。

関連記事(外部サイト)