自民党支える国政協幹部が「桜を見る会」芸能人脈の要に

自民党支える国政協幹部が「桜を見る会」芸能人脈の要に

首相を支える部隊の素性は?(写真/EPA=時事)

 総理主催の「桜を見る会」は、社会に功績のあった人を首相がねぎらうために開催される。そうであれば、安倍晋三首相の後援会や支持者が大量に招待されたことは何ら不思議なことではないのかもしれない。

「皆さんと共に政権を奪還して、7回目の『桜を見る会』であります」

 安倍氏は今年4月の同会でそう挨拶し、昭恵夫人も、「これからも主人を応援していただくようお願いします」と招待者に頭を下げた。

 安倍夫妻にとっては安倍政権を支持し、選挙で応援してくれた支持者こそが、「社会に功績のあった人々」なのだ。その結果、いまや桜を見る会は、一般人から芸能・スポーツ界、反社会的勢力まで参加する異様な安倍応援団への“大感謝祭”へと変貌した。

 その舞台裏と人脈を追うと、安倍首相が憲政史上最長の政権となった陰に、首相直属の “宣伝工作部隊”があることが浮かんできた。

 一つは人脈だ。本誌・週刊ポスト前号では、首相官邸と芸能界をつなぐ窓口とされるI氏の存在を報じた。本人のフェイスブックには、ダンディな中折れ帽をかぶったI氏が桜を見る会で芸能人と一緒に写った数多くの写真がアップされていた(現在は削除)。芸能プロダクション経営者はこう語った。

「Iさんが芸能関係の招待者リストを取りまとめて内閣府にお願いし、招待状が送られるという流れ。芸能界から五輪のメダリストまで広い人脈を持つ人物です」

 I氏のフェイスブックにはつい最近まで「国民政治協会組織部部長代理」の肩書きが掲載されていた。

 国民政治協会(国政協)とは、自民党の献金の受け皿である政治資金団体で、企業や業界団体などから毎年30億円近い献金を集めている。会長は経団連の政治対策委員長を務めた大橋光夫・昭和電工最高顧問。事務局長は元経団連常務理事で、自民党の財界とのパイプ役を担う組織でもある。

 その自民党の屋台骨にあたる組織の幹部が、政府主催の重要な催しの芸能人のまとめ役となったのは不可解だ。どういう経緯なのか。

 国政協はI氏が現在も職員であることは認めたが、取材対応は拒否した。自民党本部の古参職員が語る。

「桜を見る会は安倍政権下で芸能人の招待者がどんどん増えていったわけです。しかし、ギャラが出ないから役所ではアテンドは無理。そこで芸能界に人脈があるIさんが重宝がられるようになった。官邸から“あの芸能人を呼べないか”といったオファーも一生懸命こなすうちに、次第に人選にも影響力を持ち、見る会には欠かせない人物になった」

 芸能人は桜を見る会で出席者を喜ばせる重要なポジション。その仕切り役のI氏は安倍官邸の「宣伝工作」の一端を担うようになった。

※週刊ポスト2019年12月13日号

関連記事(外部サイト)