子供のSNS被害予防に有効な「自動車教習所方式」とは

子供のSNS被害予防に有効な「自動車教習所方式」とは

大阪に住む女児をツイッターで誘い出し、栃木まで連れ去った(時事通信フォト)

 子供が小学校高学年にもなると、クラスメイトがスマホを持っているという話がちらほら聞こえてくるようになる。子供にいつスマホを与えるべきなのか、SNSはいつから使わせるべきなのか、どのように使わせればいいのか……親にとっては頭の痛い問題だ。

 大阪・住吉区の小6女児が栃木県小山市に住む男に監禁されていた事件に続き、埼玉県本庄市に住む男(37)が、兵庫県の家出願望のある女子中学生を連れ出し、自宅とは別の借家に住まわせていたことが発覚した。両事件とも、ツイッターの利用者同士が非公開でメッセージを送り合うことができる「ダイレクトメッセージ(DM)」が利用された。

「今やSNSだけでなく、ネット上の多くのサイトが出会いの場になっている」と指摘するのは、ネット依存アドバイザーの遠藤美季氏だ。

「出会い系サイトやSNS以外にも、オンラインゲームやスマホゲームで利用者同士がメッセージを送り合う機能があるものがあります。動画のコメント欄やDM、チャットでも誰にも見られず個人間で交流できるようになっており、それを悪用しようとする人はさまざまな手口でターゲットを探しているのです」

 とはいえ、現在すでに学校での「調べ学習」にネット検索が許容されたり、タブレット端末を授業で使ったりすることも増えてきている。今後、スマホやタブレット端末を使って授業を動画で視聴するような機会も増えていくはずで、家庭での予習復習も同様だ。ネット環境と教育がより密接に結びつくようになるなか、デジタル端末からいっさい遠ざかって日常生活を送ることはもはや不可能だ。

 そうであるなら、子供のころから少しずつインターネットの世界やデジタル端末の扱い方を学ぶ必要がある。大人になっていきなりこれらを使い始めることのほうがリスクは大きくなるだろう。

 インターネットやデジタル端末の適切な使用法を身につけることは、自動車の運転技術を身につけることに似ている。自動車をいきなり路上で走行させるのではなく、塀で囲われた教習所内で練習するように、家庭で親が隣にいながら一緒に使って練習させることだ。

「スマホやSNSの使用については、使い始める前に子供と考えながらルールを決めましょう。たとえば、使う時間や場所、使ってよいSNSやアプリを限定すること。『アプリをダウンロードするときは、必ず親と一緒にする』とか、『パスワードは必ず親に教える』といったこと。もちろんその理由も本人が理解し、納得していなければ意味はありません。

 これが守られることを前提に『仮免許』を発行して使わせ、守られなかった場合は減点していき、『1週間、免停ね』といって没収するといったペナルティを設けておくこと。ルールは紙に書いて壁に貼っておき、いつでも親子で確認できるようにしておく。思春期前の、親子が一緒に学べる時期にそれぐらいのかかわり方が必要です」(遠藤氏)

 こうして、初めて路上で自動車を運転するときのように、そろりそろりと使っていけば、「危険なライン」と「大丈夫なライン」を子供が自ら判断できるようになっていく。そうすれば、インターネットやSNSが本来持っている利便性や有用性といったポジティブな側面を存分に活用して、子供自身の才能を開花させ、世界を広げていくことができる。

 そして、ルールづくり以上に必要なのが、何かあったときにいつでも相談できる親子関係づくりだ。親子間のルールをつくったところで、親子の信頼関係がなければ子供はルールを守ろうという気にならない。親に相談できないことを打ち明けさせながら、子供からの信頼を得ていくのが犯罪者の手口である。親に相談できれば、ネットの中の人に頼らずにすむ。子供がいつでも安心して飛び込める受け皿でいられれば、今後どのようなSNSやアプリが出てきても、親子でしっかり対処できるはずだ。

●取材・文/岸川貴文(フリーライター)

関連記事(外部サイト)