中曽根康弘氏が説いていた「総理大臣に求められる覚悟」

中曽根康弘氏が説いていた「総理大臣に求められる覚悟」

中曽根氏の白寿を祝い会合に出席した安倍首相(2017年5月15日/時事通信フォト)

 1982年から4年11か月に及び長期政権を担った中曽根康弘元首相(101歳)が亡くなった──。中曽根氏は2012年、一度辞任した自民党総裁選に返り咲いた安倍晋三氏や、当時の橋下徹大阪市長に向けて、“最高権力者に求められる覚悟”を説いていた。『SAPIO』(2012年11月号)でのインタビューを再録する。

 * * *
──安倍晋三元首相が自民党総裁に選ばれた。だが、首相時代には体調不良を理由に途中で職をなげうった。

中曽根:安倍君の祖父である岸(信介)さんは一念を持って愛国に徹していた。その背中を見ていたからだろう、安倍君にその信念は受け継がれている。本格派の政治家だと期待していたし、今も期待している。あのときは体調も考えて、国の政治に対する責任感から身を引いたのだと思う。その後も志を変えないで歯を食いしばって政治家としての修養に努めた。吉田松陰以来の長州の政治家の伝統を引き継いでいると思う。

──総裁選では5人の候補全員が、尖閣諸島でもめている中国にもっと厳しく対峙すべきだと主張した。

中曽根:領土・主権は、政治家、特に総理大臣にとって命にかえて守るべき重要なものだ。「不脅威、不侵略」の方針を掲げつつ、主権を擁護する。領土問題についてはそのような信条を堅持することが要諦だ。特に近隣外交については、総理大臣の信念を周辺国の人々が見ている。信念の強さが国の運命に大きな影響を与える。総理大臣は日本の運命を背負っていると自覚すべきだ。

──日本が弱腰だと相手はより強く出てくる。

中曽根:中国外交をよく見ていると大変に興味深い。最近は非常に洗練されてきている。影を潜めて表に出ないで実力を養う、「韜光養晦(とうこうようかい)」という一言で自分の立場を表明している。多弁を要せずに、周辺国に事態を理解させられる。中国外交の重み、深みが見える。

 外交というものは時間、歴史が非常に大事だ。つまり末永くものを考えて対処するということだ。日本の政治家でも、例えば竹島問題では河野一郎が“しばらく触らんでいい、そういう外交がある”と考えて、解決を急がず将来の世代に委ねる方針でやってきた。尖閣についても同様の方針が受け継がれている。つまり、主権を擁護するという強烈な信条と、歴史と時間をかけて守り抜くという信念。その双方が必要だ。

──国有化には寝た子を起こしたとの批判もある。

中曽根:尖閣諸島の国有化については、もう少し時間をかけて見てみないと功罪は判定できない。本来、日本の領土であるものについては法的、政治的条件を十分に整えておくというのは政治の一つの要件だ。野田総理はそれをやったのだろう。着手するにあたって外務省が内閣と一緒になって相当研究したと思う。

──税と社会保障の一体改革をめぐる民自公の三党合意によって、民主党はマニフェストにない消費税増税を決定した。国民の怒りは大きい。

中曽根:政治、外交は時を選ぶというのが重要な要素だ。内部の要素と外部の条件を考えなくてはいけない。野田総理はその点を考えたのだろう。野党は反対できない、そして年間のタイムスケジュールと客観情勢を考えると、今がその時期だと判断したのだろう。

 公約に書いていないからやってはいけない、ということはない。政治は必要と思うことを断行する責任と権利を持っている。その結果は歴史が判断することになる。

──自民、民主双方に総選挙後に大連立を考えている政治家がいる。

中曽根:大連立を組んでどのような仕事を成し遂げるのか、それは国家的にどの程度重要か、そういう判断のもとに単独政権か連立政権かの判断が行なわれるべきだ。安全保障や外交問題については事態に応じて連立して協力内閣を作ることは重要な選択でもある。他方、大連立は外交案件だけでなく、内政に及ぶ影響がかなり大きい。将来的には政党再編にも関係してくる。

 そのような長期的思考、現実的必要性、国際情勢に対する影響力などを十分考慮して行なわれるべきだ。政権安定のためにいたずらに大連立を組むべきではない。やるべき仕事は何かということが大事だ。

──既成政党へのアンチテーゼとして、橋下徹大阪市長に注目が集まっている。

中曽根:本人は維新政治家と思っているのだろうが、まだ大阪地方の地域政治家の域を出ない。国政選挙を通じていかに中央に進出し、全国に手足を伸ばしていくかが今後の道だと思うが、現状は新党「日本維新の会」がこれから選挙体制を作ろうとしている程度で体制はできていない。

 明治維新を連想させる「維新」という名前をうまく使っているが、現実は客観情勢も主体的な実力もまだ地域的勢力に過ぎない。本人の政治思想と行動力がどのようなものか試されている。

──彼には何が一番必要か。

中曽根:パートナーを持つことだ。現役の政治家、学者や知識人、あるいは財界人など、パートナーというバックグラウンドを作り上げていくことがこれからの仕事だ。それで力量が見えてくる。

──既得権の打破を掲げ、リーダーシップを発揮できるよう、首相公選制を唱えている。

中曽根:今の日本社会の固着状態をもっと弾力的なものに変えようと、その第一声を大阪で上げたのだろうが、今までの言動は、まだ地域政治家の枠を出ていない。

 私はかつて首相公選制を唱えた。それを彼が今また唱えている。私の場合は国会議員として、国政に対する発言力、中央政治に対する影響力を持ってやった。全国に首相公選の塔を建て、中央にも改憲の運動母胎を作った。しかし、彼の場合は大阪という地域に留まっている。本人が選挙を通じて国政に打って出るのか。国会議員にならないのならば、彼の言葉は揚言になってしまう。これは他人に任せるようなことではない。自分で率先して飛び込んでやることだ。

──頻繁に総理大臣が変わることが政治の漂流の一因だ。自身の経験を踏まえて、総理の覚悟とはどのようなものか。

中曽根:総理大臣になった途端に官僚や新聞記者から冷たい目で見られる。彼らは能力が高く、今までの歴史を熟知し、歴代総理の在り方を研究したうえで現役総理を眺めている。そこに身を晒している。それを克服するだけの人間的魅力と能力がなくては一人前の総理大臣とは言えない。

 能力とは先見力、説得力、国際性。そして政治家同士を提携させる、学者との関係を適切にやる、ジャーナリズムとの関係をうまく導き、同じ志を持つ者を集める結合力。それらが非常に重要な要素になっている。多少時間がかかっても克服しなくてはならない。それが宿命だ。

──自身が総理としての自信をつけたのは就任からどれくらい経ってからか。

中曽根:1982年の11月27日に就任し、1983年5月のウィリアムズバーグ・サミットを経てからだ。ミッテランにもレーガンにもサッチャーにも負けない、そういう自信が出てきた。就任してから半年後だった。

 しかし、だからといって総理就任当初と気持ちが変わったわけではない。

 権力者は孤独だ。権力と相対しているとそれが責任感、孤独感に転じていくのだ。責任を果たさなければならないという気持ちが一人でいるときに孤独感を誘引してくる。

 総理官邸で夜中に考え事をしていると、梟の鳴き声が聞こえたことがあった。浜口雄幸総理の随感録にも同じことが載っていた。同じように梟の声を聞いて先輩と政治責任を分かち合う気持ちは、総理官邸に住んだ者にしかわからない。

※インタビュー内の肩書きはいずれも当時

関連記事(外部サイト)