大勲位・中曽根康弘氏は中国の国力増大をどう捉えていたか

大勲位・中曽根康弘氏は中国の国力増大をどう捉えていたか

101歳で亡くなった中曽根康弘氏

 中曽根康弘元首相が11月29日午前、死去した。101歳だった。1980年代、冷戦が激化するなか、外交の舞台で日本の首相として各国首脳と対等に渡り歩いてきた中曽根氏。『週刊ポスト』2011年1月21日号では、当時、関係悪化が懸念されていた中国との関係、政権をとっていた民主党などについて厳しく提言していた。当時の発言は今も示唆に富む。インタビューを全文公開する。

――日本の混乱を見透かしたように、昨年は朝鮮半島で「戦火」が上がった。この時期に、この地で不穏な動きが起きたことを、どのように見ていたか。

中曽根:朝鮮半島は、日本の歴史から見ても宿命的な問題をはらんでいる。例えば、日清・日露、そして太平洋戦争でも、朝鮮半島が重要な意味を持っていました。中国を含め、この地域にいかに対処するかは日本の外交、政治の重点であったわけです。日本の戦後政治は、戦前の教訓を踏まえて、極めて慎重にこの問題に取り組み、東アジアの平和の基礎機構を築くことを目標にしてきました。

 それがここにきて、日本と朝鮮半島と中国それぞれの関係に、従来に比べてしっくりいかない要素が出てきてしまっている。

――北朝鮮の軍事行動は、日本への挑発も含んでいると考えるべきか。

中曽根:もちろんです。そして、北朝鮮の戦略には中国の動向が非常に大きな意味をなすことも忘れてはなりません。尖閣諸島の問題等で日中関係に軋みが生じたことが半島情勢にも影響を与えている可能性は十分にあります。

――中国が日本に対して強硬になったのはなぜか。

中曽根:経済力、国力の上昇が根本にあります。オリンピック、万博の成功を経て、大国としての存在感とともにナショナリズムが高揚している。それに伴い、主権の維持、沖縄を越えて太平洋の防衛線の堅持についても厳格に対応してきつつある。私はそう見ています。

――国威発揚のデモンストレーションと考えておけばいいのか、それとも領土拡張の動きと警戒すべきか。

中曽根:領土の野心はないと思います。ただ、領土・領域についての主張が、強力に護持するように変わってきたことは事実でしょう。つまり、具体的に領土がほしいとか、地下資源がどうとかいう問題より、主権を堅持、主張することで、従来の中国とは違う中国に前進しつつあるのでしょう。

――あなたの従来からの主張によれば、東アジアの安全保障の根底にはアメリカのプレゼンスがある。その力は変わっていないか。

中曽根:そこは中国が最も注意を払って外交を行なっている点でしょう。明治以来の日中の外交史を見ても、日本はアメリカを大事な後援者としてきた。それは現在も変わっていない。そのなかで、これまで中国が不問に付していたナショナリズムの分野においても、毅然として高く主張を始めたということですね。
 
アメリカは、度を過ぎた対外行動には警告を与えるでしょうが、中国が今やっている程度のことであれば注意しながら見守るだろうと思います。大国として互いに矜持をもって対応するというところでしょう。

――北の核開発についても黙認するのか。

中曽根:核の問題は中国にとっても重大であり、日本やアメリカと同一ラインに立っている。中国は、たとえ友好国であっても、隣国に核があることが不安定要因になるのは間違いない。韓国の大多数の世論も、朝鮮半島に核が存在することを支持してはいません。

――では、日本は中国にどう対処すべきか。

中曽根:中国の国力増大、あるいはナショナルプライドの増進を尊重しつつ対処していく必要があります。従来より一歩前進した大国同士の付き合いをする新しい仕組みを、両国にアメリカを加えた関係で考えるべき段階にきていると思います。

