「ロッキーvsハスラー」の異種格闘も 大混戦のミニSUV市場

「ロッキーvsハスラー」の異種格闘も 大混戦のミニSUV市場

ダイハツの5ナンバーSUV「ロッキー」

 人気のクルマジャンルとしてすっかり定着した感のあるSUV(スポーツ多目的車)。近年は大きめサイズでアウトドア仕様のSUVだけでなく、ちょっとした買い物や行楽に便利な街乗りコンパクトSUVも各メーカーから続々発売されている。自動車ジャーナリストの井元康一郎氏が、大混戦のミニSUV市場をレポートする。

 * * *
 日本でも次第にヒートアップしつつあるSUVブーム。11月5日、そのブームを狙い澄ましたかのようなニューフェイスが登場した。ダイハツ工業の5ナンバーサイズSUV「ロッキー」である。

 ロッキーという車名は実は初出ではない。クロスカントリー4×4が人気を博したバブル時代、ヒット商品となっていたスズキ「エスクード」の対抗モデルとしてリリースされたダイハツの小型4×4に使われていた名称だ。

 ダイハツの開発陣は、車名こそ再利用しているものの、コンセプト的には初代ロッキーからの継承性はないとしている。それはそうだろう。新型ロッキーはラダーフレームボディの本格オフロードカーではなく、軽乗用車「タント」と多くの部品、設計を共有するクロスオーバーSUV(※注)である。

【※注/クロスカントリー車の高い走破性と乗用車の快適性を融合(クロスオーバー)させたSUVのこと】

 車体は全長3995×全幅1695mmと、コンパクトな5ナンバーサイズ。エンジンは排気量998ccの3気筒ターボ。FWD(前輪駆動)モデルであれば車両重量が1トンを切る軽量設計。寸法でSUVらしさがあるのは最低地上高が185mmと余裕があることくらいだ。

 だが、簡便な成り立ちとは裏腹に、スタイリングはゴツい。フロントエンドまで厚みのあるデザインのボンネット、絞り込みの小さな角型キャビンなど、昨今流行りの流線型SUVとは一線を画する。実際のスペックはともかく、見た目は硬派なクロスカントリーモデルのようで、なかなか新鮮だ。

 そのロッキーの実力やキャラクターを確かめるべく、北関東を中心にドライブしてみた。試乗車は価格を10%消費税込み184万円に抑えた普及グレード「X」のFWD(前輪駆動)。試乗ルートは東京を起点とし、群馬の渡良瀬渓谷から栃木の日光に抜け、その後、茨城の筑波山などを周遊しながら東京に帰着するというもので、総走行距離は450.8km。

 果たしてロッキーは、ファッションとしてSUVルックの小型車に乗りたいという顧客にとっては、おそらく期待以上の出来であるように思われた。

 まず、全長約4mという短いボディであるにもかかわらず、人間の居住空間と荷室が両方とも広い。ドライバーが適切なポジションを取った状態でも、後席の膝もと空間は余裕たっぷり。その後方の荷室容量は369リットルと、長期旅行用の大型トランクも2個は余裕で乗せられるくらいのスペースであった。

 市街地や高速道路などでは快適性もかなり高く、全般的に滑らかな乗り味であった。軽自動車と設計を共有していることや車体の軽量化の影響か、ざらついた路面やうねりの大きな路面を通過するときはボディの共振、変位が発生するが、サスペンションの振動吸収性能自体は優れていて、それをあまり不快に感じさせない。また、静粛性もベーシックカーとしては優秀だ。

 取り回し性が優れているのも美点。最小回転半径4.9mという数値はそれほどインパクトがあるものではないが、ボンネット先端まできっちり見切れるデザインゆえ、その性能を簡単に使い切ることができる。市街地の狭い道などでは、この運転のしやすさは重宝するであろう。

 998ccターボエンジンは最高出力98psと、それほど高出力というわけではない。が、試乗車は車両重量が1トンを切る軽量級だったこともあって、加速は大変に活発。CVT(無段変速機)の変速プログラムがかなり加速重視で、スロットルを少し深く踏み込むとどんどん車速が上がっていく。

 山岳路の急勾配などではそれほどパワフルさは感じないが、それでもステアリングに設けられたパワースイッチを押すと、CVTの変速比がどーんとローギア側に振れ、ぐいぐい走れる。満タン法によるロングランの実測燃費はジャスト19km/リットルであった。

 車内には9インチディスプレイが装備されていた。スマホナビを表示させたり「ダイハツコネクト」というコネクトサービスを利用したりといった機能が使えるのだが、これは非常に便利だった。ヤフーナビやLINEナビなど複数のアプリを使い分けられ、音楽再生のコントロールもスマホではなく画面から行うことができる。

 難点はスマホ連携の接続安定性がいまひとつなことだが、スタート時に接続がうまくいかなかったときはコネクトをいったん終了して再接続すればいい。二度うまくいかないということはなかった。450kmのドライブの中ではコネクトサービスの機能をとても全部試すことはできなかったが、ショッピングモールの広大な駐車場で自分のクルマがどこにあるかわからなくなったときも位置を教えてくれるといったサービスもあるとのこと。

