ひま部、インスタ、TikTok…親の知らない「子供SNSの世界」

ひま部、インスタ、TikTok…親の知らない「子供SNSの世界」

ネットの友人の「素性は気にならない」という子供が多い

「他人事とは思えない」──年頃の子供を持つ親なら誰もがそう思ったはずだ。11月23日、大阪・住吉区で行方がわからなくなっていた小学6年生の女児が無事保護された。女児は同月17日から行方不明になっていて、大阪から600キロ離れた栃木県小山市で見つかった。

 報道によると、女児はSNSで連絡を取り合っていた小山市に住む伊藤仁士容疑者の自宅に、軟禁状態で過ごしていたとされる。使われたSNSはツイッターで、利用者同士が非公開でメッセージを送り合うことができる「ダイレクトメッセージ」という機能で連絡を取り合っていた。

 女児の母親はツイッターの利用状況をチェックしていたというが、ダイレクトメッセージまでは確認していなかったという。プライベートなメッセージのやり取りを監視することは、たとえ親子の間でも気が引けたのだろう。

「周りの子はみんなやっている」「私だけやらないと会話についていけない」と子供から言われて、ついSNSの使用を許してしまう親は多いのかもしれない。しかし、SNSは便利なツールである反面、犯罪に利用される可能性のあるものであることを、大人が理解しておく必要があるだろう。

 特に気をつけておきたいのは、SNSが出会いの場になっていることだ。ネット依存アドバイザーで若者のSNS事情に詳しい遠藤美季氏は言う。

「先日、小学校で出張授業したとき、『ネットでしか知らないお友達がいる人?』と聞いたら、6年生の4分の1が手を挙げました。手を挙げた子はみな、『相手の素性は気にならない』というのです。親や友達に言えないようなことも、匿名性のあるネット上でなら言えてしまう。大人はリアルよりネット上での人間関係に対して身構えてしまいますが、子供たちは敬語も使わずにすむし、逆に気軽になんでも話せると気を許してしまうのです」

 一方で子供たちは、家の外で知らない人から声をかけられることには敏感で「怖い、絶対についていかない」とほとんどすべての子が言う。

「それは、親が『知らない人についていってはいけない』と子供に刷り込んでいるからです。しかし、ネット上で知り合った人に関しては『友達になってはいけない』と教えていない。ツイッターやインスタグラムといったSNSだけでなく、オンラインゲームでもSNSの要素のあるゲームは多数あり、出会いの場になっています。そうしたゲームを幼児の段階からやっているので、警戒心が育っていないのです」(遠藤氏)

 親や教師でSNSを使っていない人も多くいる。実際にどういうものなのか体感したことがなければ、その危険性を子供に教え諭すことは難しい。幼い子供に良からぬことをしようとたくらむ人間は、そうした親子のすき間を突いてくるのだ。

 ツイッター、インスタグラム、TikTokなど次々に新しいSNSが登場し、新たな犯罪の温床になっている。学生限定のSNS「ひま部」でも児童ポルノ被害などが報告されている。ツイッターには13歳(アンドロイド)、17歳(iOS)といった年齢制限があり、「ひま部」も学生限定と謳ってはいるが、年齢認証を厳格に行っているわけではないため年齢を偽って利用できてしまう。

 日々新しく登場してくるSNSを子供が使いたいと言い出したとき、親はどのように対応していけばいいのか。遠藤氏はこう提案する。

「親が『私、40歳だけど、ひま部に学生と偽って登録してみようかな』といってみて、子供が匿名での利用についてどういう反応をするか。『そんなのダメだよ』と言えば『でも、この大学生っていう人も40代かもしれないよね?』というふうに、突っ込んだ話し合いをすること。

『お母さんもネットで知り合った人と会って、監禁されたらどうしよう』と立場を逆転させて客観的にイメージさせ、家族の心配や不安など、どんな気持ちになるか感じてもらったり、先に起こることを想像させることで、本人にちゃんとした危機感を持たせることです」

 もちろん、SNSは負の側面だけではない。不登校の子同士が知り合って、学校にはいなくてもネットを介して友だちができたりする。励まし合いながら自宅で勉強ができ、救われたというケースもある。「今どきのネット事情にはついていけない」と諦めないで、親もSNSについて勉強する必要がありそうだ。

●取材・文/岸川貴文(フリーライター)

関連記事(外部サイト)