――国内には、むしろ中国に対して弱腰ではいけないという論調も多い。

中曽根:私はそうは思いません。大国となった中国と大国である日本との関係は、当然こうなるという状態だと思います。双方がプライドを堅持して、礼儀をもって付き合う東洋の大国の在り方を作ってゆく必要があります。

――具体的に、日中はどのような関係を結ぶべきか。

中曽根:中国と大国同士の関係をつくるのは初めての経験です。だから両方とも試行錯誤の状態だと思います。まずは中国の新しい海上・外洋戦略が展開していますから、これにどう対するかを話し合うことが必要です。
 
ただし、簡単に調整に応じるかはわからない。中国は過去100年の歴史で、日本を含む先進国に苛められてきたという思いが強いから、今はまだ昔の中国から脱却し、プライドを取り戻そうという気持ちが政府にも国民にも強い。

――しばらくは日本にとって不愉快な事件も起きることを覚悟する?

中曽根:日本はアメリカ以外と大国同士の付き合いをした経験はほとんどありません。アメリカとは、長い付き合いのなかで暗黙の了解点ができている。経済にしても安全保障にしても、同じ価値観を共有していることが基本です。ところが、中国とはそういう関係ではなかった。これから新しくつくり上げないといけないわけです。今の日本にも小村寿太郎が必要なんだね(笑い)。
 
 これを成功させるには、国民も外交当局も、まずは現代中国をきちんと理解することです。政治や経済、国の内部情報などは必ずしも日本に十分伝わっているとはいえません。それを踏まえて長期戦略を練っていくことです。もちろん政府もやっているところでしょうが、国民には見えないから不安を与えている。時には強く、時には柔軟なやり方が必要です。

――特に安保政策への不安は大きい。「中曽根内閣」ならば、どう対処するか。

中曽根:対米関係とアジアの近隣外交をどう結合させていくかが大切です。中国の対米政策がどう変化していくかがメルクマール(指標)になるでしょうね。なぜなら、その外洋戦略、航空母艦の建造など、アメリカと対立する要素は多い。その一方で中国の経済力、貿易力の増大は、一時の日本の膨張を凌ぐ勢いになっていくでしょう。その力の展開のなかでアメリカと対立しないようにすることが、中国の一番苦労する点だろうと思います。

――だからアメリカと協力して膨張を封じ込める?

中曽根:封じ込め、という考え方はまさに時代錯誤ですね。そうではなく、むしろ日本はアメリカを利用する立場にあるということです。アメリカを誘導して共に中国に対処していく方策を探るべきです。

――政権交代から1年半も経って「仮免許だから」というような民主党政権では心もとない。

中曽根:日本の政治は二大政党制になったけれども、政策的な二大政党はまだ成就していない。特に外交においては、あまりにも長く野党にいた民主党は、この分野ではまだ処女性が強くて、うぶな面がある。鳩山外交から今日まで民主党外交は失敗ですね。

 それが国民から見ると落ち着きがなく不安に映る。鳩山政権時代には、言葉が走ってしまって現実がついてこなかった。

 では菅政権はどうかというと、その後始末に追われているだけで新しい菅外交というものは見えないですね。主体性が見えず、おっかなびくびくやっている。それが国民に政権の脆弱性を痛感させる結果になっている。

――二大政党制は失敗だったという見方もある。

中曽根:政治を訓練する期間、訓政期という言葉がありますが、まあ国民も野党の自民党も、もう少し忍耐強く民主党が完熟するのを待ってもいいのではないですか。鳩山政権は、初めて政権を持った野党がどういうものかを見せつけましたね。直観的な発言をバンバンやって、後始末に困ってしまった。菅政権になると、今度は冒険的な発言をまるでしなくなった。追われてばかりいて、押し返す力がない。

