鉄道にまつわる展覧会が増加 「アートとの融合」続々

鉄道にまつわる展覧会が増加 「アートとの融合」続々

記事画像

 芸術作品は非日常的な空間で真面目に鑑賞するもの、という考え方もあるが、もっと普段の生活と地続きであってもよいだろう。人々が日常的に利用する場所である鉄道と、ふだんとは違う時間を感じさせるアートを同時に楽しめるイベントや場所の提供が目立っている現状について、ライターの小川裕夫氏がレポートする。

 * * *
 12月2日、東京・港区六本木で「特別展 天空ノ鉄道物語」のオープニングセレモニーが執り行われた。同展覧会はJR7社や東京メトロ・都営地下鉄のほか大手私鉄など、会社の垣根を超えて多くの鉄道事業者が協力している。会期は2019年12月3日から2020年3月22日までのロングラン開催。そこからも力の入り具合が窺える。

 展覧会のアンバサダーを務めるのは、タレントの中川礼二さんと松井玲奈さんの2人。ともに、芸能界では大がつくほどの鉄道好きで知られる。

「特別展 天空ノ鉄道物語」は、引退した特急列車や寝台列車のヘッドマーク、懐かしい硬券や実際に使用されていた券売機、新幹線のカットモデルなどが展示されている。だから、一見すると鉄道関連の展覧会を思わせる。

 実際、新幹線好きを公言する松井さんは、オープニングセレモニーで新幹線の先頭車両カットモデルが展示してあることに触れ、「私は今まで、新幹線が好きと言ってきました。今回、0系新幹線が展示してあるんですけど、頭の部分にアンテナみたいなものがついているんですね。そのアンテナは高い位置にあるので、普段は間近で見ることはできないんです。今回は間近で見ることができて感動しました。それで、私は新幹線のアンテナが好きだったんだと気づいたんです」と興奮気味に語り、報道陣から笑いを誘った。

 このような発言から、今回の展覧会は鉄道マニアに向けた内容と受け止めることもできるが、開催場所は六本木ヒルズ森タワー内の森アーツセンターギャラリー(森美術館)。普段はアートイベントが開催される場所だ。鉄道イベントとは縁が遠い。

 つまり、同展覧会は鉄道マニアをメインターゲットに据えているものの、鉄道一辺倒にはなっていない。アートイベントという趣も随所に盛り込まれている。それは、実際の展示物からも伝わってくる。

 展覧会の監修者である川西康之さんは建築家・デザイナーとして活躍しているが、土佐くろしお鉄道やえちごトキめき鉄道で駅舎や車両のデザインを手がける。2020年春から新たに運行開始が予定されている「WEST EXPRESS 銀河」も、川西さんが車両デザインを担当。そんなデザイナーが監修に起用されていることからも、この展示会場そのものがひとつのアート作品とも言える。

 会場内には、アーティスト・島英雄さんがダンボールを用いて制作した原寸大一号機関車も展示。また、鉄道車両ドアを使ったデジタルインスタレーションやスカイギャラリーの窓面にCG映像を流すといった現代アート作品の鑑賞もできる。こうした作品群が展示されていることも、従来の鉄道系博物館とは趣を異にしている。

 今回の「特別展 天空ノ鉄道物語」は、まさに鉄道と芸術が融合したイベントと言えるが、鉄道と芸術が融合する事例は鉄道黎明期から存在した。大正期、鳥瞰図師として名を馳せた吉田初三郎は鉄道省や私鉄各社から請われて多数の鳥瞰図を作成。吉田が制作する鳥瞰図は芸術作品そのものだが、これが鉄道の宣伝媒体としても広く用いられた。その結果、鉄道利用者の拡大に貢献している。

 鉄道と芸術の関係は、今も受け継がれる。東京駅北口には、東京ステーションギャラリーという、東日本鉄道文化財団が運営するミュージアムがある。

 東日本鉄道財団は、JR東日本が文化財の保存を目的に1992年に設立。大宮の鉄道博物館や旧新橋停車場といったように、東日本鉄道文化財団が運営する施設は鉄道との関係が濃いものが多い。

 しかし、東京ステーションギャラリーは鉄道とは関係が薄いアート作品の展覧会も頻繁に開催している。

「東京ステーションギャラリーが誕生したのは、実は東日本鉄道財団の設立よりも前なんです。1987年に東京駅丸ノ内中央口の貴賓通路で展覧会を開催したところ、大きな反響がありました。そうした反響を受け、『東京駅のなかに常設の美術館をつくろう』という意見が出て、翌年に常設のギャラリーとして開館しました」と話すのは、東京ステーションギャラリーの館長を務める冨田章さんだ。

 ギャラリー開設前後、国鉄は分割民営化で揺れていた。そのため、東京ステーションギャラリー実現までの道のりは平坦ではなかった。鉄道とは関係のないアート作品を展示するミュージアムが、「乗降客から理解されるのか?」と心配する声も少なくなかった。

 しかし、駅を単なる通過点にするのではなく、人が集まる場にするとのコンセプトから、東京ステーションギャラリーは鉄道とは関係の薄いアート作品の展覧会も開催。しだいに、多くの人に訴求するミュージアムへと変貌した。

 2014年に東京駅の赤レンガ駅舎が開業当時の姿へ復原されると、東京ステーションギャラリーは中央口から北口へと移転。引き続き、東京駅内にあるギャラリーとして異彩を放つ。

「東京ステーションギャラリーは、重要文化財である赤レンガ駅舎を活用しています。そのため、作品を展示するために壁に穴を開けることができません。そうした制約はありますが、工夫しながら作品を展示しています」(同)

 東京ステーションギャラリーに連動するかのように、JR東日本は2016年から車内で芸術鑑賞ができる現美新幹線の運行を開始した。同新幹線の外観デザインは、映画監督の蜷川実花さんがプロデュースし、多数のアーティストが車内で作品を展示している。

 駅をミュージアムに活用する動きは、ほかの鉄道会社にも広がっている。

 京成電鉄は上野駅の隣にある博物館動物園駅を1997年に休止。以降、博物館動物園駅は資材置き場として利用されていたが、一般利用者が立ち入ることはできなくなった。

 博物館動物園駅は特徴的な外観デザインをしており、上野の街に調和している。せっかくの資産を活用しないのはもったいない。そうした想いから、NPOや地元団体が博物館動物園駅の再活用を模索する。NPOや地元団体の働きかけが実を結び、博物館動物園駅は2018年11月にアート作品の展示スペースとして再活用された。以降、博物館動物園駅構内でアート作品の展覧会が開催されるようになっている。

 関係性が希薄と思われていた鉄道とアートがコラボレーションすることにより、新しい文化が生まれようとしている。

関連記事(外部サイト)