 このように、シティ用途ではとても良いパフォーマンスを見せたロッキーだが、遠乗りになるとネガティブな面も顔を出す。高速道路のクルーズ感は良いが、渡良瀬渓谷の山岳路や路面の良くない田舎道などはあまり得意ではない。

 軽い車体に195mm幅のタイヤを組み合わせているため、コーナリングスピード自体は申し分ない。が、カーブを曲がっているときの横Gが安定しない。タイヤの性能にはまだまだ余裕があるのに、クルマの車両安定装置がかなり早い段階で働いて無理矢理曲げているような印象。普通に走っているぶんには実害はないが、ハンドルの手応えでじんわりと曲がる感じではないので、ふらつきが発生しやすかった。

 市街地や高速では良好だった乗り心地も、路面の荒れた田舎道では悪化するシーンが多々あった。小刻みなうねりがあると、ガツンという感じではないが、わりと芯のはっきりした振動が身体に伝わってくる。筑波山の道路にはスピードを出さないよう路面に強いうねりがつけられている箇所があるが、そういうところを通過するときはそのうねりをSUVライクにゆったりと吸収できず、サスペンションストロークが途中で止められるような揺すられ感が発生した。

 ロッキーの最低地上高185mmはサスペンションのストローク幅拡張ではなく、単に軽自動車に比べて格段に直径の大きなタイヤを装着することで得られたものなので、こういう乗り味になるのは致し方ないところではある。ただ、ストロークは小さくとも地上高に余裕があること自体はSUVとしてはプラス。少しだけオフロード走行を試したが、結構深いくぼみなどを踏んでもフロアが地表と干渉する気遣いはなかった。雪道などでも重宝することだろう。

 もう一点、これはぜひ改善してほしいところなのだが、ヘッドランプの照射範囲があまりに狭い。日が暮れた後、渡良瀬渓谷の足尾から日光へはメイン街道である日足トンネルではなく、旧国道122号線の細尾峠を通った。照明がなく、急カーブが連続するこのルートでは、カーブの奥がまったく見えないくらい。落石、落木がある荒れ道では、障害物がないことを確認しながらの走行が鉄則なのだが、タイトコーナーで奥を視認するにはそれこそ時速15kmくらいまで落とす必要があった。

 照明があり、急カーブも少ない普通のルートでは問題はないのだが、ファッション優先とはいえSUVの体裁を取っているのだから、もう少し良いヘッドランプをつけてほしかった。

 このように、長距離ドライブではいろいろ欠点も見えたロッキーだが、このクラスで冒険的な旅をしようという顧客は少数派であろう。シティライドがメインであれば十分以上に良いクルマだ。前後のデザインと装備を違えたトヨタ版「ライズ」ともども、市場で人気を獲得するであろうという手応えはあった。

 だが、流行のSUVのど真ん中を行くモデルといっても、そう安閑とはしていられない。トレンド商品には必ず対抗馬が出現するものだ。クラス、価格帯的にロッキーの直接のライバルとなりそうなのは現状、スズキの小型SUV「クロスビー」くらいのものだが、今後の成り行きが気になるのはむしろ、異種格闘となるスズキの軽SUV、次期「ハスラー」。

 ハスラーは2014年に発売された軽クロスオーバーSUV。発売前はスズキ関係者も「売れますかねえ」などと半信半疑だったのだが、いざ発売したところ、一時はスズキのメインストリームを張るほどのヒット商品となった。その第2世代モデルになるとみられる「ハスラーコンセプト」が今年の東京モーターショーのスズキブースに登場した。

 スズキはあくまでコンセプトとしていたが、会場では一般来場客が自由にアクセスすることができた。じかにさわることができるモデルは、ほとんどそのまま市販車となるのが通例であることから、展示モデルは量産試作車で、ほぼ完成形であるものと推察された。

 そのハスラーコンセプトだが、初代のスタイリングは丸目を基調としたファニーフェイスだったが、第2世代は一転、武骨な直線基調に。ボディ全体を見ても、ピラーの立ち具合を強調したスクエア型。風合いは違うものの、ゴツさを前面に出しているという点は、ロッキーと同じである。

 折しもスズキは昨年、軽オフロード4×4の「ジムニー」、およびそのワイドトレッド型の普通車「ジムニーシエラ」を発売。余計な飾りのない角型ボディが大好評を博した。ハスラーコンセプトはそれよりはやや柔和だが、初代に比べると格段にハードなスタイル。おそらくこれも大いに人気を獲得するのは確実な情勢だ。

 軽と普通車はクラス違いだが、イメージ商品であるクロスオーバーSUVではしばしば異種格闘が発生する。普通車のクロスビーがいまひとつ元気がないだけに、スズキはハスラーで防衛にかかってくる可能性が高く、かなりのデッドヒートとなろう。

 スズキばかりでなく、日産もミニカープラットフォームで作る低コストSUV「キックス」を来年日本市場に投入する見通し。商品ラインナップが充実するミニSUV市場のゆくえがどうなるか、大いに見ものである。

関連記事(外部サイト)