大阪女児誘拐事件 被害者をネットで非難する卑屈な人々

大阪女児誘拐事件、ネットでは女児を貶める"被害者のあら探し"に熱心な卑屈な人間も

記事まとめ

  • 大阪の小学6年生女児が11月17日から行方不明になり、栃木県で6日ぶりに無事発見された
  • 「小学6年でスマホを持たせる家庭環境が悪い」「自発的」「男はかわいそう」との声も
  • 「被疑者の異常性を描くほど、被害女児が悪いという空気が生まれる」と民放局Dも吐露

大阪女児誘拐事件 被害者をネットで非難する卑屈な人々

大阪女児誘拐事件 被害者をネットで非難する卑屈な人々

記事画像

 明らかに弱者が被害者となった事件が起きたとき、なぜか被害者のあら探しに熱心な人たちがいる。その声は、SNSの普及によって実際より大きく広まってしまうことがある。大阪の小学6年生女児が行方不明になり、栃木県で発見された事件をきっかけに、あぶり出された大人の不見識がSNSで声高に叫ばれる歪みについて、ライターの森鷹久氏が考えた。

 * * *
「本当にありがとうございます。感謝しています。」

 11月17日から行方不明になっていた大阪府内の女児が、栃木県内で6日ぶりに無事保護された。不明時から、メディアに気丈にも応じていた母親だったが、現在は取材をうけていない。今頃は、深い安堵の中で愛娘と幸せを噛み締めているのだろう。

 不明から女児の発見、そして被疑者の逮捕、というめまぐるしい展開のなか、今回の事件は過去に発生した誘拐事件と比べると、取材現場のテンションが低めだ。それは次のような理由だ。大手紙関西担当記者の話。

「いわゆる"誘拐事件"、近年でいえば2016年に埼玉・朝霞で誘拐された少女が2年ぶりに保護されたときと比べると、連れ出された時の様子が違う。女児は、ネットゲームとSNSを通じて知り合った被疑者と事前に連絡を取りあい、男の家に行っていたのです。朝霞の事件と比べると、無理矢理連れ去った印象が薄い。もちろん、小学生の女児ですから、仮に彼女が一緒に移動することを受け入れていたとしても、それは成人同士の"同意"とは異なります。しかし、共感を得られにくくなったのは事実」

 ネット上では、もっと極端な、配慮がない声が目立っている。小学6年でスマホを持たせる家庭環境が悪い、自発的に行ったのだろう、(被疑者の)男はかわいそうだ、といった意見である。被害者を非難する声が出やすくなってしまっているのだ。前述の記者は、女児の保護、犯人逮捕で落ち着いた本事案について、検証報道をやり過ぎてしまうと「女児が悪い」といった空気の醸成が進むことを懸念している。

「女児が保護された直後、容疑者の家に茨城県出身の女子中学生がいたことも判明しています。家族が捜索願を出していましたが、家出が発端であり本人が"見つからないように隠れていて監禁ではなかった"とも話しているから、男はむしろ被害者ではないのか、という間違った意見が飛び交う恐れもあります」

 この懸念は現実になり、容疑者を擁護する意見だけでなく、被害女児を貶めるような意見さえネット上に現れ始めた。確かに女児は、実年齢では利用出来ないからと年齢を偽って登録したSNSを使って被疑者と連絡を取っていた。この点については、監護の義務がある母親は猛省するしかない。それでもだ。この件を以ってしても、容疑者ではなく被害者が悪かった、という風にはなるのは歪んでいるとしか言えない。

 この嫌な主張が目に入った時、思い出されたのは未成年がらみの「援助交際」事件が発生した時の反応だ。なぜか必ず“買った”男性だけが逮捕されることに不満を抱く人たちが出現する。彼らの理屈は、買った側も悪いが、そもそも売る側がいなければ買うこともできないだろう、といった責任転嫁に一貫している。今回の女児不明事件で容疑者ではなく被害者を責める理屈は、援助交際について、搾取されている子供に責任を負わせる卑怯な屁理屈と全く同様のものだろう。

 ここでいま一度、大人として責任の所在がどこにあるのか、改めて考えてみたい。援助交際の例ならば、売る側がいたとしても、未成年を“買え”ばそれは子供を対象にした人身売買に加担したことになり、犯罪であることは明らか。法律で手厚く守られて当然の未成年に対して落ち度を声高に指摘することのほうが非常識で、歪んでいる。百歩譲って「未成年の女に騙された」というような悪意ある事例もあるかもしれない。それでも、まともでない誘いに乗る大人が罰せられるのは当然で、危機を回避できなかった、怪しいとは思いながらも欲望に負けてしまった自分を恨むしかない。

 今後、被疑者の供述で、被害女児に"連れて行ってと言われた"などと出てくれば、こうした歪んだ見解が蔓延することも容易に想像できる。だが、たとえ小学生の女児と「会う約束」を取り付けていたとしても、相手が未熟で、その判断力が成年に比べて劣っていることは理解できたはず。会うまで相手が未成年であることを知らなかったのならば、会った瞬間にやりとりを拒否すべきだったろう。仮に彼女から助けを求められるほどの事情を訴えられたとしても、人様の子息である小学生を勝手に連れ出しては誘拐だと誰でも判断がつく。結局は法を犯してまでも欲求を満たしたいという、被疑者の身勝手なのだ。

 民放局ディレクターも、同じような思いを吐露する。年齢制限を破って登録したSNSを利用したからといって、悪いのは一私企業の利用規約を守らなかった子供ではない、法律を守れない大人の側だと断言する。

「我々が被疑者の異常性を描くほど、被害女児が悪いのではないか、という空気が生まれる懸念がある。そこに便利な道具があれば使うのは当たり前だし、子供の行動を禁じるだけではナンセンス。だとすれば、大人が子供たちを守っていくしかないはずなのに、卑怯な大人たちはなぜか子供を自分と同じ土俵に上げて考えたがる。これは弱いものいじめ、弱者を食うという卑劣な行いなんです。こんなこと、いちいち報道で解説しなくてもわかるだろうとも思うのですが」

 逮捕された容疑者の男も、ネットを通じて知り合った女児を、自らと「対等」、もしくは男と女としての関係と捉えたのか。支配欲、あるいは少女を守ってやろうといういびつな正義感による行動だったのかもしれない。こういうときこそ大人は皆、子供が護られるべき存在であることを忘れてはならないし、容疑者の罪を見過ごしにして、被害者を貶めるような歪んだ考え方が大手を振って主張されるようなことを許してはならない。

関連記事(外部サイト)