遺族が語る「ミッドウェー」 空母・飛龍は発見されるか

遺族が語る「ミッドウェー」 空母・飛龍は発見されるか

今年10月、ミッドウェー沖海底で発見された空母「加賀」(写真:AP/AFLO)

 北太平洋・ハワイ諸島北西にある環礁ミッドウェー。この地で1942年6月に日米の海軍が雌雄を決したミッドウェー海戦がにわかに注目を集めている。

 11月8日には同海戦を題材にした映画『MIDWAY』(原題)が全米公開され、北米映画興行収入ランキングで初登場1位を記録した。同作では『インデペンデンス・デイ』『パトリオット』を手がけた巨匠ローランド・エメリッヒ監督がメガホンを握り、豊川悦司が日本軍人役でハリウッドデビューを飾った。日本公開は2020年秋の予定だ。

 10月下旬には米マイクロソフト共同創業者のポール・アレン氏が設立した財団の調査チームが、同海戦で沈んだ日本海軍の航空母艦「加賀」と「赤城」を水深約5000m地点で発見したニュースが世界を駆け巡った。周辺海底には航空母艦「飛龍」と「蒼龍」も沈没しており、調査チームは今後も探索を続けるとされる。

「もちろん飛龍が見つかってほしいし、できれば引き上げてほしいですよ。でも実際に見つかってみないと、どんな気持ちになるかわからないな」

 そう語るのは、同海戦で戦死した山口多聞中将(開戦時少将)の三男で神奈川県在住の山口宗敏さん(87)。多聞中将は「飛龍」、「蒼龍」を旗艦とする第二航空戦隊の名司令官として、1941年12月の真珠湾攻撃を勝利に導いたことで知られるが、息子にとっては「普通の父親」だった。

「世の多くの人は『軍人・山口多聞』を語りますが、私にとっては普通の父親でした。1年のうち自宅にいるのは40日ほどで、あとは艦隊乗務か戦場で過ごしており、真珠湾攻撃後に帰宅した際も『おれは何もしていない。みんな部下がやってくれた』と言葉少なでした。私は親父から『軍人になれ』と言われたことは一切ありませんが、『御国のためにまっすぐな人間になれ』と言われたことはよく覚えています」(宗敏さん)

 太平洋戦争開戦後、日本の機動艦隊は連戦連勝を重ねたが、ミッドウェー海戦では連合国軍の一方的な先制攻撃を許し、航空母艦「赤城」「加賀」「蒼龍」が相次いで被弾、炎上した。圧倒的劣勢に追い込まれた「飛龍」は多聞中将の指揮のもとで決死の反撃を開始し、残った航空戦力で米軍の航空母艦「ヨークタウン」を航行不能に追い込んだ。

 だが敵急降下爆撃機の空襲を受けて「飛龍」は炎上。多聞中将は沈みゆく乗艦と大勢の部下とともに運命をともにした。

「自ら率いた第二航空戦隊の蒼龍と飛龍が炎上して多くの部下が戦死するなか、自分だけのこのこと帰ってはこれなかった。ミッドウェー海戦の2か月前の昭和17年4月に靖国神社の近くで家族写真を撮影しましたが、親父はこの頃すでにミッドウェー海戦が避けられないことを知っていて、死ぬ覚悟だったと思います」(宗敏さん)

 戦後の復興期を銀行員として過ごした宗敏さんは、リタイア後に戦地での各種慰霊祭に参加して、戦死者を慰霊する旅を続けた。亡き父が眠るミッドウェーの地を訪れた際は、敵艦だった「ヨークタウン」の乗組員と面会し、日米両国の戦死者を弔った。

 退職後に日本軍の戦跡を追い戦争の理解を深めた宗敏さんが「ミッドウェー海戦の教訓とすべき」と語るのは、「大本営発表のデタラメさ」だ。

 同海戦で日本海軍は空母4隻を失う壊滅的な打撃を受けたが、大本営は“戦果は過大に、損害は極度に小さく”との姿勢で発表した。おかげで1942年6月11日の朝日新聞には〈東太平洋の敵根據地を強襲〉〈米空母二隻撃沈 わが二空母、一巡艦に損害〉などと、あたかも日本軍が勝利したかのような見出しが並んだ。

「海軍省はミッドウェーの敗戦が知られたらまずいからと、子供の私にさえ親父の戦死をひた隠しにしました。それまで曲がりなりにも真実を伝えていた大本営はミッドウェーでウソをついてからデタラメばかりの発表になった。そんな大本営発表を新聞各紙は疑うことなく報じ続けました」(宗敏さん)

 森友学園問題での公文書改ざん、日本を代表する有名企業での粉飾決算やデータ書き換え、日本郵政の不正勧誘など、現代日本は様々な「フェイク」に悩まされる。様々なかたちで「ミッドウェー」が思い起こされる今だからこそ、77年前の海戦から学ぶことは多い。

●取材・文/池田道大(フリーライター)

関連記事(外部サイト)