 あと1年くらい経てば、政権も3年目で、落ち着きと慣れが出てくる。そうすれば独自の戦略も生まれてくるかな。しかし首脳部の力量不足が目につく。

――うぶな鳩山政権が国民を不安にしたのは事実だが、かつての自民党政治に回帰しようとしている今の菅政権にも、政権交代を支持した国民は失望している。

中曽根:処女性の魅力を失ってはいけないが、しかし未熟さを早く脱却しないと国民に見捨てられる、そういうジレンマですね。
 
しかし、そう短気になってはいけないんです(笑い)。この選挙制度、政治制度というものが成熟するには3年、5年はかかります。新しい路線を目指して進むという以上は、国民にも忍耐する義務があると私は思いますね。

――民主党政権のどこが新しいのかが見えない。

中曽根:自民党政権との違いということならば、自民党が官僚寄り、財界寄りであった点を是正しようということでしょう。最初は極端にやろうとして官僚からも財界からも見放された時期が続いた。それを反省して修正し、その修正が続いているのが今の段階でしょうね。しかし、修正の時代は、長く続く、太く強靭なものを国民に示すというところまでできない。そこがこの政権の弱みです。小沢君はそれをやろうとしたのでしょうけれどね。

――小沢氏は、今のような政治では政権交代の意味がないと批判している。

中曽根:独立性を明示することを心掛けているんでしょう。菅君の場合は、鳩山君の行き過ぎを是正するあまり、自民党に近寄り過ぎてしまった、と。

――そうした路線対立の結果、小沢氏は、石もて追われる身になっている。

中曽根:小沢君にとっては、蠅が飛んでるとか、蜂がブンブン回っているとか、その程度に思ってるんじゃないですか(笑い)。
 
 要するに政治力の差ですよ。今は内部で党員やら議員をどちらが掴んでいるかという勝負をしている。議員総会やら党大会が、その前哨戦になっているわけですね。小沢君を見ていると、今は我慢の時期だと腹を決めて、党の議論より世論を中心に自分の進む方向を決めているんだろうと思います。それは次の天下を狙う者の当然の在り方ですね。

――国民に見える「政局」では、小沢氏は追い詰められているようにも見える。

中曽根:それは一種のマヌーバ(戦略)ですよ。初めからいうことを聞いたら存在意義はないわけですから。今は代表選で互角の勝負をした勢力を非常に大事にして、これから外縁勢力を発展・拡大させるということでしょう。それまでは、国民世論やジャーナリズムの批判に対して非常に自重した態度に出ていますね。

――では、いずれ小沢氏は復権し、自民党とは違う政治をやり始めるのか。

中曽根:今は若干、保守二大政党の傾向にあるが、やはり自民党とは違った対外関係、国民生活、そして安全保障の在り方を考える改革者の集団をつくり上げる努力をするでしょうね。田中角栄の下で学んだ影響も受けているでしょう。田中自体が改革論者でしたからね。ただし、今はまだその路線を明示できていない。力不足かもしれない。そこが弱いですね。

――いずれそこがはっきり出てくれば、日本に二大政党制が根付く可能性はあると思うか。

中曽根:ありますね。今はそこに行く過渡期でしょう。だから早く民主党は完熟する必要があるのです。

――一方では、大連立も取り沙汰されている。

中曽根:考えや言葉が先行し過ぎている。現実の必要性から出ている言葉ではない。大連立の理由にされている「ねじれ国会」などは政治の常道で、これまでいくらでもあったことです。
 例えば、憲法改正とか経済的危機を克服するために大連立というのならあり得る話だろうが、そういう現象もないのに言葉が先行するのは政治的に未熟な発想ですね。

――菅内閣の大連立は「中曽根プラン」だという見方もある。

中曽根:私は大連立なんていったことは一度もありません(笑い)。政治について、私は熟達主義ですから。
 
菅君も野党時代から考えて、これだけはやってみたいと思ってきたことがあると思うんだが、新しい年にはそれに取りかかってみたらいい。そうすれば政権の意味も初めて出てくるかもしれませんね。

※インタビュー内の肩書きはいずれも当時

関連記事(外部サイト)