安倍晋三首相の外交について、大前研一氏が米国に隷従する時代に戻ったと指摘

記事まとめ

  • 大前研一氏が、真珠湾訪問などで外交手腕を評価されつつある安倍晋三首相の外交を分析
  • 首相は長期政権として歴史に名が刻まれる可能性があるが、栄誉に値するかに疑問を呈す
  • 日米関係はイコールパートナーでなく、米国に隷従する時代に戻った、と指摘している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております